FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:オリジナル時事
※本来は、8月26日に公開する予定ですが、緊急性を要する記事の為、現在、公開しています。

今回も新型コロナウィルスの問題について説明してゆきたいと思います。
そして今回は米軍の新型コロナウィルスが見つかった事で軍隊のコロナクラスター感染について説明したいと思います。
何故、軍隊クラスター感染の問題を取り上げるべきかというと軍隊がクラスター感染するとその国の犠牲者が増える事がここでも判明したからです。
そういう意味を考えて、軍隊のコロナクラスターがコロナを悪化させる事について説明したいと思います。

・米軍のコロナ感染で発覚した欧米の軍隊クラスター。

NATOとは (ナトーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
まず、米軍のコロナ感染で発覚したのが欧米の軍隊クラスター感です。
米軍の軍隊クラスター感染によって国境の外国に駐留する軍の危険性がここでも露呈されたといって良いでしょう。
その意味を考えて、米軍の危険性が周知されるようになりました。
しかし、軍隊のコロナ感染しているのは米軍だけではなく、米軍を含めたNATO関係者の軍隊で相次いで感染している状況は明白でしょう。
何故なら、フランス軍、イタリア軍、スペイン軍も既に軍隊クラスターが起きており、それが原因で欧米の軍隊クラスターが起きていたと考えて良いといえます。
そのような意味を考えても米軍コロナは米軍のみならず、欧米の軍隊のコロナ感染の実態を暴いたといってよいでしょう。

・米軍とNATOはフリーパス故にコロナ感染が広がっている。

そして米軍、NATOは当然ながら駐留している国ならどこでも国境フリーパスが可能な制度を持っています。
日米地位協定が情報公開を出さない等の問題がありますが、NATOは加盟国の感染状況を隠蔽する協定があり、それで米軍の情報は公開されてもNATO絡みの案件なら情報公開されないブラックボックスが出来上がります。
これは米軍以外でも同様です。
そういう意味を考えても米軍とNATOは既にフリーパス故にコロナ感染が広がっており、それが原因でコロナ感染があちこちで出ている事は間違いないといって良いでしょう。
そして欧米ならこれに加えてEUのシェンゲン協定で経済的な国境フリーパスが適用されるが故に、そこからコロナ感染が広がったといって良いでしょう。
その意味を考えると米軍、NATO、EUのシェンゲン協定のトリプルフリーパスが欧米でのコロナ感染を増加させた要因へと津上がるでしょう。

・軍隊クラスターが起きた米仏伊西はコロナ死者も多い。

そして軍隊クラスターが起きたアメリカ、フランス、イタリア、スペインは何れもその国でのコロナ死亡者数が多い事も注目に値します。
つまり、軍隊でのクラスター感染が起きた国はそのままコロナ死亡者数が増加に繋がっている事を考えると軍隊クラスターが起きていたが故に、アメリカ、フランス、イタリア、スペインで広がったといえます。
そして起きた理由としては米軍だけでなく、NATO関係者からコロナを媒介して加盟国各国にコロナが感染し、更にシェンゲン協定によってコロナウィルスが欧州中にばら撒かれた事は間違いないと言って良いでしょう。
その意味を考えても米軍、NATO、シェンゲン協定がトリプルフリーパスと呼ばれており、それが欧米でのコロナ感染を増大させた要因だといえます。
つまり、EU加盟国でコロナ予防するにはEU離脱かEU崩壊以外にない事を考えるとこのフリーパス制度が非常に危ないものだといえます。

・コロナ感染は国境のフリーパスから起きる。

ヨーロッパ旅行で知っておきたい「シェンゲン協定」ってなに?~EUとの ...
そしてコロナ感染はグローバリゼーションから起きる事は明白で何れも外国からウィルスが持ち込まれた事で広がる事は明白でしょう。
そしてそれは決して武漢ではありません。
武漢が起きる前に欧米で既にコロナが蔓延していた事が軍人五輪前に欧米の軍人が大量に体調不良を訴えていた事で明白です。
当然、軍人五輪を介してコロナ感染が広がった事は明白でしょう。
その意味を考えて、欧米が武漢に持ち込み、武漢で広がる。
そして欧米が感染源だと隠す為に欧米の各国政府は中国政府の所為にする分かりやすい嘘で欧米は自分達が感染源なのを隠蔽しました。
だが、欧米は武漢より前に感染が起き、トリプルフリーパスの影響でアメリカやEU加盟国に広がった事を考えると既に欧米は武漢より先にコロナ感染が流行っていた事は明白でしょう。
その意味を考えて、欧米のトリプルフリーパスが世界中でコロナをパンデミック化させたといえます。

・EU、NATO、米軍は国境フリーパスの影響で感染が広がっている。

つまり、コロナ感染が世界中で拡大している背景にはやはり米軍、NATO、EUのシェンゲン協定という3つの国境フリーパス制度が大きく影響しているといって良いでしょう。
当然、それらをトリプルフリーパスといって良いでしょう。
なので、トリプルフリーパスの影響でコロナ感染が拡大し、当然ながら他の国でも感染が広がった事を考えるとトリプルフリーパス組織がコロナ感染拡大の主犯だといえます。
その意味からやはり国境フリーパスの危険性がここでもわかるでしょう。
故に、トリプルフリーパスの影響による被害は確実に世界中に広げたといって良いでしょう。

まとめ

その意味を考えて、米軍を始めとしたNATO関係者がコロナ感染が見つかり、特にアメリカ、フランス、スペイン、イタリアの各軍隊がコロナ大量感染した影響でそれらの国で多くの犠牲者を出し、更に欧米のコロナ感染が大きく広がったといって良いでしょう。
つまり、米軍、NATO、EUのシェンゲン協定がトリプルフリーパスでコロナを広げたといって良いでしょう。

次回

『長良川鉄道と城端線の接続を考える。』
について説明します。
スポンサーサイト



DATE: CATEGORY:オリジナル時事
※本来は8月19日に公開予定ですが、緊急性を要する為、現在、公開しています。

今回は新型コロナウィルスの問題について説明したいと思います。
武漢で発生したコロナウィルスですが、どうやらその真の1号が米軍由来からきている噂が出てきました。
何故、米軍由来のコロナウィルスが発見されたのかはわかりませんが、いずれにせよ米軍を媒介して武漢や世界中からコロナ感染が広がったように言えます。
今回はそのような問題を踏まえて、米軍だけでなくドイツ軍やフランス軍を含めたEU軍もコロナまみれになっている理由について説明します。

・コロナウィルスが拡がったきっかけは武漢の軍人五輪。

2019年ミリタリーワールドゲームズが中国中部の武漢で開幕 | The ...
まず、この新型コロナウィルスが拡大したきっかけは中国の武漢で行われた軍人五輪にあります。
そして軍人五輪から武漢のコロナが広がったことは非常に明白だといえます。
参加国の内訳を見ると、米軍は勿論の事、フランス、ドイツ、韓国、イタリア等の西側の軍隊が多く参加している事が分かります。
そして西側で不参加だったのは自衛隊と英国軍のみだった事を考えると、既に米軍以外の軍隊でも急激にコロナ感染が広がりを見せるのは明白だといえます。
そのような問題を加味しても米軍だけでなくドイツ、フランスなどの西側の軍隊の殆どが既にコロナ感染しているのは明白でしょう。
そして武漢が広がったのは軍人五輪の開催地だった事と、それらの参加した軍隊が武漢中にばら撒いてコロナ感染が広がったように考えて良いでしょう。
そういう意味を考えると、特に米軍とEU軍はコロナ感染が広がっているといっても良いといえます。

・軍人五輪で米軍を媒介して武漢に広がった。

そして軍人五輪では米軍を介して武漢の住民。
そしてドイツ等の他の国の軍隊に既に新型コロナが広がったといって良いでしょう。
その意味を考えると既にEU軍もかなりの勢いでコロナまみれになってもおかしくないし、韓国軍やインド軍なども既に蔓延しているといって良いでしょう。
つまり、軍人五輪に参加して全ての国の軍隊は完全にコロナまみれになっている可能性があると考えて良いでしょう。
そういう意味を考えて、特に米軍とEU軍はかなりの勢いでコロナ感染が蔓延していると考えて良いといえます。

・武漢の前に既にアメリカがパンデミック化していた。

世界の新型コロナウイルス感染1300万人突破 米大陸が半分超 | ワールド ...
そして衝撃的なデータを見ると既に武漢を前に米国がパンデミック化していたのは事実です。
何故なら、武漢の実質感染者1号は米軍だった事は既にばれているからです。
しかし、この時の欧米はどの国も新型コロナをインフルエンザとしてごまかしていた事がばれており、特にアメリカはコロナを隠蔽する為にインフルエンザとして国家ぐるみで集計していたことは間違いないでしょう。
但し、それを実行したのはトランプ氏でなく、米民主党とヒラリー・クリントン一味と考えて良いでしょう。
つまり、トランプ氏を落とす為に予めヒラリー・クリントン一味や米民主党が後で物凄い勢いでコロナが広がっている状況を見せる為に、既に米民主党がANTIFAを媒介としてコロナ感染を増やしていたと考えて良いでしょう。

・そういう観点から米軍のみならず、ドイツ軍やフランス軍、EU軍には既にコロナウィルスが蔓延しているのは当然。

しかし、軍人五輪の観点から考えるとドイツやフランス、イタリア等の欧州は既に米軍対策しても遅いです。
何故なら、中西欧は英国以外の国はほぼ参加していたので米軍だけでなく各国の軍隊も既にコロナまみれになっているからです。
しかも、イタリアもドイツもフランスも米軍と自国軍を介してコロナが広がっているのは明白で、それがコロナが広がったように言えます。
つまり、欧州は米軍対策しても既にて手遅れで各国の自国軍が既にかなりの勢いでコロナが蔓延しているのは明白でしょう。
その点、ロシアやイランは対策が早く既にコロナ対策をしていた事を考えると西欧は米軍と自国軍、そしてEU軍がコロナ三大感染源になっていると見てよいでしょう。

・米軍が感染源なら米軍排除、EU軍などはEU崩壊以外にコロナ予防はない。

そういう意味を考えると米軍が感染源なら米軍排除、EU軍排除ならEU崩壊以外にコロナ予防は既にないといえます。
何れも情報公開やPCR徹底しても軍隊のフリーパスを介してコロナ感染が広がっている状況を考えると残念ながらどちらも既に通用しない行動となっています。
日本の左右がコロナ対策後手後手なのもアメリカや欧州に右倣えでロシアやイランになると揃って攻撃してロシアやイランの素晴らしい対策を見ないからです。
そういう意味を考えて、米軍なら米国以外なら米軍を国外退去、EU軍はEU崩壊以外にコロナ予防は既にないので欧州は何やってもコロナ感染と死者が激増して、焼け野原になる道しかないといえます。
故に、欧米のやり方は時代遅れて米軍とEU軍がコロナの2大感染源で有り、そこから媒介している様子を考えてもコロナ対策は脱欧米以外にないといえるでしょう。
そういう意味を考えて、脱欧米のススメは成り立つといえ、江戸時代以降のお上崇拝とプロテスタント崇拝は終わりが見えたといえます。

加えて、ドイツは外国人患者受け入れして特に西ドイツは物凄いコロナまみれになっている事を考えるとコロナ感染の超過死亡は既に6万人以上いるとみて良いといえます。
つまり、メルケルのコロナ対策の酷さを隠す為に日本では欧米出羽守が嘘つきますが、その実態はマクロンや安倍と同じくコロナ対策後手後手で既に6万人以上の超過死亡がいると見た方が良いでしょう。

まとめ

つまり、米軍やEU軍がコロナ感染の温床だと考えると欧州は何やってもコロナ感染抑止できず、陽性率抑制以外に既に手段は消えたと考えて良いでしょう。
その意味から脱欧米こそ、コロナ対策を本願といえます。
北朝鮮、ロシア、イランが進んでいるのはこれらの国は欧米から敵視されている事が抑止の要因ではないのかと思います。
つまり、真の主権国家を出してコロナ対策を出す以外に予防はないといえます。

次回

『国道152号の改良の必要性を考える。』
に説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
※この記事は、本来は8月14日に公開予定ですが、米軍コロナ緊急性から現在公開しております。

本日は米軍コロナ問題について説明します。
前から米軍基地でのコロナ問題は出ていたのは知っていましたが、多くの人は知らない状況に唖然としました。
その問題を踏まえて米軍コロナ問題を書いてゆきます。

・米軍経由からコロナ感染は広がった。

小林よしのり、山尾志桜里、倉持麟太郎が「権力を縛るための立憲的改憲 ...
まず、コロナ感染について説明しますと米軍基地経由からコロナ感染が広がったと見ています。
何故、これが断定できるかというと韓国でも平沢基地で米軍コロナが沢山発見された事が見つかっているからです。


他にもイタリア、ドイツなども米軍を媒介としてコロナが拡がっている事、日本を含めて最初のコロナ感染者が米軍絡み、米軍を介して感染が広がっている事があちこちで報告されています。
そしてそれらの問題を考えると米軍基地が非常に有害な感染源だと分かり、つまり、PCR大量検査も情報公開もダメな理由がそこにあるのではないでしょうか?

・東京のコロナ感染源は赤坂プレスか。

そして東京のコロナ感染を見てみるとやはりというべきか赤坂プレスから感染源になっている場合が見つかりました。
地理的な要素を考えますと新宿、渋谷、六本木は何れも米軍基地経由からコロナ感染源が何人も見つかっている状況がはっきりしています。
そして東京は横田だけでなく赤坂プレスから六本木や渋谷、新宿などの風俗に媒介してコロナ感染していったと考えられるでしょう。
その意味を考えるとやはり米軍こそコロナの媒介ではないかと考えられる証拠となります。
そういう意味を考えて、東京のコロナ感染はやはり赤坂プレスである事は間違いなく感じ取れそうです。

・米軍コロナ対策はPCRや情報公開では駄目な理由。

そして米軍コロナ対策ははっきり言ってPCRや情報公開程度のレベルでは弱腰扱いされて当然です。
何故なら、米軍コロナ問題は米軍基地があるからコロナが増えるのであり、いくら大量に検査しても情報公開しても米軍をいなくならない限りは基本的にコロナ抑止は無理だし、逆に増え続けます。
だから韓国やドイツは日本よりましでも確実にコロナ感染者と死者は増え続けるし、超過死亡もかなりいます。
ドイツに至っては外国人患者受け入れによる院内感染多発で5万人以上いると疑って良いでしょう。
そういう意味を考えると米軍コロナ問題は米軍基地があるから増える事を認識しなければいけない問題で有り、解決方法には日米地位協定廃止、9条2項を山尾さんの立憲的改憲によって主権自立する以外にコロナ対策はあり得ないでしょう。

・故に米軍を追い出す以外にコロナ対策はない。

止まらない沖縄米軍のコロナ感染 新たに普天間32人、嘉手納1人 今月96 ...
では、何故米軍を追い出す以外にコロナ対策はないのかというといくらPCR検査しても米軍がのさばる限りはコロナ感染が増えるからです。
そして米軍は医療体制が不十分なアメリカなのでコロナ感染が把握していない場合が多く、それがコロナ感染を増やしている状況を生み出しているといって良いでしょう。
更に米国のコロナ死者は超過死亡を含めると100万人を超える事が明白であり、既にインフルエンザで死亡した約1万4千人の中にはかなり数のコロナ感染者が多くイルと呼んで良いでしょう。
そういう意味を考えて、米軍コロナ対策として有効なのは米軍を追い出す以外にないのは明白だといえます。
そうする事でコロナ対策も有効になるでしょう。

・左右、親反米揃って腰抜けな連中たち。

そして、アメリカや欧州に依存する左右や似非反米は何れも腰抜け連中ばかりです。
何故なら親米保守はアメリカのケツ舐めしているし、リベラルは反日米であって潜在的には欧米エリートのケツ舐め路線にすぎません。
似非反米はアメリカを批判しても韓国や欧州みたいな日米以外の西側国家の追従思考でこれもお話になりません。
そういう意味を考えて、左右親反米が揃って腰抜けなのはそういう意味からきているといえます。
何れも西側体制に従属している限りは米軍基地も追い出せないし、米軍コロナ対策も出来ないといえます。
逆にロシアやイランはアメリカや欧州の影響を全く受けずに発達した影響は非常に評価されるといって良いでしょう。
寧ろ、そういう国たちこそがコロナ対策をしているといっても良いでしょう。
故に、今こそ大事な思想としては反米保守でなく反西側や欧米を批判する上で反欧米保守思想が必要だといえます。
相違する事で米軍コロナ対策は進められるでしょう。

・日米地位協定廃止と立憲的改憲推進は必要。

なのでそういう意味を考えて真の主権自立国家が必要であり、ドイツやフランスレベルのお子様主権国家でなく、ロシアやイランみたいな大人の真の主権国家を目指すべきだといえます。
現にイランはコロナ予防が非常に進んでおり、それによってコロナ対策が非常に良い方向に行っているのは間違いないでしょう。
そういう意味を考えて、日米地位協定廃止と立憲的改憲を行う事で真の主権国家を目指すべきだといえます。

逆に9条2項に自衛隊明記みたいな安倍加憲や現行憲法維持は米軍コロナ対策は非常に不十分な状況といえます。
そういう意味を試みて米軍基地を完全廃止する真の主権国家が必要だといえる故、立憲的改憲推進と日米地位協定廃止はセットで行うべきでしょう。

まとめ

つまり、米軍コロナ問題を考えると米軍の国外退去以外に方法は既になく、米軍コロナはPCRや情報公開では既に後手後手の代物といって良いでしょう。
だからこそ、日米地位協定廃止や立憲的改憲を進め、真の主権国家を目指す姿勢が求められているのです。

次回

『似非反米の反米では駄目な理由を考える。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回はレジ袋有料化や紙ストローはエコにならず、プラゴミ削減にならない理由についてしっかりと考えてゆきます。
レジ袋有料化も紙ストローはエコにならない理由やプラゴミの要因などをしっかりと説明するとプラゴミ削減の神髄をしらない上、温暖化詐欺によって逆に消費を落ち込ませる要素を生み出す危険性が出てくるからです。
それらの問題を考える上でもレジ袋有料化や紙ストローはエコにならない理由やプラゴミ削減に必要な要因も考えてゆきましょう。

・レジ袋有料化はプラゴミ削減にならない上、消費を落ち込ませる。

紙のストローを初めて使ってみたんだけど、これは…|たかとし|note
まず、レジ袋有料化はプラゴミ削減にならない上、消費を落ち込ませる危険な代物だといえます。
何故、これが言えるかというとレジ袋有料化してもレジ袋の量はそこまで変わりなく寧ろ有料化する事で消費税と同じ逆進性の効果を生みだすだけになるので必然的に消費を落ち込ませる要因に繋がってくるといえます。
更にレジ袋有料化によってゴミ袋が少なくなるので必然的にゴミ袋負担の問題になって更に消費を落ち込ませる要因を加速させるでしょう。
そういう意味を考えて、個人的にはレジ袋を再無料化しつつ、カードを出して希望配布性にすれば間違いなくレジ袋削減につながるので非常に効率が良い行動といえるでしょう。
その意味を考えるとレジ袋有料化は消費を落ち込ませる要因になるのでその意味からも決してエコにならないといえます。

・紙ストローやレジ袋はプラゴミ削減にならない。

絡まる恐怖とゴーストネット | プラなし生活
そして紙ストローやレジ袋を減らしてもプラゴミ削減になりません。
何故なら、プラゴミの5割弱が漁網、3割前後が食器や工業要因などが要因となっているからです。
その意味を考えるとレジ袋や紙ストローはいかにプラゴミ削減にならない理由も非常に明白であり、それがプラゴミ削減できない要因がここまで来ているのだと感じています。
そういう意味を考えると紙ストローやレジ袋を無料化しても決してプラゴミ削減にはならず、削減の効果は極めて薄い現状が非常に浮き彫りになったといえるでしょう。

・だから使い捨て食器や漁網問題を解決させることがプラゴミ削減になる。

そして食器類の問題を書くとプラゴミの多くはデリバリーや露店などで購入する容器の方がレジ袋よりかなり多いといえる状況です。
そういう意味を考えると意外と総菜売り場や露店、テイクアウトなどで出される食器の多くがこれに該当するといえます。
そういう問題を考えるとプラゴミの多くがこういった食器類で有り、ストローやレジ袋は極めて少ない事が分かるでしょう。
更に海のプラゴミの多くが漁網であり、漁網をしっかりと回収したりする行動をできるような社会の構築することでプラゴミ問題の解決なります。
ですからレジ袋有料化や紙ストローなどはエコにならない上、逆に消費などを落ち込ませる代物なるので決して良いとは言えないでしょう。

・レジ袋は無料化しつつ、希望配布制度にした方が消費も上がり、プラゴミ削減になる。

故にプラゴミの問題を書くとやはりレジ袋は無料化しつつ、希望配布制度にした方が非常に良いでしょう。
そして希望配布性にした場合、ポイントカードを持っていない人は3円引き、所持している人は3pプラスの方が非常に良い効果を生みだす傾向が見えてきます。
つまり消費を上げる行動をしっかりと示せる姿勢こそ、レジ袋削減の行動を示せる事で有り、同時に希望配布制にする事でレジ袋削減は実現できるといえます。
そういう意味を考えてレジ袋削減は希望配布制にしながらプラゴミ削減が非常に理想的な形態といえます。

まとめ

つまりレジ袋削減問題を考えるとレジ袋有料化や紙ストローは決してエコにならず、消費を落ち込ませる代物になってしまいます。
そういう問題を考えて、レジ袋を再無料化しつつ、レジ袋の希望配布制度にした方がむしろ消費向上とプラゴミ削減になるでしょう。
そして漁網やプラスチック容器の問題解決こそ、プラゴミ削減になるでしょう。

次回

『ガソリン価格表示の問題を考える。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回は団塊ジュニア世代にネトウヨとリッケンカルトが多い謎について考えてゆきます。
リッケンカルトを調べると団塊ジュニア世代に異様に多いのが気になっていた事、ネトウヨとリッケンカルトが70年代生まれの人が異様な多かった事が少し気になっていた内容が多かったのでそれらを併せて考えて行こうと思います。

・何故か団塊ジュニア世代に多いネトウヨとリッケンカルト。

まず、ネトウヨとリッケンカルトは何れも40代が双方とも多く、何れも団塊ジュニア世代が中心の世代だとはっきり判りました。
例えば、田中信一郎は1973年の愛知県生まれだし、木下ちがやは71年の徳島県生まれ。
りっけんナオや後藤圭介も70年代生まれな他、ネトウヨの生みの親と言われる桜井誠も70年代生まれと非常に70年代生まれが非常に共通している傾向が見えます。
無論、山本太郎さんや山尾さん、石垣のりこさん、須藤元気さんなどの良心派もいますが、ネトウヨやリッケンカルトの多くが団塊ジュニア世代に多いのは決して偶然だと言えないでしょう。
更に70年代生まれの中川淳一郎さんがとある本でネトウヨの主力世代が70年代生まれという話も聞いたので確実に何かあるなと考えました。
そういう問題を考えると、ネトウヨとリッケンカルトの主力世代が何れも団塊ジュニア世代なのは何かあるとしか言えないでしょう。

・団塊ジュニア世代の子供時代は管理教育全盛期だった…。

では、団塊ジュニア世代の思考の二極化が特に強いと言われるのは何故なのか考えてゆきましょう。
団塊ジュニア世代の子供時代の教育は管理教育全盛期だった事を考えると間違いなく管理教育に対して非常に熱心な時代だったといえます。
そして田中信一郎は愛知県生まれなので猶更、管理教育の影響を受けている可能性は大きくあるでしょう。
特に愛知県と千葉県は管理教育が際立って激しかったので間違いなく管理教育を受けた世代として非常にこの後遺症が大きく影響しているかと。
そして彼らが学生時代だった80~90年代前半は政治に対して無関心な人が多かった事も相まってそれが深く考えない傾向が生まれ、タコ壺化してゆき、なおかつ管理教育の後遺症で集団で固まる志向が強かったからそれがネトウヨやリッケンカルトの主力世代になっている傾向として非常に大きく現れていたのではないかといえます。
そういう問題から管理教育と思考を深く考えない志向が相まって集団性やイデオロギーの陥る人が非常に増えた影響は避けられないといえます。

・管理教育によって思考停止が招いた要因を考えてみる。

そして私自身が非常に問題視している管理教育ですが、これがいじめの要因になる他、議論の妨げ、権威主義を生み出す要因になっている気がします。
何故なら、管理教育は典型的なスパルタ教育で有り、体育会系の悪い教育の典型例だといえます。
更に管理教育で育った子供は大人になって非常に強烈な権威主義を発する事が非常に多くみられ、人によっては鬱憤晴らしの為に非行やいじめに走る人が非常に多くいるのは大体、考えて良いでしょう。
そして管理教育は教師の意見が絶対になるので議論できない子供を生み出してしまう要因となり、深く考えない故に、あちこちで大きな問題が生み出されるのは非常に容易に想像されます。
そういう部分を併せると団塊ジュニア世代は管理教育の影響で思考が二極化しており、ネトウヨやリッケンカルトに代表されるようなイデオロギーに落ちて議論できない人と山本太郎さんや山尾志桜里さんに代表されるように自分の個人をしっかり出す人に二分化されているといえます。
因みにリッケンカルトは三河武士や徳川を賛美する風潮からもやはり、管理教育推進派のような印象が見受けられます。

・思考を奪う管理教育の負の遺産でネトウヨとリッケンカルトに陥る人が多い。

そしてこれは私が愛知県の岡崎駅で名古屋に行く際に列車のホームに話していたものを基に説明します。
JR岡崎駅のホームで名古屋行くの列車に待っているとベンチのおばさんたちがネトウヨ的な言動を見て非常に寒気しました。
神奈川ではそういう話を聞いていないし、米軍問題でネトウヨ的な話を敬遠する神奈川とは別の世界だなと思ってしまいました。
そしてその後、愛知県を調べると管理教育が盛んな地域だと知り、特に三河地区はそれが強く現れている印象がはっきりしました。
そして、ネットで調べると同じく管理教育が盛んな千葉県でもネトウヨやリッケンカルトに陥る人が非常に多くいるような感じがして米軍に対しては否定的な人だとぞっとする内容で驚愕しました。
そういう問題を考えると管理教育を受けた人がネトウヨやリッケンカルトに陥る人が多いのは決して偶然ではない様な気がして凄く寒気がしました。

・団塊ジュニア世代の思考の二極化がそれを助長している。

故に最後の件で書きますが、特に団塊ジュニア世代が施行の二極化が強い世代はないといえます。
山尾さんや山本太郎さんに触れ、管理教育の問題を知った以上、団塊ジュニア世代は山尾さんや山本太郎さんみたいに個人を前面に出して強い政策を目指す人間とネトウヨやリッケンカルト、木下ちがや、田中信一郎に代表されるイデオロギーや党派性の蛸壺に陥る人がはっきりわかれている傾向が見えます。
そういう問題を考えて、後者の人は自分で考え、脱権威主義的な価値観を持ちながら、山尾さんや山本太郎さんみたいな人になるべきだと思います。
そうすれば、山本太郎さん曰く『70年代生まれ』を救える要因になるから猶更だと思います。
そういう意味からしっかりと考えて行動する事で蛸壺から脱却し、団塊ジュニア世代が良い意味で新しい時代を作れると思います。

まとめ

つまり、団塊ジュニア世代に対して国が放置してきた事が不況や少子化、リッケンカルトやネトウヨを生み出した要因だといえます。
加えて団塊ジュニア世代は教育面でも管理教育の悪影響が強くある事も議論できない体質やイデオロギーに陥る人が多くなった様に思えます。
特に清和会の拠点である愛知県はそれが色濃い事を考えると彼らが団塊ジュニア世代の多くを犠牲にした要因ではないかと思います。
そして山尾さんや山本太郎さんみたいな団塊ジュニア世代が増える事が大事だなとはっきり思いました。

次回

『レジ袋有料化や紙ストローはエコにならない理由。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回はコロナ対策と経済対策両方に反緊縮が必要な理由について説明します。
安倍政権の後手後手ぶりは既に露呈されていますが、枝野執行部、欧米出羽守左派も緊縮財政を進める政策でしか政権批判できないので結果的にコロナ対策後手後手が露呈されております。
そういう問題を考えて、反緊縮こそコロナと経済の両方の対策で有効な件について説明してゆきましょう。

・緊縮派こそコロナと経済対策双方で後手後手になる。

消費税をなくす全国の会 ― 消費税 Q&A
まず、緊縮派やネオリベこそコロナや経済対策の両方で後手後手なのは既に明白です。
これは安倍政権の後手後手ぶりは勿論ですが、立憲等の緊縮派も既に後手後手を意味します。
何故なら、コロナ対策の究極の方法として消費を増やす行動が前提となっており、そこからビタミンCやマスク購入などをしやすい状況が形成されます。
そういう意味で消費税廃止は景気対策だけでなく経済対策の両方で非常に有効な手段といえます。
そういう意味を考えると消費税廃止を拒む人はその時点で対策が後手後手なのは既に明白だといえます。
そして反緊縮の発想をする事で満員電車対策や所要時間低下を生み出す構造も既に解っているのでそういう意味を考えて緊縮財政的な発想ではコロナ対策が後手後手は既に明白だといえるのです。

・今の日本の言論自体がコロナと経済対策の両方で後手後手な理由。

つまり、この言論の延長線で生きますと今の日本の言論自体が政権反政権問わずコロナと経済対策の両方で後手後手は明白です。
今の反安倍の多くは北欧の高福祉高負担(成り立つのは外需国家だけ)に幻想を持っている人が多いですが、既に内需の消費を回す点で高福祉高負担はコロナ対策の失敗を促しているのは明白です。
そして消費税、ガソリン税、自動車税は廃止した方がコロナ、経済の両対策として非常に優れているのは明白だといえます。
そういう意味を考えて、今の日本の言論が消費税を拒み欧米頼みの対策を求めている時点で左右や政権反政権関係なしにコロナ対策が出来ないといえます。

・ドイツや北欧賛美は緊縮財政正当化の口実に過ぎない。

そしてドイツや北欧賛美している人がいますが、これらの国は外需国家という事に着目しなくてはいけません。
逆にフランスや中国、米国、ロシアなどの内需国家は基本的に税金の負担が低い方が高福祉になる場合が多くその時点で既に高福祉高負担は内需を下げている時点で緊縮財政な上、コロナ対策後手後手は明白です。
そしてドイツは長年緊縮財政を進めてきておりメルケルはそれを更に加速させた前科があるのでそういう意味を考えてもドイツや北欧の緊縮財政正当化は非常に論外な話といえます。
実際、フランスや米国では税負担が上がると逆に消費の停滞を起こし低福祉高負担の減少が起きているのでそういう意味を考えると反緊縮や内需拡大の方程式こそコロナ対策拡大に繋がります。

・内需の国では高福祉高負担はあり得ない理由。

つまり、内需の国では高福祉高負担があり得ない理由はやはりGDPの6割が消費によって起きているからです。
裏を返すと、消費税などの間接税や自動車税によって消費が停滞して消費が下がるので必然的に税収が落ち込み、GDPが落ち込むことが非常に明白だといえるからです。
そういう問題を考えると内需の国では基本的に高福祉高負担はあり得ず、ドイツ等の外需の国でも緊縮財政によって福祉が崩壊している減少から見てもやはり内需の国では高福祉高負担はあり得ないといえるでしょう。
故に消費税、ガソリン税、自動車税などを廃止して代わりに所得税、固定資産税、法人税の累進課税を図ればそれだけで消費が上がり必然的にコロナ対策の要因へと繋がるといえます。
そういう問題を考えてコロナ対策として反緊縮は勿論、内需拡大をしなければコロナ対策後手後手といわれて当然だといえるでしょう。

・満員電車対策は1編成あたりの列車を増結すれば大体解決する。

なので満員電車対策としてもやはり1編成あたりの列車を増結すれば大体、解決します。
何故なら、首都圏はとにかく他の地方は6~10両に増結すれば間違いなく混雑緩和や利用者増加を図れる他、転換クロスシートでもそれを維持する事が出来るからです。
そういう問題を考えて満員電車対策として1編成あたりの列車を増結する事と編成を原則統一する事でこの問題は大きく解決するでしょう。
そういう意味を含めて次回からこの問題に着目してゆこうと思います。

まとめ

つまり、コロナ対策が後手後手なのは緊縮財政や外需に依存する姿勢が拡大するのであり、内需を強化すれば必然的にコロナ対策が非常にしやすくなる事は非常に明白だといえるでしょう。
コロナはグローバリゼーションやネオリベによって生み出された事を考えると反緊縮と内需拡大こそコロナと経済対策双方の面で非常に優れているといえるでしょう。

次回

『満員電車対策を考える上での秘策を考察する。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回は東京都知事選、鹿児島県知事選、富山県知事選で野党共闘を強化する意義について説明します。
何故、これらの選挙戦で野党共闘を強化する意味があるかというと安倍に代わる受け皿が必要な事、安倍政権と差をつける為に反緊縮政策が必要だといえるからです。
そういう意味を考えて、これらの選挙で野党共闘が纏まる意義を考えていきましょう。

・地方選で野党共闘する際には反緊縮的な政策が必須。

立川駅北側・新街区「グリーンスプリングス」が来年4月開業へ - 立川 ...
まず、地方選で野党共闘するには反緊縮的な政策が何れも必要だといえます。
何故、この問題を考える必要があるかというと脱原発にしても鉄道を守るにしても緊縮財政的なやり方では守れない、実現できない事が非常に明白なっているからです。
現に米軍基地を全面撤退した後、立川や那覇新都心などはそれを再開発して見事な発展し、反緊縮財政的な思考で栄えた事を忘れてはならないでしょう。
そういう問題を考えても米軍基地撤退後の跡地開発や脱原発ビジョン、更には鉄道を守る政策面でも全て反緊縮的な思考が求められるといえます。
そして運賃問題を考えると東京都知事選ではりんかい線JR化やゆりかもめ都営化は必須な状況な他、鹿児島県知事選では川内原発廃炉と薩摩川内市の後継産業育成などのビジョンが必要となってくるでしょう。
更に富山県知事選では富山地方鉄道や東海北陸道の拡幅などを争点にする必要があるといえます。
そういうビジョンを考えても全て反緊縮的な思想と利用者をより増やす政策が必要だといえるでしょう。

・知事選では反緊縮を訴える候補を前面に出す事で支持が得られる。

そして知事選では反緊縮を訴える候補を前面に出す事で支持が得られます。
新潟県知事選で野党共闘が負けた理由は連合で脱原発のビジョンが示せなかった事、古賀茂明や小泉純一郎などの緊縮ネオリベ的な人が大々的な応援に張った事が敗因だった事をしっかりと示せねばいけません。
加えて、新潟駅~新潟空港をバスで任せるスタンスもまずかったかなと思います。
更に、沖縄県知事選で玉城デニーさん、埼玉県知事選で大野さんがかった理由はやはり反緊縮姿勢をしっかりと出した事が勝因だといえます。
つまり、家計簿的な緊縮財政を前面に出す候補こそ実は野党共闘の首長選敗北を作り出す要因になると言えます。
そういう問題を考えて、やはり左右関係なく反緊縮思考をしっかりとビジョンとして打ち出せる候補を首長選。
特に都道府県知事選では野党共闘候補として出さなければいけないといえるでしょう。
少なくても与野党対決型選挙なら野党共闘は反緊縮ビジョンを示せば勝利の確率が確実に上がるでしょう。

・東京都知事選、鹿児島県知事選、富山県知事選で野党共闘候補は反緊縮の思考を持つ事が大事。

なので、直近の東京都知事選、鹿児島県知事選、富山県知事選などを見てもやはり反緊縮ビジョンを野党共闘が示すことが重要かと思います。
他に公約に関しても『無駄遣いを無くす』より『適切な財政の使い方を強化する』にした方が反緊縮色を出せるといえます。
そういう意味を考えて、直近の3都県知事選ではやはり反緊縮の思考を出すことが非常に大事だといえます。
故に、これらの県知事選では反緊縮を野党共闘全体で訴えて行く必要があるといえます。

・地方選では鉄道や教育の問題をどういうビジョンを出す事も大事。

そしてこれは地方選全体で言えますが、やはり鉄道などの交通インフラ。
教育などの問題をいかにして反緊縮ビジョンを出すことが非常に大事だといえます。
例えば、交通インフラを守る為には単に守るではなく、鉄道を強化する方針をしっかりと示す事、高速道路の拡幅を併せて行う必要があります。
教育の問題では給付型奨学金やオンライン授業拡充、秋センター試験の導入などのビジョンを示すことが大事になります。
そして、農業の補償などについてもしっかりとビジョンを示す事で産業を守る事が出来ます。
そういう意味を考えてもこれらのビジョンや脱原発、米軍基地跡地の開発などを考えても反緊縮ビジョンが何れも重要な状況は明白です。
そういう問題を考えて、緊縮財政を止める事が実は国防になる点をしっかりと考える必要を示す時期が来たといえるでしょう。

まとめ

つまり、首長選。
特に都道府県知事選では重要な争点を出しつつ、反緊縮ビジョンをしっかりと示した方が良い事例がこれから多くなるでしょう。
安倍政権、枝野執行部、欧米出羽守連中みたいな緊縮派こそ地方疲弊や売国政策を進める要因だと考えて当然なので国政、首長選は特に反緊縮ビジョンがこれから必要になって行くでしょう。

次回

『リニモを名古屋市が運営すべき理由を考える。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
※この記事は本来は6月2日に公開予定の記事ですが、早めに公開する必要性があると判断した為、現在、公開中です。

今回はコロナ対策の欧米の異様な対応の遅さとワクチン利権の関連について説明します。
何故、この問題を書くかというとコロナ対策では欧米より韓国やイランの方が明らかに早い印象が目立っていたからです。
そういう問題を考えるとコロナ問題で対処が見つからない裏ではこのワクチン利権が混ざっている可能性があると思いながら考えて行きましょう。

・欧米のコロナ対策の遅さの異様ぶり。

CNN.co.jp : 肥満に関連するがん、ミレニアル世代でリスク急増 米研究
まず、欧米でのコロナ対策の異様な遅さにこちらも違和感ばかり出ました。
何故、こんなに欧米のコロナ対策の遅さが異様なのか私にも判らないからです。
そこで考えて見るとどうやらワクチン利権が絡んでいる様に見えるとしか考えられないからです。
このワクチン利権を考えると間違いなくコロナ対策の後手後手ぶりと見事に関連線画高い都市化思えないからです。
そういう問題を考える際に、欧米のコロナ対策の遅さと異様ぶりの実態が明らかになった以上、やはりワクチン利権以外にコロナ対策の遅さは考えられないと思います。
以下の記事を見れば分かるレベルです。

*************
ドイツの研究者らが、国内の新型コロナウイルス感染者が公式統計の10倍になるとの見解を示しました。
英ガーディアン紙によりますと、ドイツ・ボン大学の研究者らは4日月曜、「新型コロナウイルス感染者の5分の1には特別な症状が見られないことから、国内の感染者数は公式統計の10倍にのぼると考えられる」と発表しました。
この推計では、ドイツ国内でおよそ800万人が新型コロナウイルスに感染しているとされています。
ボン大学の研究者らは、同国で最も多くこのウイルスによる死者が出ている地域のひとつ、西部ノルトライン・ヴ​​ェストファーレン州ハインスベルク郡ガンゲルトの医療センターで行われた調査に基づく彼らの初期研究から、無症状の感染者についての情報が得られたとしています。
ドイツではこれまでに16万6000人以上が新型コロナウイルス感染し、およそ7000人が死亡していますが、4日月曜から行動制限が緩和されており、同国の一部地域では学校も再開されると見られています。
*************
これだけ見てもいかにドイツがかなりの死亡者を出している上、感染者も死者も多い事を考えるとドイツの隠蔽具合とワクチン利権の絡み合いが非常に垣間見えるといえます。

・対応の遅さからしてワクチン利権が関与している話が目立つ。

そういう問題を考えると対応の遅さからしてワクチン利権の関与が非常に目立つ話は間違いないでしょう。
欧米での対処の遅さはやはりワクチン関連以外にコロナ対策を進める以外にあり得ないからです。
そしてワクチンのヤバさが明らかになった以上、更にこの利権の巣くう連中がこの利権に関連している以上、やはり欧米の対処の遅さはワクチン利権以外にコロナ対策を進める計画以外にあり得ないと読んで良いでしょう。
そういう意味を考えて、欧米でのコロナ対策の遅さはワクチン絡み以外にないと筆者は見ています。
出なければ欧米の多数の死者と感染者の多さはあり得ないからです。

・すでに治療方法はビタミンC、アビガン、二酸化塩素などが発見されていている。

静岡のみかんスルガエレガント(甘夏) | お礼品詳細 | ふるさと納税なら ...
そしてコロナ対策の治療方法は既に多く見つかっています。
何故なら、コロナ対策の治療方法はあちこちで見つかっている以上、既に不治の病ではないからです。
代表的なものといえば、言うまでもなくビタミンC。
非常に安価で簡単に取れる物からコロナ対策として非常に有効です。
ですから蜜柑や苺などのビタミンCが強い果物を摂取する事で非常に良いコロナ対策が進められるといって良いでしょう。

次にアビガンや二酸化塩素、ダイエットです。
アビガンなどは詳細を割愛しますが、ダイエットする事でコロナ対策が成功する理由は肥満によって腹膜をやられやすい構造からやせる事で腹膜を強化し、コロナ対策の抑止が出来るからです。
そういう問題を考えてもダイエットは非常に有効でしょう。
それらの問題を考えてもコロナ対策は既に見つかっており、ワクチンが出てきてから出は遅く、そのワクチンも非常に良くないものだと確信しているのでそういう問題を考えて、ビタミンCやダイエットを心がける必要があるといえます。

・ネトウヨ、ゲルサヨ(欧米出羽守含む)、リッケンカルトは皆、ワクチン利権の仲間か。

そしてワクチン利権は日本にもいます。
それらを書くと非常に分かりやすいと思いますが、安倍政権、枝野執行部とその支持者であるネトウヨやリッケンカルトは勿論、その利権の当事者でしょう。
そしてゲルサヨ(『ドイツ賛美サヨク』の略)や欧米出羽守も欧米のワクチン利権の関連がある事を考えると日本の主力言論がワクチン利権の関連が非常に強いと考えて良いといえます。
それらの問題からこれらの勢力はダイエットやビタミンCなどの件について非常に言及せず、ワクチンでコロナ対策しようとする意図が見え見えです。
そういう問題を考えると、これらの勢力は方向性は違えど、ワクチン利権にもって行こうとする連中で非常に分かりやすいといえます。

・ワクチンを待っていては遅い。今すぐに自粛をやめよう。

なので、コロナ対策を考えるとワクチンを待っていては手遅れです。
今にでも自粛をやめた方が良いでしょう。
実際、書くと自粛が逆にコロナ感染拡大の要因になっている事がスウェーデンの縁でもばれています。
そういう問題を考えて、自粛を待ってから出は遅いのでそういう問題から自粛をやめて、ビタミンC摂取や日光浴、ダイエットなどしてコロナ対策を励んだ方が良いでしょう。

まとめ

つまり、ワクチン利権を考えれば間違いなくコロナ対策でワクチンありきで考えている連中が非常に厄介といえます。
日本の主力言論は反米保守以外は全てワクチン利権派が多数を占めており、そういう意味でもワクチンは危険だし、待っていてはコロナ対処が手遅れになります。
そういう問題を考えてワクチンに依存しないコロナ対策が必須だといえるでしょう。

次回

『高速道路での野菜直売所を工夫してコロナ対策を実行しよう。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
※この記事は本来なら6月1日に公開予定ですが、いきなり発表する必要性から現在公開しています。

今回は欧米コンプレックスが社会に悪影響を及ぼす事実について説明します。
何故、この問題を書くかというと欧米に媚びる事で今回のコロナ問題みたいに対策を遅らせる行動を取らせる事が明白だからです。
それらの問題を併せて欧米コンプレックスの悪影響について考えてゆきます。

・欧米コンプレックスは欧米の後追い行動に出るので周回遅れの社会になる。

新型コロナ特別紙面 COVID-19 DV、外出制限で急増 欧州3 ...
まず、欧米コンプレックスは自分達で思考を考えず、そのコンプレックスから欧米の模倣路線になってゆきます。
そして模倣路線は後追い行動しか出なくなるので結果的に周回遅れの社会になるのは明白でしょう。
そういう問題を考えて、欧米コンプレックスから来る欧米の後追い行動は当然ながら周回遅れの行動が非常に目立ってくるといえます。
そのような問題を考えるとここでも対欧米属国を目指すようなものだとはっきり判るでしょう。

・中国やロシアが先進的な場合、その先進性を拒否する可能性がある。

あの「プーチンカレンダー」、日本で人気なのはなぜ? 真の姿を知ら ...
仮に欧米と敵対しているロシアや中国が先進的な場合、その先進性を拒否する危険性も欧米コンプレックスや欧米模倣主義からははっきりとみられるでしょう。
古今は特に露中イランが先進国で欧米が衰退途上国は明白なのに、衰退途上国の欧米ばかり見る事で悪い結果しか出ないのは明白です。
そして露中イランの方が先進的な場合が多く、欧米の方が後進的な事が増えています。
そういう社会では欧米の後追い故に、欧米コンプレックスを意識すると後進国になるのは明白です。
対米自立派も本物と偽物が混ざっており、偽物は欧州を持ち上げる傾向がある事からアメリカや欧州の模倣主義がいかに危険なのかははっきりするでしょう。
そもそも、欧米見習えを連呼するのは植民地民の思考です。
主権国家なら自分達で考えて欧米に依存しない社会構成が必須でしょう。

・ネトウヨ、欧米出羽守、リッケンカルト、安倍政権、枝野執行部は何れもワクチン推進派。

そして欧米のコロナ対策の遅れは言うまでもなくワクチン利権と関連しています。
何故なら、遅れて被害が拡大する事で人々が冷静さを失いワクチン推進を欲するからです。
そういう問題を考えて、欧米のコロナ対策はワクチンが前提で進んでいる可能性があるといえます。
そのような問題からやはり欧米賛美はワクチン利権組と被ります。
現安倍政権や枝野執行部は勿論、欧米のワクチン利権から金をもらっているし、それを支持するネトウヨ、リッケンカルトは当然推進派。
ドイツ賛美や欧米賛美するゲルサヨ、欧米出羽守は当然ながら、ワクチン利権推進派といっても良いでしょう。
欧米のワクチン利権推進派の行動を見るとワクチン利権でコロナ対策ありき故に非常に危険な臭いがするでしょう。
故に、欧米賛美はここでも危険といえます。

・ワクチンでは対処できない上で、手遅れ。ビタミンCやアビガン投与が非常に優先的といえる。

そしてワクチン利権を利用する事で長引く上、ワクチンは非常に危険な代物なので手遅れになります。
そういう問題を含めて欧米賛美はやめた方が良いでしょう。
そしてビタミンCやアビガンなどが非常にコロナ対策が進んでいる状況がはっきりしてきているのでそういう問題を考えても特にビタミンCの投与を優先的に行う事でコロナ対策ははっきり出来るといえます。
ワクチンは危険な上、そこまで待つとコロナ対策は手遅れになるでしょう。
その意味でも欧米のコロナ対策はワクチン利権と関連しているのです。

まとめ

故に欧米コンプレックスの問題を暴くとやはり欧米コンプレックスこそワクチン利権と非常に関連している事が明白だといえます。
欧米賛美はコロナ対策の後手後手ぶりが明らかになった以上、反欧米的な政策をここから考えて行く事でコロナ対策や経済対策などの正確性は明らかになるでしょう。

次回

『コロナ問題でワクチンまで時間稼ぎしたい連中の悪行。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
※この記事は本来は5月31日に公開する予定でしたが、緊急性が高い記事の為、現在公開しています。

今回は9月入学による悪影響について説明したいと思います。
この問題が出ている事には遅くなる恐れがあるかもしれない。
けど、しっかりと書いてこの問題をしっかりと説明する意義があると思います。
これらの問題についてしっかりと議論して9月入学の問題と12月入学、4月入学の件についてもしっかりと述べてゆきたいと思います。

・9月入学だと災害や熱中症の多い真夏にセンター試験を受ける事になる。

西日本豪雨の教訓 | 日経クロステック(xTECH)
まず、9月入学だと災害や熱中症が多い真夏のセンター試験で受ける危険性が高まります。
何故なら、9月入学だとセンター試験は大体7月前後に行われるといって考えた方が良いでしょう。
そうなると、7月は豪雨、台風、酷暑等を考えるととてもセンター試験に向いている環境とは思えないのが実情です。
そしてその時期は頭の考えなどが鈍る傾向があるので当然ながら合格率が低くなります。
そのような問題を考える際には、真夏のセンター試験などで影響を及ぼす6~10月入学は避けた方が良いでしょう。

・春夏秋冬のセンター試験合格率が最も低いのは夏。

そして四季の中でセンター試験合格率が最も低いのは夏場です。
上記の件でもそうですが夏場は気温の関係で頭が鈍ります。
加えて、夏場は熱中症、豪雨被害でも疫病のはやりやすさを考えるととても受験向けとは思えません。
そういう意味を考えてもまずは式での合格率を順に見ておいた方が良いでしょう。
6月~10月入学反対の背景には夏入学や夏試験で子供たちの影響が大きく来る事、センター試験の合格率の低さがやはり上げられます。

・逆に高いのは秋。

では、逆に高いのはいうまでもなく秋です。
秋センター試験には災害などの影響が受けにくく、スポーツ推薦や勉強に力が入りやすい季節だと考えているからです。
時期にて気にセンター試験に相応しいのは10月前後といえます。
その時期に受験をすれば間違いなく合格率が高いことを考える事でやはり10月か11月にセンター試験がやりやすい範囲が非常に良いといえるでしょう。
その面からしても夏は絶対に避けた方が良いでしょう。

・4月は大雪だが、9月は災害の問題がある。

そして様々なリスクを考えると4月はインフルエンザや大雪、9月は酷暑、豪雨、台風、疫病などが流行る観点を考えると、やはり秋試験が出来る12月か1月入学に最終的に絞った方が良いでしょう。
そうする事で、今まで体調や災害などで苦しんだ人を12月入学にする事で秋のセンター試験を受けられる利点があり、他にもオリエンテーションでのスキー実習ができるなどの利点があるのでそういう問題を含めて12月か1月が良いでしょう。
4月や9月より12月や1月の方が良い教育が出来るでしょう。

・総合的な問題を考えたら12月入学が一番理想な形態といえる。

故に総合的な問題を考えれば12月入学が一番りそうな形態といえます。
その問題を考えると9月入学は非常に危険なものだといえます。
12月の場合は年末入学なので受験生を年末年始の忙しさを軽減する上でも非常に良い形態だと思います。
そのような問題を考えるとやはり進路を年末年始で考えずに済む事もやはり12月が一番理想といえるでしょう。
という問題を考えて現行でも良い派と12月入学推進派は9月入学反対の意気込みで、9月入学を阻止した方が良いでしょう。

・変えても11月~5月が限度。6~10月入学は危険。

受験生の安全を考えて、6~10月入学はやめた方が良いでしょう。
特に日本の夏は暑いといわれている以上、受験生の命を考えると真夏受験の危険性は既に指摘されており、台風の問題を考えると秋入学は非常に危ない制度といって良いでしょう。
そういう問題を考えても11月~5月の範囲内で変えるならまだしも6~10月では危険だという事を考えた方が良いと思います。

まとめ

つまり9月入学の危険性は既に指摘されていた通りです。
受験生の命や安全を考えると非常に容認できないもので有り、これを容認したら飛んでもない事になります。
そういう問題を考えると夏の年度切り替えは避け、変えても12月か1月あたりに変えた方が受験生の命を考えているといっても良いでしょう。
といってもずらすより先はオンライン授業と給付型奨学金拡充、4月と12月の2回入学制を容認した方が良いでしょう。

次回

『欧米コンプレックスが社会に悪影響を及ぼす事を考える。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回はコロナだからこそ交通インフラ従事者と医療従事者に給料を割り増しする必要性について説明します。
何故、この問題を考えるっかというとやはりコロナ問題だからこそ、給料を割り増しにして感染した場合の休業補償になるからです。
そういう問題を考えて、やはり、コロナだからこそ給料を割り増しについて考えてゆきましょう。

新型コロナの重症化リスク、肥満要因が鮮明に(猪瀬聖) - 個人 - Yahoo ...

・一律10万円より医療従事者や交通インフラ従事者には2倍以上の給料が必要。

まず、一律10万円より医療従事者や交通インフラ従事者には2倍以上の給料引上げが非常に大事になります。
何故なら、こういう緊急時には交通インフラ整備をしっかりした方が良い場合が多い上、医療従事者の感染リスクを考えるとやはり給料を大幅に割り増しした方が感染症対策になるからです。
特に医者の人手不足問題は医療従事者の給料引上げによって逆に問題を解決できる他、労働環境の改善に繋がるから猶更、医療従事者の給料引上げは非常に大事になると言えます。
感染症従事者には3倍、小児科と産婦人科、外科には2・5倍以上の給料引上げもした方が意外と効果あるでしょう。
又、交通インフラ従事者にもインフラ拡張には2倍、高速道路や鉄道整備には2・5倍以上の給料を引き上げた方が物資輸送問題を考えても非常に合理的であり、それで残業が却って減る事が証明されるから猶更です。
ですから医療と交通インフラの従事者には給料を大幅に引き上げてして人手不足を解消させる方が非常に理想といえます。

・交通インフラ強化は実はコロナ対策になる。

そして交通インフラ強化はコロナ対策になります。
何故なら、鉄道路線の複線電化や高速道路の4車線化によって所要時間の短縮やトラックドライバーの人で人手解消解消などに力を入れやすくなる事が証明されているからです。
特にJR在来線は基本的に貨物が運営する事でそれを寄り強化しやすく大都市依存を避ける上でも非常に需要な経路となり、コロナの迅速な対応が非常に出来る事が証明されています。
ですから医療と交通インフラに従事する人は給料を大幅に引き上げた方が良いのはその為だといえます。

・最も休業補償は接客業やサービス業等とかに必要。

最後に休業補償に関してはやはり飲食店や接客業を中心にやった方が良いでしょう。
何故なら、交通インフラや医療は給料引上げすればコロナ対策は非常に万全の状態になるからです。
しかし、接客業やサービス業は非常に難しい状況からやはり休業補償をしっかりと向上させた方が良いのはその為です。
そういう問題を考える上でも、給料を割り増しにした上で給料を大幅に強化した方が良いといえます。

まとめ

つまり、新型コロナは医療と交通インフラ系の従事者には給料引上げ、サービス業などは休業補償を併せた方が非常に良い効率を生み出すでしょう。
小林よしのりさんも医療従事者の給料引上げによる効果を生みだす事を考えると意外と給料引上げと残業低下は非常にリンクして良い結果を生み出せるといえます。

次回

『貨物のインフラ強化は国策で行うべき理由。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回はコロナ対策の方法についてしっかりと考えてゆきたいと思います。
何故、この問題を書くかというとやはり欧米賛美や安倍政権、枝野執行部のコロナ対策が非常に良くない事がはっきりとわかったからです。
それらを基に真のコロナ対策を考えてゆきましょう。

・ワクチンはコロナ対策にならない。

まず、ワクチンはコロナ対策になりません。
何故なら、ワクチンは有害な副作用が多くある他、免疫力低下を誘発する要因が非常に多く散見されており、それがワクチンがコロナ対策にならない理由です。
そして欧米の医療ではワクチンで依存して対処するから遅れてコロナの死者を非常に多く広げる要因がここでもはっきりしていると考えられます。
そういう問題を考えて、ワクチンはコロナ対策にならない上、逆に副作用で感染悪化を誘発させる要因がここでも明らかかと思います。

・コロナ対策にはビタミンCを多く摂取する事が大事。

するが甘夏の紹介
そしてコロナ対策にはビタミンCを多く摂取する事が大事だといえます。
何故なら、ビタミンCはあらゆるウィルスを低下させる要因になる他、手軽で非常に良い病気対策になる事が明らかになっているからです。
そういう問題を含めてコロナ対策はビタミンCの大量摂取する事が非常に大事だなのは明白だといえます。
そういう問題を考えるとキウイ、檸檬、蜜柑、苺などの果物を取る事が推奨されるのは当然といえます。
そして緑茶や日本茶を飲む事、手を洗う事が非常に大事だといえます。
そういう問題を考えるとコロナ対策にはビタミンCが多い果物を摂取する事が大事だといえます。

・肥満が増えるとコロナで重症化しやすいのでダイエット必須。

なるほどアメリカ人が太る理由はこれか」と納得してしまう写真いろいろ ...
次にコロナの問題を書くと間違いなく肥満が関連しています。
外出自粛しているから食事制限しないでいると肥満が増えて、それがコロナの感染要因になってきます。
そういう問題を考えると肥満がコロナを悪化させ、住所かしやすい状況を生み出すことが非常に容易に考えられます。
そういう問題から間違いなくダイエットを併せて行った方が良いでしょう。
寧ろ、個人的な対策として外出自粛よりダイエット、満員電車を緩和させる、米軍基地には近寄らないの条件を満たせば良いかと思います。
だからこそ、やせることでコロナ対策を進める事が大いに可能だといえます。

・飲み物を温かい飲み物に変える。

そして飲み物にも非常に変えた方が良いでしょう。
個人的にはコロナ問題を考えるとやはり飲み物は温かい飲み物に変えた方が非常に良いといえます。
何故なら、コロナは56度以上の温度に触れると非常に行動が弱くなる傾向が非常に多く出ている状況が明らかになっているからです。
そして温かい飲み物は胃の調子を良くしてくれるので必然的に免疫力を高める事が可能になります。
そういう問題を考えるとやはり温かい飲み物をしっかりとった方が良いでしょう。

・コロナ対策を成功させるには免疫力を高める事。

最後にコロナ対策の総合的な要因としてやはり免疫力を高める事が良いでしょう。
これらを考えると肥満にならない、胃腸を悪くさせない、体を冷やさない、ビタミンCを多く摂る(但し、サプリメントはダメ)事が非常に求められます。
これらを守らないと逆に免疫力が低下して間違いなくコロナにかかりやすくなるのは当然だといえるでしょう。
なのでコロナ問題を考えるとやはりこれらの条件が非常に必須となります。

まとめ

やはりコロナ問題を考えると以上の様子をしっかりと整えさせる事が非常に大事になります。
やはり総合的には免疫力を上げる事が非常に大事だといえます。
それを怠れば間違いなく肥満の急増に繋がるでしょう。
肥満にならない事、免疫力を高めることでコロナは次第に落ち着くと思います。

次回

『名鉄三河線と蒲郡線の在り方を考える。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回は欧米でのコロナの死因と製薬会社利権の闇について説明してゆきます。
何故、欧米のコロナ感染の死者が多いのか考えると製薬会社の利権が絡んでいるとすら感じてきます。
この問題を考えながらWHOや製薬会社、コロナ死者の関連の問題についてしっかりと説明したいと思います。

・欧米の医療崩壊はグローバリゼーションが生み出した産物。

まず、欧米の医療崩壊とグローバリゼーションは非常に密接しています。
何故なら、欧米。
特にEU加盟国は世界で最もグローバリゼーションが進んだ国であり、それによって医療崩壊を起こした国である事は疑いの余地がありません。
そういう問題を考えて、欧米の医療崩壊とグローバリゼーション、欧米利権はコロナの悪の三機軸として容認されてもおかしくないといえます。
そういう問題を考えて、欧米の医療崩壊の要因はグローバリゼーションによるグローバル企業によって起こされたものだと実感しています。

・製薬会社とWHOの関係。

悲報】WHOテドロスさん「アメリカが拠出金停止したから他国で ...
そして製薬会社とWHOの関係も決して見逃してはいけません。
何故なら、シャンティ・フーラの以下のリンクサイトをご覧になればWHOと製薬会社の関連が非常に大きく密接しているからです。



以上の件を見れば、WHOがいかにわざと遅らせたのか。
そしてWHOの行動がいかに製薬会社との癒着が関わっているのかはっきりしてきます。
そして製薬会社とWHOの連携で安い薬や手軽な治療をわざと報じないメディアによってコロナ感染が更に広がるのは明白です。
そしてビタミンCやダイエットや筋トレというコロナ対策を放棄することでいかにWHOの行動が非常にあくどくて製薬会社の利権の為なら何でもやるのが非常に深い線が見えてきたといえるでしょう。
そういう問題を考えるとWHOの闇がしっかりと見える気がします。

・欧米ではコロナの処方と肥満の多さで重症化している人が多い。

国土だけでなく身体もデカい!アメリカの肥満事情 | WhyNot!?国際交流 ...
そして欧米ではコロナの処方と肥満の多さで重症化し、死亡する人が非常に多いです。
同時に欧州でのコロナの死者は肥満と難民という言葉があり、どちらも貧困に関わる状況が出てきている情報が沢山出てきています。
そういう問題を考えるとコロナの処方と肥満の多さによってコロナ感染が悪化している状況を考えるとダイエットとビタミンCを多く摂取する事が非常に大事な状況だと理解して良いでしょう。
そういう問題を考えて、欧米でのコロナの問題は肥満の多さは関連しているとされます。
同時にインフルエンザとして集計していた疑惑から明らかにコロナ対処が失敗していた状況がここでも明らかです。
そういう問題を考えてもインフルエンザ用の処方薬で対処していたから間違いなくコロナ重症化が増えて死亡者が大きく増えた事を考えると欧米の一連の対処が良くなかったとはっきり言えるでしょう。

・欧米の闇を知る事が非常に大事なご時世。

故にこういうコロナ問題で騒がれているからこそ、欧米の闇を知り、脱欧米をしっかりと進めることでコロナ対策をしっかりさせる事が出来ます。
つまり、欧米の反面教師をしっかりと行う必要があり、欧米を見習えでなく反面教師によって大きな問題を解決できる要因が出て来ると思います。
それらの問題を考えて、欧米でのコロナの死因をしっかりと反面教師にして抑止してゆけば良いでしょう。

まとめ

つまり、欧米でのコロナの死因と製薬会社の関連は非常に密接えであり、欧米を美化する事でコロナ対策が非常に後手後手な状況が来ているのは明白といえます。
そして製薬会社利権と肥満などの関連を見ることで欧米ではできないコロナ対策をしっかりさせる必要があるでしょう。

次回

『コロナ対策をしっかりと考える。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回は立憲民主党の高井議員言葉を基に約10億円で月6000万枚のマスク増産を参考にするべき理由について説明します。
これを参考にする事で『アベノマスク』や『欧米参考路線』を脱却する必要がありそうです。
コロナ対策は欧米を美化する行為は既に通用しない状況が来ているのでそれらを併せても考えた方が良いといえます。

・アイリスオーヤマが『約10億円で月6000万枚のマスク増産が出来る』真意。

アイリスオーヤマ株式会社 | IRISOHYAMA Inc.
まず、アイリスオーヤマが凄い試算を出してきました。
アイリスオーヤマの試算によると約10億円で月6000万枚のマスク増産が出来る試算を見てました。
つまり、そういう問題を考えると約10億円で月6000万枚のマスクを増産出来るしさんがあれば、いかに簡単にマスクが増産出来る事が分かります。
そして1枚にすると約17円で作れる落ちが見えます。
しかもそれは不織布(サージカル)マスクなのでいかに安く事が分かります。
そういう問題を考えると安倍政権と枝野執行部はそういう事が予測立てられない事が非常に明白です。
つまり、そういう経済音痴ぶりが安倍政権と枝野執行部は明白だといえるでしょう。

・これが事実なら『アベノマスク』は不要。

つまり、1枚約17円の試算なら『アベノマスク』は非常に不要な状況が見えます。
こういう施策を立てられる事で大きな変化があるといえます。
逆に言えばアベノマスクは非常に無駄遣いといわれて当然なのです。
だから安倍政権が批判される理由がそこにありますが、枝野執行部も負けじと酷い政策が見えます。
そしてリッケンカルト達がドイツが外国の感染者受け入れで医療崩壊する事を無視しているあたり、つまり欧米の賛美によって非常におかしくなっているのは確かです。
そういう問題を考えて真水効果をしっかりと考えた方が良いでしょう。

・そして予算の使い方次第で参考になれる。

そして安倍政権やメルケルの失敗を考えると予算や医療支援の問題はおのずと見えてきます。
予算を見たてることをうまくする事で低コストで非常に迅速な動きが出るのは明白だし、医療支援だって最新機器を使わず、ロシアみたいに外におくりだし人員を送り出すことで簡単に感染症対策などが出来ます。
そういう問題を考えると今の日本の主力言論人は政権に忖度や政権批判以前の問題に欧米に忖度する言論が非常に目立っておりこれが出版不況と非常に密接に関係しています。
そういう問題を考えると予算の影響は非常に大きいでしょう。
因みに明石市でも泉市長が予算をうまく使ったお陰でそこまでかからない予算で子育て世代に人気のある街になった事を考えるといかに予算を莫大にかければ良いという考えは非常に良くない傾向がみられるといって良いでしょう。

・事業規模より真水効果を重視すべき理由。

そして事業規模より真水効果を重視すべき理由は言うまでもなく実利を優先する結果がそこにあるからです。
山本太郎さんの以下の動画は非常に参考になるのでしっかりとご覧になった方が良いでしょう。



この記事を見ればいかに真水効果が政府と立憲案で非常に少ないのがわかります。
つまり、アベノマスクは勿論、枝野執行部の経済効果も欧米を依存する効果しかなく正に売国奴同士の連中で安倍と枝野は世界から相手にされない政治家になるのは当然だといえます。
そしてこの真水効果を見ると日本を批判して欧米を持ち上げる人も真水効果を無視して売国奴なのは見えてきます。

・欧米参考も真水効果はあまり良くない。

何故、欧米参考があまり良くないかというとコロナ対策を見ても欧米各国の政策は非常に評価できない状況が明白となっているからです。
イタリアは勿論、アメリカやフランスも真水効果を上げられない事がはっきりしており、欧米なら何でも正しい思考が非常に真水効果を薄める効果を発揮させている事が発揮します。
つまり、安倍政権、枝野執行部、欧米出羽守連中が売国奴でグローバリストという共通点は正に格差歓迎に連中で国民の生活を無視する連中だといって良いでしょう。
そういう意味を考えて、真水効果を考えられない連中が左右似非反米に多くあ当然だといえます。

・真水効果を考えてこそコロナ対策になる。

なのでコロナ対策はロシアやイランなどの真水効果を考える国こそコロナ対策の参考になり、コロナ対策には真水対策しかないといえます。
同時にグローバリゼーションこそがコロナ感染拡大を非常に大きく広げた要因であり、WHOやEU、国連が後手後手なので彼らが本気で対策をする気がないからです。
つまり欧米に忖度する行為こそ、コロナ対策しませんといっているようなもので有り、脱欧米志向を考えてこそコロナ対策は明らかになると言えます。
そういう問題を考えて欧米賛美連中の罪は重いでしょう。

まとめ

なのでこれらの問題を考えるとグローバリゼーションとコロナ感染拡大は非常に密接で有り、安倍政権でも枝野執行部でも欧米出羽守インテリも結局はグローバリゼーション信仰しているから真水対策が練られない事は明白です。
これらの言論は世界からは何れも相手にされません。
やはり欧米やグローバリゼーションと戦ったロシアやイランを参考にする事が非常にコロナ対策になるでしょう。
次回から真水効果を考えて鉄道強化について考えてゆきます。

次回

『真水効果を考えて三重の鉄道を強化させる必要性。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回はコロナ対策の医療支援で差が現れたドイツとロシアの差を考察してゆきます。
コロナ対策の問題を見るとロシアの外に送る支援の方法とドイツみたいに内に受け入れる方法が出ましたが、ロシアとドイツの差について説明したいと思います。

・ロシアとドイツの方法の差を考察する。

イラン、ロシア、トルコがシリア内戦で協議 溝埋まらず 写真3枚 国際 ...
ではまず、ロシアとドイツの医療の海外支援について説明したいと思います。
ロシアとドイツは共にコロナ支援をしていましたが、ドイツは内に送る方法に対し、ロシアは外に送る方法ではっきりと二分しました。
人によって判断の違いについて考える必要がありますが、自分でコロナ対策を考えるとロシアの方が間違いなく1枚上だと考えています。
なぜか…、
それは感染症の問題を考えると内に入れる行為は自国に感染症を受け入れるのと同じ意義になってしまうと考えているからです。
ですから感染症患者を治療する際にはまずは外に送る方法を重点に置いてコロナ治療をした方が良いでしょう。
そうすることでコロナ問題はおのずと見えてきており、ロシアの方がコロナ感染を抑止可能になり、ドイツは医療崩壊を起こすシミュレーションが想定できる要因だといえます。
この意味でも感染症の海外の支援方法はロシアの方が正解といえます。

・ドイツの内に受け入れて治療は医療崩壊を招く。

EU加盟国同士の戦争はありえる」、欧州人3割が回答 | ワールド | 最新 ...
では何故、ドイツみたいに内に受け入れて治療する行為は医療崩壊を招くのか?
それはドイツみたいに内に受け入れる行為は感染症を自国にもって来るだけでなく、医者が感染する危険性が非常に高い状況があると推測されるからです。
そういう問題を考えると内に受け入れる行為は正に感染症ではやってはいけない行為であり、それをする事で本来は広がらなかった感染症が拡がる危険性があると見ています。
そういう問題を考えるとドイツの内に受け入れての治療は医療崩壊を招くのでしっかりと考えた方が良いでしょう。
だからロシアみたいに外に送り出して治療する方が内に返す時の対策をしっかりと練られるのでコロナ対策を容易に進める事が可能だといえるでしょう。

・ロシアとドイツの差が外交の差に現れる。

そういう問題から見てもロシアとドイツでは見事に外交の差が現れているといって良いでしょう。
ロシアの方が外交力が優れており、プーチン総統の外交力は欧米の指導者が束になっても勝てないレベルの強力な外交力を持っています。
そういう問題を考えるとロシアとドイツは外交の差が現れるのは当然であり、それが見事に欧米の凋落と合わさっても分かる事でしょう。
そして情報を制する事をロシアの指導者の方がたけており、ドイツは内で固める家康志向に対し、ロシアは個で連帯する信長志向から見てもロシアの方が優れているといっても良いでしょう。

・『西側先進国ではしっかりしている』という概念を捨ててロシアやイランをメインにした方が良い。

そして『西側先進国ならしっかりしている』という概念を捨てない限りコロナ対策ははっきり言って不可能だといえます。
そういう問題を考えるとロシアやイランなどの反米国家こそコロナ対策を重点的に成功した国であり、グローバリゼーションという問題もコロナと関連してゆきます。
ですからコロナ問題はグローバリゼーションの否定の面も非常に関連しており、コロナとグローバリゼーションとの関係は非常に多くの関係があるのでそういう問題を考えた際に、グローバリゼーションとコロナの関係は非常に考えても良いでしょう。
そういう問題を考えて、グローバリゼーションとコロナの関連をしっかりと考えて行くとおのずと対策が見えて来るでしょう。

まとめ

ですからコロナ対策の問題を考えるとコロナ対策で医療支援の差が現れたドイツとロシアですが、コロナ対策が成功したのは言うまでもなくロシアやイランの方であり、コロナ対策をしっかりさせるには真の主権国家、反グローバル、脱欧米の3つが必要となるでしょう。
つまり、いずれもが欧米の依存している限りではコロナ対策は到底無理であり、欧米と距離を置く事こそコロナ対策になると言えるでしょう。

次回

『約10億円で月6000万枚のマスク増産を参考にするべき理由。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回は欧米の反面教師の重要性について説明します。
何故なら、欧米でのコロナ感染が広がった理由と欧米のやり方自体がさんざ真名問題が出ている状況だと感じたのでその件について説明したいと思います。

・欧米でコロナが拡がった理由は難民と肥満。

米国の新型コロナ犠牲者急増は、国民病も一因?(猪瀬聖) - 個人 ...
まず、欧米でコロナが広がった要因としてやはり難病と肥満が関連あるといえます。
何故なら、肥満は免疫力が非常に低下する危険性があり、更にそれが原因でコロナが拡がった要因が大きく関連しているといえます。
そして数々のニュースを見るとコロナとの関連に難民との関連があるのでそれも掲載しておきます。

************
新型コロナウイルス危機で苦しむフランスで、移民が大半を占める貧困地域の方が、富裕層が居住する地区に比べ、ウイルス感染での死亡者数がはるかに多いことが明らかになりました。
ユーロニュースによりますと、フランス・パリ北部近郊のセーヌ・サン・ドニ県は長年にわたり、同国の貧困や階層間対立を抱える代表地区とされ、現在も国内で最も多くの新型コロナウイルスによる死亡者を出しています。
フランス保健省のジェローム・サロモン保健総局長は、先月末の時点で同地区における感染者の死亡率を63%、同時期のパリ市内の死亡率は32%と発表しています。
フランス当局は死亡率のばらつきが存在することについて、理由の1つにフランスの貧困地域周辺の保健医療レベルが低いことが指摘できるとしています。
専門的な観点から分析したその他の要因に、セーヌ・サン・ドニ県の住民の多くが、テレワークが可能な職種ではなく、現場への出勤が必要とされる職人であることがあげられています。
こうした中、フランス全域の市民のうちおよそ40%が在宅勤務を行っています。
フランスではこれまでに、12万4000人以上が新型コロナウイルスに感染しており、死亡者は1万3197人に上ります。
************
つまり、この面を見た方が良い事を考えると貧困者と移民の要因が深く見受けられます。
その面を考えるとやはり欧米のコロナ感染拡大と難民の関連は非常に多く合って当然といえるでしょう。
次に肥満の問題を考えるとここでも明らかにコロナ関連が見受けられます。

************
【ロンドン=沢田千秋】新型コロナウイルス感染のため集中治療室(ICU)にいるジョンソン英首相について、英政府は九日、「回復を続けている」と発表した。
 英メディアは、ジョンソン氏の「肥満」を引き合いに、重症化のリスクに警鐘を鳴らしている。
 スナク財務相は八日の定例会見で、「(ジョンソン氏は)ベッドで体を起こし、医療チームと積極的に触れ合っている」と紹介。
 その上で「この病がいかに無差別かを思い知らされた。この恐ろしいウイルスに国境や地位、居場所は関係ない」と強調した。
 ジョンソン氏が十日間の隔離生活の後、ICUに移ったのは今月六日。同様に感染した英王室のチャールズ皇太子やハンコック保健相はすでに公務に復帰しており、英メディアは首相の重症化と「ぽっちゃり体形」の因果関係を指摘する。
 二〇一八年末の雑誌インタビューによると、ジョンソン氏は身長一七五センチ、体重約一〇五キロ。体格指数(BMI)は三十四で「肥満」に分類されていた。
 英国(スコットランドを除く)のICUデータベース(ICNARC)によると、ICUの新型コロナウイルス患者約二千二百人のうち、過体重と肥満に属するBMI二十五以上は、73・4%。
 新型コロナ以外の肺炎患者の場合は同じ比率が60・5%で、新型コロナは太り気味の人を重症化させやすい傾向という。
 英紙タイムズは「肥満が心臓や肺に負荷をかけ、肺炎になった時、対処が困難になる」と推測。英紙デーリー・テレグラフは「肥満は心臓病など他の疾患がある場合が多く、コロナウイルスにつけ込まれやすい」とした。
************
これだけを見ると肥満と貧困と難民の関連が非常に多いと感じ、それらを見ても非常にコロナ問題は肥満と難民、貧困が非常に密接しているといって良いでしょう。
そういう問題を考えても欧米でコロナが非常に裕がtぅた理由が非常に多く関連しているといえます。

・安倍政権も枝野執行部も欧米出羽守も欧米の反面教師力が欠落している。

そして安倍政権と枝野執行部も欧米出羽守もコロナ対策が出来ない理由は欧米の反面教師を行う実行力が欠落しているからです。
コロナ関連の問題を見ると欧米の反面教師こそ対策になるにも関わらず、上記の3勢力は自分達や欧米の非を認めたがらない傾向が非常に強いのでそういう問題を考えると政府や欧米賛美の連中によって逆に潰されかねない状況が出ているといって良いでしょう。

・欧米の失政を反面教師にして、権力批判する姿勢が大事。

だからこそ、私が考えるべきは欧米の失政を反面教師にする。
そして権力批判にそれらを繋げて行く必要があると考えればコロナ対策はおのずと見えてきます。
だからこそ、欧米の負の面を知り、そして権力批判する姿勢をしっかりと向上させてゆくのが大事だと思います。
そういう問題を考えて、欧米の失政から反面教師にして、それを権力批判に繋げて行けば良いでしょう。
欧米が失敗した事を反面教師にしてゆけばおのずと対策が三重て行くだろう。

・イランや韓国のコロナ対策の成功と欧米の失敗は考えた方が良い。

そしてイランや韓国のコロナ対策の成功と欧米の失敗は双方で考えた方が良いでしょう。
欧米が何故、コロナ被害を上げてしまったのか?
そして韓国やイランが成功した理由をおのずと考えて行けば欧米の失政が次第にあ明らかになるのでここで大事なのは欧米の負の面をしっかりと見る。
そしてロシアやイランなどの真の主権国家を参考にする事は憲法でもコロナでも同じ要因だといえます。
だからこそ、真の主権国家を目指すスタンスは非常に大事だといえるでしょう。

まとめ

つまり、欧米の悪い側面を見る事はコロナ予防になり、対欧米追従思考を強める事が出来る様になる事がここでも明らかになっているといえるでしょう。
そういう問題を考えると欧米の失敗ととロシアやイランのコロナ対策の成功ぶりはしっかりと考える要因になると言えるでしょう。
お手本は考えなくてもできるが、反面教師は思考しないと出来ない。
それが非常に重要な要因だといえるでしょう。

次回

『コロナ対策の医療支援で差が現れたドイツとロシアを考察する。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回はコロナ対策の問題についてしっかりと説明してゆきたいと思います。
コロナ問題を調べてくると米軍やEU利権絡みでコロナ感染を極度に悪化させている状況が浮き彫りになりました。
そういう問題を考える上でも、反欧米の基軸こそコロナ対策の救世主なのでこの問題について説明したいと思います。

・米国ではかなり前から感染していた。

ニューヨークでの新型コロナウイルスの急激な拡大

まず、コロナ問題を見ていると米国は前からコロナ感染が酷かったといえます。
何故なら、コロナ感染をアメリカは理解出来ていてもそれを知られると様々な問題が露わになるのでそれを隠すために、インフルエンザとしてカモフラージュしていた訳です。
そしてインフルエンザとしてカモフラージュしていたことでコロナ感染が急増しているとは思いにくい状況が非常に出ていた状況を考えるといかに米国でのコロナ感染は前から急増していたのはすぐに分かります。
だから、現在はコロナ感染が急増していた様に見えますが、インフルエンザとしてカモフラージュされたコロナを考えると実は大分前から米国はパンデミックになっていたといえます。

・特に米軍関連での感染が顕著。

特に、コロナの問題を見ると米軍関連での感染が非常に顕著です。
既に相模原駅、韓国やイタリアの最初の感染が何れも米軍基地周辺だという状況は非常に良くわかりやすい状況だといえます。
つまり、米軍基地のコロナ感染は既に起きているにも関わらず、特に米軍の感染を隠すために、コロナ関連をアメリカ政府は隠蔽していたといえます。
また、米軍だけでなくEU軍やフランス、ドイツ政府などでもコロナ隠蔽しており、何れもインフルエンザとしてカモフラージュしていた事実が明らかになると、重症化も多くなるのは処方箋で有り、更に米軍は劣悪な環境下で過ごしやすいので言うまでもなく感染が急激に増加するでしょう。

・欧米はコロナ対策がまともに出来ていない。

静かに響く「EU崩壊」の足音:元凶に共通通貨「ユーロ」の問題 ...
そして欧米は基本的にまともなコロナ対策が出来ません。
何故なら、欧米は間接税などの大幅減税や反緊縮態勢が取れないからです。
つまり、給付してもその分が税金で取られることを考えるとやはり間接税等廃止や反緊縮以外にコロナ対策は不可能だといえます。
これは同時に中国やロシアの大幅の経済成長とリンクしており、中国やロシアの大幅な経済成長は言うまでもなく、大幅減税と反緊縮を併せて進んだ影響が非常に大きいからであり、これがBRICSの成長の言動となりました。
つまり、コロナ予防として反緊縮と間接税などの逆進性が強い税の大幅減税することで逆に経済成長も併せて行う事が可能になるのです。
これは同時に、内需拡大に連なる部分でもあり、内需国の多くは高福祉低負担になるのは明白でしょう。
逆に欧米の高福祉高負担は外需しか通用せず、欧米でのコロナ感染悪化はここでも非常に多くみられるといえます。

・中国やイランを乗り越えられたのは反緊縮と反欧米の基軸があったから。

故に、中国やイラン、ロシアがコロナ対策を乗り越えられたのは言うまでもなく反緊縮と反欧米、更に税金の負担を軽減することを念頭にあったからコロナ対策を乗り越えられたのです。
そしてこの機軸を併せて行いながら、反欧米こそコロナ対策になる事を念頭に置けば間違いなく反緊縮と反欧米は並行する事であり、内需拡大とコロナ予防の双方で併せられる要因だといえるでしょう。
そういう問題を考えて、反緊縮と反欧米はむしろ、欧米的な価値観の否定からコロナ予防が繋がるといえるです。

・脱西側とコロナ対策はリンクする。

つまり、脱西側とコロナ対策は非常にリンクしており、むしろ西側的な政策を信仰している人は実は緊縮財政推進派が殆どであり、グローバリストといっても良いでしょう。
そういう事を考えると日本は安倍政権、枝野執行部、欧米出羽守連中は皆、西側的緊縮財政の推進派であり、コロナ対策がまともに出来ないのは明白です。
そういう意味でも脱欧米と反緊縮、脱プロテスタント価値観が非常に必要になるのは明白といえます。

まとめ

つまり、反欧米こそコロナ対策の救世主となり、コロナ予防に繋がります。
欧米とイラン、中国の対策の差を見ると見事に欧米の方が非常に悪化している状況からやはり欧米こそコロナ感染を非常に悪化しているといえるでしょう。
だから反欧米こそ、コロナ対策の救世主となるのは必然的といえます。

次回

『交通インフラは初期投資より維持費を安くすべき理由。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回はロシアやイランのコロナ対策が進んだ理由について説明します。
何故、ロシアやイランのコロナ対策に成功を考えるかというと安倍政権、枝野執行部を妄信する人や欧米進んでいると騒ぐクズたちに限って欧米を批判しない傾向が強くみられるからです。
そういう問題を考えて、ロシアやイランの問題を考えながらロシアやイランのコロナ対策が進んだ理由について説明しましょう。

・水際対策で唯一、成功したのはロシア。

「プーチン」の画像検索結果
まず、コロナ対策で水際が唯一成功した国はロシアです。
何故なら、ロシアは反米国家であり、アメリカ経由のコロナ対策を水際で防いだ影響が非常に多きかったからです。
これは欧州や日本、韓国と比較すればわかりやすいが、コロナ対策を失敗した国の多くは既にアメリカ経由の対策が非常に疎かになったことが非常に大きく影響しているからだといえます。
ですからそういう問題を考える上でも、ロシアが非常にコロナ対策を上手く行っているのはアメリカ経由を丁寧に不正が防いだ事、プーチン大統領が生物兵器を言及した事が非常に大きな要因だといえました。

・イランの回復者の多さは非常に参考になる。

「イラン」の画像検索結果
そしてイランの回復者の多さも非常に参考になります。
何故なら、3月17日時点で5000人前後の回復者を多く出している事からもいかにイランの回復対策がここまで丁寧に進んでいるのかよくわかります。
そういう面でもイランの回復者の多さは非常に参考になり、これが回復率増加に繋げられる状況が非常に目立つ要因といえます。
ですからそういう問題を考えて、イランの回復者の多さは言うまでもなく感染対策の成功として非常に参考になるでしょう。
対してイタリアはイランに比べて死者が多く、回復者も少ないからそれが良く分かる事案だといえます。

・欧米は水際対策も感染予防も失敗している。

対照的に欧米は水際対策も感染予防も失敗しています。
何故なら、前述したようにアメリカ経由の対策が怠っていた事、そしてEU主導の緊縮財政やシェンゲン協定などが災いして大きな被害を拡大させました。
そういう問題を考えると欧米は既に水際対策を失敗しており、それが感染予防失敗に繋がる状況に連なっているといえます。
そういう意味を考えても、欧米の水際対策の失敗が今のコロナ感染拡大に大きく寄与しているといえます。

・欧米賛美はコロナ対策では通用しない。

となると、欧米賛美は既にコロナ対策では通用しない案件になります。
何故なら、欧米はコロナで失敗した事を隠すために検査がしっかりしていると思わせている風潮が目立ちますが、フランスや英国は日本や米国同様に碌に検査していないなどの問題を考えるといかに欧米が進んでいる事ははっきり言っておかしいとしか言えないでしょう。
そういう意味でも欧米賛美はここでも危険性があり、EUの利権がコロナ感染拡大を広げた要因があって当然といえるでしょう。

・ロシアやイランを中心とした思考を持たないとコロナ対策は不可能。

故に、ロシアやイランを中心とした思考を持たないとコロナ対策ははっきり言って無理だといえます。
つまり、安倍政権、枝野執行部、欧米出羽守連中の後手後手ぶりは既に知れ渡っています。
同時にマクロンやメルケルの指導者のダメぶりも明らかです。
そういう問題を考えると欧米賛美は逆にコロナ感染拡大の要因になるし、欧米も中国と同様に隠している印象を持たないとコロナ対策がはっきり言って進まないといえるでしょう。

まとめ

つまり、ロシアやイランが対策が進んでいるのは欧米に依存しないモデルがあってこそ、そういう対策をしっかりと行ったことが言えます。
逆に欧米出羽守はロシアやイランが信用できない、欧米が正しいとか言っている行動に非常にヤバさを感じる状況からも異様な雰囲気を感じさせる状況で非常に恐怖心を強く出ていると思います。
過度な欧米賛美はこれ以上はやめにした方が良いといえます。

次回

『東武野田線の速達性向上こそ、利用者増加させる要因。』
について説明します。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事

今回はコロナ騒ぎ中で特に警戒すべき事案をしっかりと説明してゆきます。

個人的にコロナも危険ですが、ビタミンCの接種を進めればそこまで警戒するものではありません。

しかし、コロナの影響で世界規模の経済破壊による自殺が世界規模で急増する危険性の方がしっかりと警戒すべき事案だと思います。

この問題についてしっかりと説明してゆきます。


EU崩壊はコロナの件で起きる。

「EU崩壊」の画像検索結果 

まず、EU崩壊はコロナの件から発生します。

何故なら、EUのグローバル思想がコロナ感染拡大を欧州レベルで急拡大したからです。

そういう問題を考えてもEUの負の面がコロナの件からも見えており、とりわけ、緊縮財政、シェンゲン協定、インフルエンザ集計偽装、安楽死推進などからもいかに欧米の酷さがここで伝わってきたのか明らかです。

そういう問題を考えてもEU崩壊はコロナの件ではっきり判るといえます。


EU崩壊から経済不況が顕著になる。

そしてEU崩壊から経済不況が顕著となり、特に欧州では通貨の変更が行われるので大規模なハイパーデフレが起きます。

既に、ドイツやオランダなどの一部の国は債務の利回りがマイナス状態になっており、ドイツ銀行の破綻によって更にその傾向が顕著となります。

つまり、EU崩壊とコロナ問題は非常に密接であり、ドイツ銀行が破綻すれば欧米利権の崩壊が寄り顕著となってくるでしょう。


・日本に限らず、欧米や韓国等でもコロナ以上に経済的な自殺が多発する危険性。

そしてコロナ騒ぎは世界レベルでの自殺が増え、特に日本や韓国、欧米などの西側諸国で大幅な自殺が増えるでしょう。

何故なら、コロナ不況によって既に不況が顕著となってきている他、西側の資本主義の崩壊などが既に進んでいるからです。

そして資本主義では中国みたいに保護主義や政府主導の強制閉鎖はできないのでその負の面がEU崩壊と共にドドンと現れ、西側全体で自殺率が急増するでしょう。


・コロナ対策は町の閉鎖では対処できない。

そしてコロナ対策は町の閉鎖は残念ながら無意味です。

何故なら、反緊縮を合わせてやらないとコロナ対策が進まない事は非常に明白だからです。

更に閉鎖前にコロナ感染者が他の場所に移る分、既に閉鎖が失敗したのは明白といえます。

そういう意味を考えて、コロナ対策は町の閉鎖より、先に反緊縮を行う必要があるといえます。


・コロナ問題を良くするにはやはり反緊縮政策をしっかりと行う以外にない。

そしてコロナ問題を良くするにはやはり反緊縮政策をしっかりと行うしかありません。

つまり、反緊縮政策を考えて、コロナ問題を発展させるのは勿論、消費税などの間接税や自動車税の廃止などを進めないとコロナ対策は悪化させるばかりでしょう。

勿論、緊縮財政こそ、コロナ感染拡大が進んだのも事実だし、緊縮財政と高い間接税制度によりイタリアやスペイン、フランスで大きな被害を生み出したことを忘れてはなりません。

そういう意味でも反緊縮姿勢が今すぐ問われる事案だといえます。


・欧米の反面教師こそ、コロナ対策になる。

つまり、欧米の反面教師こそコロナ対策になる要因といえます。

欧米で多くの死者や重傷者を出している状況は正にコロナ対策が欧米で失敗した要因だとはっきりしている事。

韓国の重症者や死者の少なさ、イランの回復者の多さから見てもやはり欧米の反面教師がコロナ対策の要因といえるでしょう。

最も韓国の場合もコロナより経済的な自殺の方が多くなると予測されるのでそういう意味でもイランやロシアなどの脱欧米式のコロナ対策が求められるでしょう。

 

まとめ

つまり、コロナ対策を11つとっても欧米の失敗によるEU崩壊から来る経済崩壊による自殺の方がコロナ以上に打撃を与える可能性があるでしょう。

なので、コロナ問題の他、経済的な自殺をしっかりと考えてこそ、真の政治といえるでしょう。

次回は欧州の地下鉄の衛生状態とコロナ感染の関連性を調べてゆきます。


次回 

『欧米のコロナ感染拡大に地下鉄の衛生状態の悪さも関連している。

について説明します。

 

DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回は欧米を持ち上げる人はイランやロシアの良さを潰す点について説明します。
何故、この問題が出るかというとやはり欧米を持ち上げる人には欧米の意向と逆らう行動に対して非常に暴言吐く人が非常に多いからです。
そういう問題を考える上でも、欧米賛美の危険性について説明しましょう。

・欧米賛美の危険性はロシアやイランに対する評価を落とす事。

「ロシア イラン」の画像検索結果
まず、欧米賛美の危険性は一言で言うとロシアやイランなどの反欧米的な国の評価を落とす行為に繋がります。
何故、この問題を指摘するかというとロシアやイランなどの反欧米国家の成長を見せない状況が非常にやばい状況へ進むことが明白になるからです。
そういう問題を考えて、欧米賛美の危険性はロシアやイランの評価を非常に落とす殊に非常に寄与しているとしか言えないのです。

・欧米賛美によりグローバリゼーションを否定できなくなる。

そして欧米賛美による悪い点では西側主導のグローバリゼーションに否定できなくなる傾向が強くなるからです。
現在は欧米では反EUなどを筆頭とした反欧米志向が非常に強まっている状況が目立ち、それが欧米に対する不信感の増大を増長しているといえます。
同時に中東では反米ならぬ、反欧米志向が日を増す毎に強まっており、それを含めて欧米に対する批判が世界から集まっているのは事実です。
そういう事を知る事で反欧米がどれだけ重要な状況なのかは言うまでもないでしょう。

・反欧米志向こそ脱グローバルを進める要因。

そして反欧米志向こそが脱グローバルを進める要因といえます。
何故なら、アメリカや西欧に見習得てきな人は結果的にロシアや中国の急激な成長を過小評価するし、欧米の緊縮財政を非常に悪化させる方向に繋がってくるからです。
そういう問題を考えても反米でなく反欧米でないと脱グローバルに繋がらないといえます。
欧州国民はEUに対する反発が多くそしてEUに対する不信感増長で欧米的な価値観の否定が強まるのも当然といえます。

・対欧米強硬は今こそ必要。

「アフマディネジャド」の画像検索結果
そして対欧米強硬は今こそ必要な時代だといえます。
欧米に対して批判的な要素を見せる事が非常に大事な要因だと思うのは言うまでもないですが、そうすることで欧米に対する否定から本物の反米の強さを感じ取れる状況が非常に来ているのでそういう問題を考える上でも、対欧米強硬は忘れてはいけない事例だといえます。
ロシアやイランの凄さを考えるとこういう国程、反欧米を強化する事が非常に大事といえますのでやはり対欧米強硬の必要性が分かるといえます。

まとめ

つまり欧米を持ち上げる人は欧米のグローバリゼーションと緊縮財政を必然的に受け入れる状況になり、新自由主義的な価値観に染まる人が非常に多いです。
欧州では福祉が充実している人も多く考えられますが、既に反EU政党が伸びているあたり、福祉削減は勿論、1人当たりのGDPもかなり落ちている事は紛れもない事実でしょう。
中国やロシアの急増と欧米の急落は実はここと密接しています。

次回

『コロナ騒ぎで世界規模で経済破壊による自殺を警戒すべき理由』
について説明します。

copyright © 2020 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ