FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:説明など
今回は私が書いた世界各国の鉄道の問題を書いてゆきます。
今まで書いた記事を読んでいくことが非常に大事なのでここに書いておきます。
なお、この記事ではコメントは受け付けないのでご注意を…・

・北海道地区


・東北地区


・関東地区

1.東武、北関東私鉄関連


2.西武関連


3.小田急、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道、江ノ島電鉄関連


4.東京メトロ、都営交通関連


5.東急、京急、相鉄、横浜市営地下鉄関連


6.京王、多摩モノレール関連


7.京成、TX、千葉&茨城私鉄関連


8.JR関連


・東海、甲信地区

1.JR東海・西日本関連


2.JR東日本関連


3.名鉄、名古屋近郊交通関連


4.近鉄関連

(順次更新)

5.その他私鉄関連

(順次更新)

・近畿、北陸地区


6.OsakaMetro関連
(順次更新)

7.山陽、神鉄、神戸私鉄関連


8.その他私鉄関連

(順次更新)

・中四国地区

1.中国地方関連


2.四国地方関連


・九州、沖縄地区

1.西鉄、福岡県私鉄、地下鉄関連

(順次更新)

2.JR九州関連


3.沖縄鉄道関連


4.その他私鉄、路面電車関連

(順次更新)

・ロシア、イラン関連

1.モスクワ関連


2.サンクトペテルブルク関連

(順次更新)

3.テヘラン関連


4.その他ロシア関連

(順次更新)

5.その他イラン関連

(順次更新)

・ドイツ、英国関連

1.ベルリン関連


2.ロンドン関連


3.その他英独関連

・中国、韓国関連

1.上海関連

(順次更新)

2.香港関連

(順次更新)

3.台湾関連

(順次更新)

4.北京関連

(順次更新)

5.ソウル関連

(順次更新)

6.その他中韓関連


・その他欧州、アジア関連

(順次更新)

・アフリカ、オセアニア、南北アメリカ関連

(順次更新)
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:道路の問題点(東海)
今回は東海北陸道の全線4車線化を進める必要性について書いてゆきます。
何故、東海北陸道の全線4車線化が必要かというと名古屋近郊の高速道路である事、ここが2車線になっている事が渋滞が非常に起きる可能性が大いにあり得るからです。
ですからそういう面を考えた上で、東海北陸道の全線4車線化の必要性と休憩所の改善について書いてゆきたいと思います。

・飛騨清見IC~小矢部砺波JCTまで4車線化は必須。

「東海北陸道 4車線化」の画像検索結果
まず、飛騨清見IC~小矢部砺波JCTまでの4車線化は必須です。
なぜなら、東海北陸道は北陸道のバイパス経路になっており、飛騨清見ICまで4車線化した事で所要時間で北陸道経由よりも安くなった事が非常に大きいからです。
又、北陸~名古屋まではここを経由した方が安い区間(勝山や小松)もあるのでそれらを考えると、やはり東海北陸道は4車線化する必要があるといえます。
但し、飛騨本線も美濃太田以西の複線化と太田線の複線化を併せておかないとモーダルシフトにならないのでその辺の注意は必要といえます。
だから鉄道や高速道路の改良をしっかりつなげる意味でも美濃太田以西の複線化と東海北陸道の4車線化はどちらも必要だといえます。

・優先すべき白川郷IC~小矢部砺波JCT間。

流石に白川郷IC~飛騨清見ICは飛騨トンネルがある事、交通量的にもここは一番少ないのでここは後回しでも問題有りません。
なぜなら、難工事のわりに交通量が少ないのでここは優先順位としては間違いなく下がります。
そういう意味を考えると白川郷IC~小矢部砺波IC間の4車線化は優先されるべき内容でしょう。
中でも城端SA~小矢部砺波JCT間は最優先区間であり、その次が白川郷IC~城端SA、その次が飛騨清見IC~白川郷ICにすれば工期を分けられる上でに交通実態と拡幅費を考えると非常に効率的です。
ですからまずは、城端SA以北を4車線化して、その次に白川郷IC~城端SAをやれば問題ないでしょう。
特に白川郷IC以北を4車線化すれば、所要時間面で金沢より短縮されるので北陸道のダブルネットワークとして機能するでしょう。

・城端SAは給油所新設と駐車場を拡張するべき理由。

「城端sa ガソリンスタンド」の画像検索結果

「ヨッテカーレ城端」の画像検索結果
但し、城端SAは給油所新設と駐車場は拡幅するべきです。
なぜなら、城端SAは給油所と駐車場が足りない事が非常に明白でそれで利用者が少ないからです。
勿論、コンビニがあれば助かりますが、それでは非常に危険だといえます。
ですから城端SAは駐車場を拡幅さえて大型車25台、小型車60台を停車させることができればそれで城端SAの利便性が上がれるといえます。
又、城端SAと併設しているヨッテカーレ城端の利便性をしっかりと上げる方shンは非常に必要だといえます。
「paworks 城端SA」の画像検索結果
ですからここだけの話、P.A.WorksのスタジオがあるからここにP.A.Worksのショップを出しておく事、そしてデイリーヤマザキと併設してドライバーズスポットとPRONTOを出典させると良いでしょう。
つまり、デイリーヤマザキは売店、PRONTOは食事などの役割が持てるし、デイリーヤマザキにシャワーステーションがあればそれだけで非常に利用する人が非常に増える事、そしてヨッテカーレ城端とP.A.Worksのスタジオまで歩いて行ける構造にすればぷらっとパークの役割が持てるし非常に良い案だといえます。
そう考えるとSAからヨッテカーレ城端までは1つの街として作れると非常に良い効果を生み出すといえます。

・東海環状自動車道も東半分は4車線化が必要。

関連画像
但し、東海北陸道を4車線化するだけでは意味がありません。
まず、東海環状道についても考える必要があります。
東海環状道は東半分である美濃関JCT~土岐JCTまでは4車線化させる必要があります。
ここは一宮ICを避ける車が非常に多く、ここを介して愛知三河地区や岐阜東濃地区に向かう車が多いので東半分は4車線化する必要があります。
又、せと赤津PAや鞍ヶ池PAは売店とフードコートを同時に回転させる必要があります。
鞍ヶ池PAの方は時間営業、せと赤津PAは売店のみ夜間営業にすればそれだけでトラック対策になるといえます。
そうする事で美濃加茂SAでの夜間営業をしない故に移動面で非常に楽になる事を考えるとせと赤津PAと鞍ヶ池PAの役割は非常に重要です。
加えてここから新東名を介して神奈川や静岡からのドライバーも来るのでそれらを考慮しても検討する必要がありますね。

・関、長良川、川島、古城山、松ノ木峠、飛騨白川で改善するべき点。

「川島パーキングエリア 上り」の画像検索結果
そして東海北陸道のPAで改善するべき点についてこれから書いてゆこうと思います。
まず、川島PAは名古屋に近い以上、ここはまずは名古屋方面はコンビニを設置する必要があるでしょう。
上りだけがトイレだけだと利用者こない恐れがあるのでここはコンビニあっても良いかもしれません。
「関SA」の画像検索結果
次に関SAと長良川SAは駐車場を拡幅する事が大事になります。
どちらも大型車40台、小型車100台停車させることができれば安心して駐車できる状況が生まれます。
ですから関SAと長良川SAはトイレ改良と駐車台数増加を優先するべきだといえます。
「古城山PA」の画像検索結果
次は古城山PAは駐車台数を大型20台、小型50台にした上で、自販機コーナーや自販機型ファミリーマートを設置する事で非常に良いでしょう。
そして休憩所施設を拡張すれば古城山PAの利用者を増やすことができるのでやはり行うべきかと思います。
「松ノ木峠PA」の画像検索結果
次に松ノ木峠PAや飛騨白川PAもやはり古城山PAと同じく自販機型ファミリーマートと自販機などの休憩施設を拡張させるべきだと思います。
そうする事で、夜間や雪の時期に非常に安心して休憩ができるのでここで体を温めることができると思います。
時期によっては9:00~20:00営業の売店を設置させるのも非常に望ましいでしょう(運営は第三セクターで大丈夫)。
又、飛騨白川PAは飛騨トンネル が近くにある事、城端SAまで遠いのでここは大型車15台、小型車40台収容できる施設を確保させ、歩行者が歩きやすい構造にすれば非常に良いでしょう。
そうする事で、東海北陸道が北陸道に代わるバイパスになるのでこれらは考えた方が良いでしょう。
後、瓢ヶ岳PAに関してはトイレが狭いのでトイレを拡張させる方針をしっかりと出しておく必要があるでしょう。

まとめ

つまり東海北陸道4車線化を併せながら東海環状道の4車線化、飛騨本線の一部複線化、そして東海北陸道の休憩所改良などをしっかりと進めておく必要があるといえます。
それらを併せる事で北陸道から東海北陸道に流れる車が激増するのでやはりそういう意味でも改良が必要だといえます。

次回

『磐越道を全線4車線化するべき理由。』
について説明します。
新党『オリーブの木』の存在も忘れないでください


安倍やメルケルが外交の素人だと判った以上、野党各党がいかに追及できるかが重要になります。

**********
◆〔特別情報1〕
 ホルムズ海峡で日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が攻撃された事件の真相を理解できない自民党・公明党連立の安倍晋三政権が、19日に開催される安倍晋三首相と野党党首による今通常国会初の党首討論を前にして、対応に苦慮している。
 (※事件の真相については6月17日の記事を参照されたい)
 自民党内には、「日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻がやられたのだから、日本も立ち上がって自衛隊を派遣すべきではないか。自衛行為として日本の法律のなかに、補給路が襲われた場合は、軍隊を派遣することができるようになっている。国連軍でも平和維持軍でもなく、堂々と日本単独で送れる」と主戦論も沸きあがっている。
 かたや、慎重論者は「イランがやるわけがない。イランは厳格な宗教国家であり、安倍晋三首相が来たときに不意打ちをするような国ではない。教えがそういう教えだ」と自制的だ。
 野党各党は、午年生まれの安倍晋三首相が、実は「外交の素人だった」とついに馬脚を現したこの瞬間をどう攻め立てるのか注目される。

**********
枝野は逃げそうだが、玉木さんと志位さんは間違いなく追及するでしょう。
DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(関東)
今回は関東の鉄道の問題につい説明してゆきます。
関東の鉄道は主要幹線でも単線率が非常に高くこれが関東の鉄道の利便性を非常に損なわせている可能性が出ています。
それらの問題を考えながら、この問題を説明してゆきます。

・輸送力のわりに単線が多い。

「東武野田線 複線化」の画像検索結果
関東は輸送力のわりに単線が非常に多いのが特徴です。
例を挙げますと西武国分寺線、西武拝島線、東武野田線、東武東上線、京成千原線、JR我孫子支線、相模線、川越線、横須賀線がまさに該当します。
これらの路線は本来なら輸送力が複線化以上じゃないと持たないレベルなのに単線で賄っている事自体が非常に以上です。
そういう面を考えると関東の鉄道は輸送力のわりに単線が多いのは非常に問題ある内容だと思います。
これらの単線によって遅延を引き起こす状況が生まれるのは容易に想像がつきます。
ですからこれらの路線は最低でも複線化に値するといえるでしょう。

・本業に投資しないJR東の体質。

「JR東 エキナカ」の画像検索結果
中でもJR東日本は本業を軽視する傾向が非常に強いです。
本業を軽視してエキナカばかりに力を入れるあまり、本来は複線化が必要な横須賀線、相模線、川越線、我孫子支線が単線のままになっている事自体が非常に由々しき内容だと思わない方が以上です。
こういった路線の複線化なしにJR東は本業を力を入れる事をしないのは非常に問題あり、これが混雑を悪化させる要因を作ってしまっています。
他にも高崎線高崎駅&常磐線勝田駅まで15両化対応の怠りなどを見てみるとそれだけでJR東の本業軽視はいかに酷いかわかります。
そしてこれが量主義につながり、様々な遅延を呼び起こす要因になり、客を荷物という発想に繋がってゆくのは当然だといえます。
そういう面からもJR東日本は複線化するところは複線化して、本業に力を入れる事を早くやるべきだと思います。

・私鉄も単線率が非常に多いのは問題があるのでは?

最も、これはJRだけでなく私鉄にも同様です。
特に西武、東武、京成の3線は単線率が非常に高く、非常に問題有ります。
この3線の単線率は容量のわりに遅延が非常にでかくそれが様々な弊害を起こしてしまう状況がだれしも判る行動だと思います。
なかでも西武国分寺線、東武野田線、西武拝島線、京成千原線は複線化する位の輸送力があるので早期で複線化するのが望ましいです。
そういう問題を考えた上でも私鉄の単線率解消には一刻も早く手を付ける必要があります。
これを解消する事で遅延が確実に減少する事が明白なのでしっかりと考えてゆきたいものです。

・せめて東京都心の運行している路線は最低限でも複線化した方が良い。

なので東武野田線や相模線は例外として東京都心を路線がある場合は直通先の路線も含めて複線化は間違いなくやるべきでしょう。
西武国分寺線や拝島線は新宿線の遅延を解消する役割があるし、JR川越線や横須賀線、我孫子支線は埼京線や湘南新宿ライン、常磐線の遅延を解消させる力があるのでそれはやるべきだといえます。
これらの路線が解消させるだけでも遅延が大幅に減少して移動が便利になるので大きく変わってくると思います。
そういう意味を含めて単線解消を前提にまずは東京都心を走る路線は複線化が大事だといえます。

・関東が日本の鉄道をダメにしている。

最後にやはり関東の鉄道政策が日本の鉄道をダメにしていると言えます。
特にJR東のやり方はそれが顕著です。
量主義、緊縮財政、本業軽視はいずれも交通インフラにとって非常に最悪の政策といえます。
量主義の走るあまり、速達性を軽視する状況が生まれ、緊縮財政や本業軽視で廃線ビジネスに手を出すのは当たり前じゃないかと思います。
やはり関東式鉄道政策はしっかりと見直すことが非常に大事じゃないかと思います。
その面を考えても関東や東京式の鉄道政策を見直す必要がありそうです。
量主義や緊縮財政はブラック企業が良くやる手法なのでその辺の見直しは必須だといえます。

まとめ

ですから、関東の鉄道政策の影響で輸送力のわりに単線率が高いのが関東の鉄道の結果だといえます。
輸送力増強もそうですが、まずは関東の鉄道が複線化やホーム有効長統一などの政策を行い、速達性の整備などが間違いなく必要だと私は思うので、それらを考えて見直す必要があると思います。

次回

『東海北陸道4車線化は全線した方が良い。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:動画時事
玉木さんが老後2000万問題の本当の争点は別にあると述べています。


ホルムズ海峡の問題の犯人はおそらく、イスラエルかサウジアラビアあたりが濃厚だと思います。

********
◆〔特別情報1〕
 「日本の生命線ホルムズ海峡で日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が6月13日、攻撃された事件の犯人が判明した」というトップ情報が16日、上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦から入った。
 情報源は、世界恒久の平和と繁栄を築こうとしている「新機軸派」のトップリーダーである「忍者外交のプロ」キッシンジャー博士(米ニクソン元大統領の国務長官)という。
 タンカーなど2隻に「巡航ミサイル」を撃ち込んだのは、米国、イラン以外の「第3国」だった。
 最大目的は、安倍晋三首相の打倒である。
 だから、イランで最高指導者ハメネイ師と会談中が狙われた。
 吉備太秦は、詳細について、以下のように説明している。

********
大阪府の事件を見てもいよいよ、大量逮捕などが始まったと見てもよいでしょう。
安倍VS欧米はグローバル売国奴同士だし、熊沢容疑者の動きも何かあると見てよいと思います。
9条2項の問題を考える事も大事かなと思います。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回は欧州議会選の件について述べてゆきます。
何故、これについて述べたかというとやはり欧州議会選での劣化が著しいからです。
特にリベラル政党や環境政党は言うまでもなく旧体制の政治に過ぎないからです。
これらの問題を考えた上で、リベラル政党がいかに有害なのか考えてゆこうと思います。

・欧州議会選で反EU政党が躍進した理由。

「ブレグジット党」の画像検索結果
まず、欧州議会選で反EUといわれる北部同盟、ブレグジット党、国民連合などが躍進した理由は移民と福祉削減からきているでしょう。
なぜならEUの加盟国の大部分は日本と同じ衰退途上国であり、先進国ではないからです。
ですからEUの緊縮政治や既存政党のでたらめぶりに対して非常に大きな不信感を抱いていた為、反EUが躍進したといえます。
そういう面を考えると欧州議会選で反EUが躍進した理由は実はそこにあるのだといえます。

・移民推進と福祉削減で反EUが伸びる訳。

そして移民推進と福祉削減で反EUが躍進するのは当然といえます。
移民推進によって欧州の国柄が破壊され、福祉削減で欧州の生活を破壊しています。
つまり移民推進と福祉削減は並行して行われており、多文化共生などまやかしにすぎないのが非常に明白です。
そもそも民主主義自体が国民国家でないと成り立たないので移民推進は反民主主義になるのは当然です。
だからイタリアで反EUの五つ星運動やオランダでヘルト・ウィルダースが率いる『オランダ自由党』がものすごく躍進するのは当然といえます。
なので、移民推進と福祉削減を進めば進めるほど、反EU政党が非常に躍進するのは当たり前だと思います。

・反緊縮政党が躍進しないと新体制が維持できない。

そして反緊縮政党が躍進しないと新体制が維持できません。
ですから反緊縮政党の重要性は新体制を進めさせるのに非常に重要や役割をしているのが明白だといえます。
そういう事を考えると反緊縮政党の躍進こそ、新体制を進められることが非常に明白なのだといえます。
そう思いうと反緊縮政党の躍進こそ、重要なので環境政党は環境利権で食っているだけでの旧体制になり、グローバリズム政策を否定できない事を意味します。

・環境政党の多くはグローバリスト左派にあたり、環境詐欺の手先。

つまり、環境政党の多くはグローバリズム左派にあたり、地球温暖化詐欺などの環境詐欺集団の手先だといえます。
なのでドイツの緑の党などは実態は、マクロンの『前進!!』などのポピュリズムネオリベ政党と紙一重であり、EUを否定できなければ間違いなくグローバル売国奴を否定できないので緑の党も実はポピュリズムネオリベ政党の仲間だといえます。
そう考えると環境政党のでたらめこそ、グローバル売国奴の仲間といえるのではないでしょうか?

・欧米に対する不信感が増大すると反EUに対する期待が生まれるのは当然。

そして欧米に対する不信感が拡大すると反EUや反欧米の波が非常に生まれ、世界が変わります。
欧米の媚びている人間は国連などの奴隷にすぎず、はっきり言って小心者にすぎませんが、欧米に対して不信感が増大すると欧米のやっている事を全体的に否定する状況が生まれ、反欧米、反EUなどが生まれるのはごく自然だといえます。
ですから欧米に対する不信感が増大を利用して反EUに対する期待が生まれるのはごく自然なので、やはり反欧米思考は持つことが国際視点を見る際には大事だと思います。
反米でも親欧州、反欧州でも親米は論外です。

・環境利権は環境に優しくない。

そして環境利権は決して環境に優しくありません、
環境政党はあくまで環境利権を利用して金儲けであり、環境に対してそこまで優しくない事が既に証明されています。
加えて彼らはブラック国連の支配下でしか動かないので結果的に環境利権によって環境が破壊される皮肉さを生み出す結果となります。
ロシアでは温暖化すれば作物が育つといっており、これは実際に本当な事、現在の地球は逆に寒冷化しているので温暖化詐欺に騙されて最悪の氷河期が到来する可能性が否めないでしょう。

・欧米の偽善にはいい加減に騙されない方が良い。

だからこそ、権力は安倍政権ばかりでなく欧米の権力もある事を忘れてはならない。
そして左派は欧米の権威に縋って欧米の偽善にまんまと騙されている事が多いので、こんなクズ集団に騙されない事を念頭に欧米の偽善を見抜いて反欧米思考を持つことが大事だといえますね。
だから欧米の偽善は最悪だといえます。

まとめ

ですから欧州議会選での環境政党躍進は欧州を搾取する行為の始まりにすぎません。
欧州議会選での環境政党躍進は本当に不正選挙の可能性があるので絶対に警戒せねばいけません。
アベVS欧米が日本衰退の要因なのでこの2大詐偽勢力に騙されないように心がけたい。

次回

『関東の鉄道の単線率が高いのは大丈夫?』
について説明します。
DATE: CATEGORY:動画時事
山本太郎さんが反緊縮を拘る理由はとある大学教授の影響だそうです。


DATE: CATEGORY:パールス君(PARS TODAY)
アメリカや欧州は全て欺瞞です。
安倍政権も欧米出羽守は共に嘘つきで周回遅れのグローバル売国奴です。

********
  • イランとアメリカの国旗イランとアメリカの国旗
北朝鮮の朝鮮中央通信が、イランに対するアメリカのアプローチや政策は欺瞞的なものだと批判しました。
朝鮮中央通信は、トランプ米大統領がイランに交渉を持ちかけてからわずか1週間のうちに、イランの企業を新たな制裁対象としたことを指摘し、「イランに対するアメリカの政策は誠実さを欠いた欺瞞的なものだ」と非難しました。
アメリカ財務省は最近、声明を出し、イランの石油化学分野に関係する39の企業を新たな制裁対象とする旨を発表しました。

********
アメリカや欧州こそ悪の巣窟なのだ。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回はブラック企業と緊縮財政の親和性について説明したいと思います。
国内外増加中のブラック企業で一般的にノルマの高さや精神論が目が行きがちですが、個人的にブラック企業になる理由は実は緊縮財政が大きな要因じゃないかと思います。
何故、緊縮財政が要因かというと必要な給料を払わないから残業代目的で長時間労働になるし、技術に投資しないから結果的に労働時間が長くなる負のスパイラルが非常にあると思います。
特に日本やドイツ、フランスではこれが顕著です。
何故、緊縮財政がブラック企業の要因になるのか考えてゆきましょう。

・緊縮財政思考だと給料や設備投資、残業代を怠るから。

まず、緊縮財政とブラック企業の相関性に対して理解していない人が非常に多いといえます。
なぜなら、緊縮財政はブラック企業を呼び込む最大の要因だといえるからです。
それをわからずい、精神論やら日本の労働がどうこういう人は間違いなくブラック企業の本質を分かってないと思います。
残業代の為の残業は英国やドイツでも常態化しているし、それらの要因は実は残業代や給料が低いからにほかなりません。
つまり、緊縮財政が労働環境を悪化させることが非常に明白であり、安倍政権はどうやらEU式グローバリズム政策を行っているようなので、これについてまともに批判しない愚か者が多いといえます。
そういう事を考えるとやはりブラック企業と緊縮財政の親和性を理解していない人が日本や欧州の左右ともに非常に多いといえます。

・給料が足りないからノルマが上がって精神論につながるから。

そして緊縮財政をやると何故、長時間労働が常態化するのか?
答えは簡単(С ответ прост)で、残業代目的に長時間労働が労働が常態化するから必然的に長時間労働になるからです。
左派は欧州の労働を美化していますが、少なくてもドイツや英国は残業代が常態化しているし、それがつながっているのもやはり緊縮財政と給料の低さ、そして地価の高さだといえます。
そうなると長時間労働が常態化して、ノルマも厳しくなり、精神論で耐えるなど、無理な行動が出るのがあたりまえになります。
つまり、ここで書く米は長時間労働になるから給料が低くなるのでなく、給料が低いから長時間労働が常態化する事をネトウヨも欧米出羽守もはっきり言って判っていないと思います。
左右とも実は給料だけ下げる事に対しては日本と欧州は共に共通しているから、給料が低いから長時間労働に繋がる事を全く理解していない馬鹿同士で不毛な争いになるのだと思います。
つまり、従業員の給料を上げて、残業代を増額させれば実は長時間労働は簡単に解消できるのです。
現に山本太郎さんも、『休暇より給料上げろ』といっているのは正にそれであり、彼も緊縮財政がブラック企業を誘発する要因だといっていますね。

・設備投資を怠ると過労死や事故を増やす。

つまり、金を出すところを出さないと設備投資が怠り、過労死や事故を増やすことが非常に明白でしょう。
給料もそうですが、設備投資や企業や自治体が金をかけると子rには金をかけないと様々な面で大きな弊害を受けるのは目に見えています。
日本や欧州のデフレはそこからきている傾向があり、ケチが過労死や事故を増やすことが非常に明白だといえます。
だからこそ、安倍政権VS欧米出羽守は共にブラック企業が大好きなのは当然であり、共産党も労働時間削減を訴える割に給料上げる事を軽んじる傾向があります。
ブラック企業解消には給料を上げる事が大事であり、給料を上げれば長時間労働は自然と削減できます。
ちなみにドイツはケチ故にサービス残業が常態化しているし、ベルリン地下鉄はほぼ休みなしに薄給で過酷な労働を強いる官製ブラック企業だと述べたのも民営化なんかに関係なく、肝心な設備投資をやらずに通勤列車に検札員を常駐させているのが要因です。
欧米出羽守は反緊縮のイタリア五つ星運動は無視して、ドイツのメルケルやフランスのマクロンを美化するから反安倍であっても彼らの意見は聞いてはいけないでしょう。
欧米出羽守は陰で高プロ好きだし、給料上げるのを嫌がる志向があるので彼らは安倍政権のBチームといってもよいでしょう。

・給料や残業代を上げればおのずと残業も労働時間も減る。

故にこれらの結論から給料や残業代が低いから長時間労働を誘発するので、長時間労働是正は結局、左右ともグローバリストだという事を証明しています。
つまり、労働時間が長くても給料が高ければ問題ないし、給料が高ければ長時間労働でも問題ないのです。
給料や残業代が低いから労働時間が増える考えを持たないと安倍政権だけでなく欧米出羽守という2大詐欺師に騙されます。
現にドイツやフランスは日本よりも先に高プロ入れたし、この2国の労働違反を訴えてもすぐに棄却されます。
つまり、欧米出羽守が欧米の劣悪な労働を批判できない背景にもドイツやフランスでやっているから日本もそれをやってよくしようという幻想を抱いているからに他ならないでしょう。
はっきり言えば、これで欧米出羽守は安倍政権と同じ穴の貉だとはっきり判るからこれが安倍VS欧米の日本衰退路線の争いだと八入りするでしょう。
だからこそ、給料や残業代が高ければ労働時間が減る。
逆に低いから労働時間が延びるという思考に変えないと長時間労働是正は意味をなさないといえます。
ちなみに産業別労働組合制にしてもブラック企業は改善できません。
現に産業別を導入しているフランスやドイツ、アメリカでもブラック企業が非常に多い訳ですから産業別にしても賃金統一してもトップを変えない限り下げるだけです。
つまり賃金問題も労働組合問題も国をトップを変える以外に改善できない事がここでもはっきりしますね。

・欧米出羽守連中はマクロンやメルケルみたいなその国の売国奴が好き。

そして欧米出羽守連中は「欧米見習え」とほざくわりにイタリアの五つ星運動やフランスの国民連合をとりあえず、グローバリストのメルケルやマクロン、環境政党がお好きな連中が非常に多いです。
しかし、こいつらはサービス残業を推進している連中にすぎず、環境利権も詐欺そのものです。
欧米出羽守の「欧米見習え」は物凄く疑っても良いかと思います。
現にルノーもフランスでは凄いブラック企業として名高いし、ドイツ銀行などもそうだから緊縮財政がブラック企業の根源だと知らないと大変な事になります。

・メルケルもマクロンも安倍もグローバリストで緊縮思考だから過労死や自殺が増える。

ですから安倍を支持するネトウヨだけでなくメルケルやマクロンを賛美する欧米出羽守も同じく売国奴のグローバリストといえます。
緊縮財政がブラック企業や過労死を生み出すことを理解していない馬鹿が多すぎる。ブラック企業を批判する人も給料より時間短縮や欧米の理想社会ばかり訴えていて詐欺が多すぎる訳です。
欧米が嫌われる理由は偽善と人権殺人です。
要するにキレイ事に対して警戒しなければいけないのはこの為です。
現に人権やら「何とかに配慮しています」的な意識高い系の企業ほど、国内外でブラック企業として悪名高いし、キレイごとに対する警戒感は必要だと思いますね。

・安倍VS欧米は不毛な争い。労働時間短縮より給料を増やすべし。

そういう面からして安倍VS欧米は非常に不毛な争いなのがはっきりします。
彼らは給料が低いから長時間労働が常態化する思考になっておらず、ただ労働時間短縮を左右ともに掲げている輩が多いです。
そういう不毛な争いはもうやめにしませんか。
そして欧州では自転車通勤しないと庶民の生活が破壊され、自転車通勤と長時間労働で過労死する事故が相次いでいます。
安倍も売国奴、欧米出羽守も売国奴と認識して、立憲の石垣のりこさんみたいに給料を上げる政策を掲げる指導者を選ぶべきだと思います。
劣悪な労働を防ぐには給料を上げれば解決できます。

まとめ

つまり緊縮財政とブラック企業は非常に親和性が高いが、安倍のバックにいる竹中平蔵と左翼のバックにいる古賀茂明がそういう問題を隠蔽したがるので竹中平蔵は勿論、古賀茂明にもしっかりと怒るべきだと思います。
欧米賛美で喜ぶのは竹中平蔵や古賀茂明みたいな新自由主義連中という認識を忘れない事が大事だと思います。

次回

『欧州議会選での環境政党は旧体制の左派に過ぎない。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:動画時事
6月14日のオプエドです。
上杉さんと倉持さんも出てますよ。


これじゃ、習近平もアウトになる。
MSA資金は平和につかうものであり、戦争に使うと安倍だろうが、習近平だろうが、トランプだろうが、批判されて当然だといえます。

*********
◆〔特別情報1〕
 世界恒久の平和と繁栄を築こうとしている世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」の頂点に立っておられる上皇陛下は、小沢一郎衆院議員とともに委ねられている「MSA資金」の運用益について、第4回目シェアが4月18日から「1000京円」規模ともいわれ実行中だ。
 大玉のシェアは6月いっぱい、遅くとも7月上旬には完了する。
 そうしたなかで吉備太秦は、驚くべきことが起きていると説明している。
 「今回、大玉が動くということで、習近平国家主席も安倍晋三首相も狙っていた。習近平国家主席は、今回送金した資金の中から、すでに一部をネコババして、そのカネを使って密かに青島市(チンタオ市)開発をやっている」
 中国山東省に位置する主要な港湾都市。
 副省級市・計画単列市、国家歴史文化名城に指定されている。中国の海洋産業の中心都市であり、東部沿岸の重要な経済と文化の中心であり、近代的な製造業やハイテク産業基地も立地する。
 また国際的な沿岸リゾート地、東北アジアの国際海運センター、中国国内の主要な地方国際空港所在地であり、中国人民解放軍海軍北海艦隊司令部のある軍港でもある。
 そしてこの習近平国家主席による「極秘青島市開発」には驚くべき意図があるという。
*********
こういう事をしているから批判される。
脱欧米の重要さはそこに現れているのだと思います。
MSAは戦争に使うならどこでも批判されます。
DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(関東)
今回はJR東日本の車内販売削減の問題性について書いてゆきます。
何故、JR東の車内販売削減が危険かというとそうやる事で利用者が逃げてゆく可能性が大いにあり得るからです。
いわゆるケチは不道徳という考えです。
そういう問題を含めてどうやって解決してゆくか考えてゆきましょう。

・車内販売は一部サービスをセルフ化した上で継続させるべき。

「JR東日本 車内販売」の画像検索結果
まず、車内販売は一部サービスをセルフ化した上で継続させるべきだと思います。
例えばコーヒーはなどは炊き立てのコーヒーをセルフ方式でやる事で売店に人が集まるのは当然だと言える他、高速道路やコンビニだとそういう方式でコーヒーをやっている傾向が見られます。
事実、高速道路の売店でもコーヒーカップを渡してお金を払った後、そこからコーヒーをセルフでやることで凄く便利になるのは当然だといえますし、それで継続した方が実は車内販売として非常に最適な内容じゃないかと思います。
安易に自販機などに変えたら凄く鉄道旅行がつまらなくなる他、ビジネス需要も落としかねないので猶更、高速バスや飛行機に流れるのは当然だといえます。
欧州でも鉄道離れの背景には高速バスとLCCの関係が非常に目立ちます。
そういう問題を考えた上でもやはり新幹線やグリーン車座席指定者にはセルフ式売店を設置した方が望ましといえますね。

・車内販売はグランクラスのみにして、普通の車内ではカフェスペースを確保してそこでセルフ式コーヒーを新設するべし。

「新幹線 ビュッフェ」の画像検索結果
車内販売もグランクラスのみにしながらも普通の車内ではカフェスペースを確保してそこにセルフ式コーヒーを新設した方が望ましいといえます。
なぜなら、セルフ式コーヒーをカフェスペースで確保すればビジネス客がそこで座ってくつろげる可能性が多いにあるからです。
現に東海道新幹線や山陽新幹線では車内販売の廃止はあまり進んでおらず、むしろ検札員などの廃止で合理化を図り、QR乗車券で利用者を取り込んでいる事で実は回転率を大幅に増やして検札員を減らすことで快適な車内を確保できるといえます。
ですからQR乗車券を導入する事で実は検札員を増やすことなく車掌と管理人が確認するだけで済むから意外と良いといえます。
東北新幹線や北陸新幹線はセルフ式カフェを作った上で、車内販売を残すべきだと思いますね。

・車内販売廃止で利用者が遠のく可能性もがある。

そして車内販売廃止で利用者が遠のく可能性が高いです。
なぜなら、車内販売というのはビジネス客にも観光客にも非常に大事な要素になるからです
勿論、ホームウェイなどは乗客の心理面を考える上でも車内販売は控えた方が良いですが、東海道新幹線みたいな長い距離を運行する列車なら間違いなく車内販売は必須だといえます。
ですから、売店カウンターでセルフ式コーヒーを残しながら継続する事が非常に筋であり、廃止したら猶更利用者が遠のく可能性があるといえます。
ましてやJR東日本の長距離料金は東海道新幹線や山陽新幹線よりも割高だとききますので、そういう面を考えるとやはりJR東日本の運営に問題ないのか考える必要があるでしょう。

・JR東日本の本業の緊縮財政の要因は、旧動労系の労働者の似非保護に関係ある。

そしてJR東日本の緊縮財政の要因は旧動労系の労働者の似非保護と関係があります。
JR北海道問題もそうですが、民営化のほかのこの旧動労系労組が実験を握るとこういう緊縮財政路線をやる事がしっかりと証明されています。
つまり、JR東日本の本業があまり金が回らないのは旧動労系が労働者の保護を銘打ちながら、車両の置き換えや整備をあまりやらない。
金になるエキナカばかりに金をかけるなどの悪評高い要素がしっかりと来ているからだと思います。
つまりJR東日本の最大労組である東労組は旧動労系であり、ここが緊縮財政を積極的に進めていたことがはっきりと判る内容でした。
故に鉄道の問題をしっかりと考える人は東労組から抜けてしまうのは当然だと俺は思います。
そしてJR東日本のセンスなさも緊縮財政と妙な海外かぶれが非常に大きく、それがこういう車内販売削減などに繋がる可能性があるといえます。

・車内販売削減はJR東の本業の金を出さなさの表れ。

そして車内販売削減はJR東の本業に対する金を出さない事をしっかりと現れています。
つまり車内販売削減して本業を軽視しながらエキナカで搾取する構造は正にその姿勢の表れといってもよいでしょう。
つまりJR東日本が利用者を増やすことができなかった背景には本業軽視ぶりが明白であり、北日本での利用者減や首都圏の増加率がJR西日本のアーバンネットワークの増加率、JR東海の名古屋圏の増加率より下回ったことはしっかりとここに現れているといってもよい。
そういう事例がJR東日本の利用者を落とし、私鉄に流れている状況を生み出しているといえます。
そしてそうなる事でJR東は利用者現に突き進むのは当然だといえるでしょう。

・グリーン車より指定席シートの方がまともではないかと思う。

「新快速 aシート」の画像検索結果
そして普通列車グリーン自由席もあれは問題あると思います。
対して快適じゃないのにグリーン料金を取られる事、混雑緩和の姿勢を示すのであれば指定席にするべきだといえます。
そういう事をやらずに自由席で利用者を増やせばどうなるか?
立ち席なのに金を取られる事態や高額な料金で金を取られるなどの問題は非常に露わになります。
ましてや短距離だと割高感があるのでそういう問題も含めるとグリーン車は廃止して、それを何か別の指定席シートにして着席料金で大幅に安くするべきだと思います。
しかし、不思議なのは長距離特急の車内販売削減するのに対してこのグリーン車に対してはアテンダントを廃止しないんですね。
ある意味、JR東日本はそういう面で合理化しないのは何か違和感を感じます。

・旧動労系の緊縮思考はJR北海道の廃線にもつながっている。

そして旧動労系の緊縮思考はJR北海道の廃線に凄くつながっています。
旧動労系は労働者の保護を銘打ちながら自分たちは労働者の使い捨てに突っ走て言っています。
本当に保護したのは国労であり、動労は民営化賛成な上、緊縮思考が強いところで有名でした。
そしてJR東日本とJR北海道は動労が主力であり、動労が主力地区であり北海道や東北では鉄道の利用者は大都市を除いて利用者を減らしている傾向があります。
つまり、これから見てもわかる通り、旧動労系は本業に金をかけず、変なところに金をかける風潮があるからそういう意味を考えると動労がいかに本業軽視しているのかはっきりとしますね。
だから、何かあれば簡単に廃線に手を出し、目先の利益の為に廃線ビジネスに手を出すのも想像に容易が付きます。
この件に関してはJR北海道、東日本とJR東海、西日本、九州当たりの在来線の利用者数のデータを見れば一目瞭然です。
そういう問題を含めれば旧動労の姿勢が緊縮思考で目先の利益追求型なのは非常に判ると思います。
JR東の首都圏の増加率がJR西のアーバンネットワークより利用者増加率が低かった事を考えることは偶然ではないかと思います。

・ドイツは緊縮やりすぎで高い運賃と鉄道離れを誘発した。

最後にドイツの鉄道は緊縮思考に走りすぎた影響でインフラがボロボロになり、税金を投入しても利用者増加政策をやらなかった影響で高額な運賃と低いサービス水準で鉄道離れを誘発しました。
ドイツは高速バス自由化で鉄道より安い高速バス移動が増えるようになりました(それでも主要国ではかなり高い部類)が、鉄道は根本的な投資を疎かにした結果がベルリン地下鉄での悲劇を生んだとされます。
ベルリン地下鉄は利用者にとっては高くて不気味な地下鉄なので極端に利用者が少ないといわれる上、検札員も過酷なわりに給料が低いので更に人手不足が相次いでいる状況が目立ちます。
そういう状況を野放しにしたドイツ政府の責任は大きいし、メルケル政権の緊縮思考によってドイツは2005年以降からのGDPではほぼ毎年マイナスを計上するなどの愚かさが見えてきます。
故に俺がロシアやイラン、中国の鉄道政策の方が日本にあっているし、欧米よりはるかに進んでいる事を述べています。
しかし、安倍政権も欧米出羽守連中もとにかく時代遅れで高額な欧米鉄道を美化し、欧米が正しいと猛進する売国奴のような気がします。
枝野氏もJR東労組出身だからそういう緊縮思考が強いとされています。
とにかく欧米に対して断固として反対する事が実は鉄道政策を基に戻す要因じゃないかと俺は思っています。
そういう意味を含めて欧米正義は危険だといえます。

まとめ

要するに緊縮財政が社会をダメにする傾向あり、交通インフラはやりすぎると結局はインフラ崩壊に繋がるのはだれしも目に見えています。
安倍政権だけえなく欧米出羽守連中もやはり欧米を美化するあまり、中国やロシアに対して見下す人が多いといえます。
中国が躍進したのは緊縮思考を否定し、欧米が衰退したのは緊縮思考を強めたからではないのか?
それを含めて明日はブラック企業と緊縮財政の親和性について書いてゆこうと思います。

次回

『ブラック企業と緊縮財政の親和性』
について書いてゆきます。
DATE: CATEGORY:動画時事
品川駅で山本太郎さんが吠える。
山本太郎さんは東京選挙区で当選は確定ですね。
一部立憲支持者のアホがどうしようもないだけ。


安倍晋三や欧米出羽守ではまともな外交等できません。

*********
◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相が、米国とイランの緊張緩和のため仲介役としてイランを訪問している最中、ホルムズ海峡(ペルシア湾とオマーン湾の間にある海峡、北にイラン、南にオマーンの飛び地に挟まれている)を航行中だった「KOKUKA Courageous」(パナマ船籍)が6月13日午前11時45分(現地時間道6時45分)ごろ、機関室外の喫水線付近に被弾した。
 フィリピン人の乗員21人は全員、船舶から退避した。安倍晋三首相の今回のイラン訪問は、トランプ大統領の依頼を受けて、米・イランの緊張緩和に向けての仲介が最大の目的だったけれど、中東問題専門家によると、「散々だった」という。
 イランのロウハニ大統領は12日、日イ首脳会談のなかで
「トランプ政権が『経済的な戦争』を仕掛けていることが地域の不安定化につながっている。それがなくなれば中東地域に再び安定が訪れる」
と厳しく批判しながらも、日本側の姿勢は高く評価していた。しかし、イランの最高指導者ハメネイ師は13日、初会談中、安倍晋三首相の行動を「おかしい」と批判、
「経済制裁を解かずにそんな横車をしてきても取り合わない。経済制裁を解いてくれば相手をする。だが、トランプ大統領は、信用できない」
と断言、トランプ大統領への返答を拒否したと言い、結果的に見て、安倍晋三首相のイラン訪問は、
「事実上、失敗に終わった」
ばかりか、北朝鮮の金正恩党委員長との日朝首脳会談の仲介を頼むどころではなかったらしい。

*********
ハメネイ師の行動は正に的を得ている。
安倍政権や欧米出羽守連中は共におかしいと見られて当然でしょう。
故に小沢政権樹立を望まれます。
DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(九州)
今回はゆいレールと沖縄県営鉄道の双方の増設が必要な理由を述べてゆきます。
何故、沖縄の鉄道が必要かというと沖縄の飲酒運転率は全国最悪で、車がないと移動できない状況だからです。
加えて、自転車は坂が多くて移動できない点からもこの区間の増設が必要な理由はそこにあります。
その辺の問題を含めて書いてゆこうと思います。

・ゆいレールの延伸は必要。

「ゆいレール」の画像検索結果
まず、ゆいレールは沖縄市まで延伸が必要です。
何故、沖縄市まで延伸が必要かというと沖縄市は鉄道空白地帯でここまで利用者が非常に大きい事が理由です。
そして米軍基地問題に悩まされているドライバーの件を考える、沖縄市までは最低でも延伸する必要があるといえます。
ですからゆいレールのてだこ浦西駅からは宜野湾市を経由して沖縄市へ向かう経路が非常に大事かと思います。
デニーさんはこれについて非常に大事だと思っているので彼も米軍基地を無くしながらもこういう件について考えているといえます。

・ゆいレールとは別に沖縄県が運営する鉄道は飲酒運転を減らす上でも大事。

「沖縄県営鉄道」の画像検索結果
そしてゆいレールとは別に沖縄県が運営する鉄道を作る必要があります。
経路的には那覇市~北谷町~嘉手納町~名護市の経路と那覇市~沖縄市~金武町~宜野座村~名護市を経由する2つの経路が必要だと思います。
なぜなら、ゆいレールでは既に輸送力に限界があると同時にこれとは別に鉄道整備する必要性が既に見えているからです。
そういう問題を考えた上で、ゆいレールとは別に沖縄県が運営する鉄道が必要なのです。
そうすれば沖縄の飲酒運転は確実に減らせるといえます。

・米軍基地より鉄道があった方が沖縄県民には助かる。

そして米軍基地より鉄道があった方が沖縄県は助かります。
米軍基地依存率が一番高いのは青森県三沢市で沖縄、神奈川、岩国、京都の依存率は既に4割も満たない状況です。
つまり、米軍基地がなくても発展する町なのは事実であり、三沢市が突出して6割超えている方が異常だといえます。
そういう意味でも米軍基地より鉄道があった方が沖縄県民にとって助かるといえるのは当然ではないかといえます。
なので米軍基地を無くしても良いからその分を鉄道に回すことの方が沖縄の経済成長にとって大きな影響を受けるでしょう。

・ゆいレールの利用者が年々増加している。

そしてゆいレールの利用者は年々増加しています。
ゆいレール乗車人員2018
このデータをご覧のなればわかる通り、既にゆいレールは下手な都市部の鉄道(鶴見線や北総線等)よりも利用者や輸送密度、利用者増加率が高いことが判ります。
どの駅も利用者を確実に増やしており、特に県庁前と那覇空港の両者増加を見れば必然的にゆいレールの方が米軍基地より必要な理由がはっきりとするでしょう。

ちなみに筆者からすると、神奈川県でも米軍基地より相模線や横須賀線複線化を必要としています。
なぜなら、横須賀線は京急の競合対策、相模線は県の南北を支える鉄道として非常に重要だと思っているからです。
そういう意味を含めて平塚駅~八王子駅の運行を基軸として相模線を走らせることの方が米軍基地より非常に大事だと思っています。
他にもブルーライン新百合ヶ丘駅延伸やグリーンライン川崎&二俣川延伸などもそれです。
ですからそういう面を考えると神奈川県でも沖縄でも米軍基地より鉄道路線の強化の方が利用者を取りこむ事が明白といえるでしょう。

・沖縄県営鉄道は那覇~名護を結ぶルートが非常に最適。

故に沖縄県営鉄道は那覇~名護を結ぶ2ルート建設が非常に大事だといえます。
なぜなら、那覇~名護を結ぶ2ルートを作る事で沖縄の発展が進んでいくのはないかと言えます。
故にこれらは複線で那覇駅と名護駅を結び、那覇空港駅~那覇駅~2ルート~名護駅にする方が非常に判りやすい構造になるかといえます。
そういう面を含めて沖縄県営鉄道は2ルートをとる必要があるといえます。

・米軍より鉄道の方が町が発展する。

最後に沖縄も神奈川も京都も岩国もそうですが、米軍基地より鉄道の方が町を発展させます。
米軍基地は町を衰退させ、発展を阻害させるろくでもないものです。
それらを合わせて考えると米軍基地を完全になくすことの方が非常に大事だと思います。
ですから米軍基地より鉄道の方が町を発展させる件を考えるとやはり沖縄でも神奈川でも大事かといえます。

まとめ

ですからそれらの件を考えるとゆいレールと沖縄県営鉄道は米軍基地返還を併せて考える必要があります。
米軍基地が町の発展を阻害させ、衰退させる要因なら米軍基地を無くして鉄道路線を強化する方が町を発展させるのではないかといえます。
米軍基地全面返還が必要なのは実はその為じゃないかと私は思うのです。

次回

『JR東日本の車内販売削減は意味があるのか?』
について説明します。
DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(近畿・北陸)
阪神電車の高架化の様子です。


安倍は知ってて子乳しているとは凄く悪質な奴だな。

***********
◆〔特別情報1〕
 航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの墜落事故(4月9日、青森県沖で墜落、パイロットの3等空佐の遺体は、行方不明)について、防衛省は6月10日、操縦者が平衡感覚を失う「空間識失調」が原因と推定されると発表し、同型機の飛行を再開する方針を示した。
 しかし、上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の情報によると、陸海空3自衛隊内では、「F35Aを105機買ったわけだが、あの戦闘機は完全な不良品で、しかも、周辺でそのことを知らないのは、岩屋毅防衛相だけだという。知らされていないようだ。自衛隊最高指揮官の安倍晋三首相も知っているし、自衛隊の人間はみんな知っている。そのため自衛隊は、飛べば完全に事故になることがわかっているので、かつて大戦中に熟練した優秀なパイロットを神風特攻隊として殺したことを挙げて、『同じことをやらせるつもりなのか』とカンカンに怒っており、自衛隊は完全に政府から離れているとのことだ。しかも、なんと米国はF35Aを採用せずに、ひとつ前の主力戦闘機のF15イーグルに戻すことを決めている」
 という。

***********
これこそ安倍政権の売国奴なのでこれは辞任に値する内容だと思います。
DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(北海道・東北)
今回は北海道新幹線と山形新幹線の需要について考えてゆきたいと思います。
何故、これを書いてゆくかというとやはり北海道新幹線の運行形態を考えねばいけないからです。
同時に山形新幹線を横手まで延伸して秋田までの利便性確保も必要かと思います。
それらの問題を含めて書いてゆこうと思います。

・奥羽本線は全線山形新幹線として運行すべき。

「山形新幹線」の画像検索結果
まず、奥羽本線は全線とも山形新幹線として運行するべきだと思います。
なぜなら、奥羽本線はミニ新幹線でも山形~秋田までなら、間違いなく田沢湖線経由より所要時間短縮が見込まれるので全線運行しても問題ないと思います。
そして田沢湖線の横手駅は山形~盛岡駅経由の新幹線を入れればそれで問題ないと思います。
つまり、奥羽本線は全線山形新幹線として編入しても既に問題ないといえる路線だといえます。

・北海道新幹線は仙台~札幌を運行させる列車を作った方が良い。

「北海道新幹線」の画像検索結果
そして北海道新幹線に関してもやまびこを原則的に廃止して、仙台駅以南の各駅停車を「なすの」、以北を「白雪」にした方が良いと思います。
なぜなら、仙台駅で利用者が大きく変わる事、東京~北海道は飛行機が優位な為、仙台駅まで走らせればそれだけで問題ないと俺はわかるからです。
対東京からなら新幹線は不利だけど、対仙台や対盛岡なら間違いなく北海道新幹線の力を本気で発揮できるのでやはり札幌~仙台を結ぶ列車を創設した方が良いといえるでしょう。

・仙台駅~札幌駅の需要を開拓させることが北海道新幹線の最大の必要性。

そして仙台駅~札幌駅の需要の開拓は北海道新幹線最大の使命となります。
なぜなら、北海道新幹線は対東京では飛行機に惨敗するのが目に見えているのでそういう面を考慮しても、対仙台の需要を最大限に発揮させることが北海道新幹線の最大の役割となります。
そして札幌直通の速達系列車は「ライラック」を入れる事で大きな効果を生み出すといえます。
ですから仙台駅~札幌駅の需要を開拓させることが北海道新幹線の最大の使命といえそうです。
つまり、仙台~札幌までは新幹線利用した方が早くいければ意外と大きな需要を確保できるといえるでしょう。

・札幌~東京は飛行機で勝てないなら札幌~仙台・福島あたりまでは運行させるべし。

故に札幌~東京間は飛行機勝てないのが明白なので仙台や福島で折り返す列車を運行させればそれだけで大きな影響を生み出せます。
札幌~東京は最低限の列車を走らせつつ、基本的には福島や仙台から札幌を結ぶ列車を創設した方が実は仙台を発展させる上でも非常に大きな役割を持てるかと思います。
なので札幌~仙台を重点に置いた北海道新幹線のダイヤが必要だといえます。

・札幌~東北を結ぶ列車を作れば郊外型ダイヤは不要になる。

そして札幌~仙台を結ぶ列車が作れば東北新幹線の郊外型ダイヤは不要になります。
なぜなら、各停は仙台で折り返せばそれだけで大きな効力を発揮できるし、仙台以北は秋田を除き、札幌か仙台志向に代わるのでそういう面を含めても郊外型ダイヤにする必要性はなくなります。
各停タイプは仙台駅で分割し、速達系を走らせる東海道新幹線型のダイヤにするべきだと思いますね。

まとめ

ですから北海道新幹線や山形新幹線の需要を考えるとやはり山形新幹線は秋田まで伸ばし、北海道新幹線は札幌~仙台を結ぶ列車を作った方が良いといえます。
東北新幹線系統は対東京ばかり意識しがちですが、対東京よりも仙台や山形などの東北の諸都市を意識する列車の創設が必要だといえるでしょう。
そうする事で、郊外型ダイヤを組む必要性はなくなるといえます。

次回

『ゆいレールと沖縄県営鉄道の双方を増設が必要な理由』
について説明します。

copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ