FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:その他時事
この割引は異常ともいえそうです。
幾ら役人特権とは言え、この様なやり方は犯罪行為と言えます。


*******
「佐川を追え!」──霞が関では、国民の怒りから逃げ回る佐川宣寿・国税庁長官の“潜伏場所”を突き止めようとするメディア各社の取材班による追跡劇が連日展開された。

 本誌・週刊ポストは佐川氏の乗った公用車を追跡し、ついに滞在ホテルを突き止めたことを2月19日発売号で報じた。そのホテルは、皇居の内堀に面した一等地に建つ「KKRホテル東京」であった。地上15階建てで下層階は政府全額出資の国際協力銀行の本部、上層階が客室になっている。

 財務省所管の国家公務員共済組合連合会が経営し、公務員は一般料金の約3割引きという格安価格で宿泊できる。財務省の会議が開かれることも多く、同省御用達なのだから“セキュリティ”は万全だ。

我々が国会対応で帰宅できない時に利用するのは1泊8000円ほどのシングルだけど、長官が滞在するなら、部屋で打ち合わせができるようにスイートに泊まるんじゃないか

 若手官僚はそう語る。ちなみに、眼下に皇居の森を一望できるスイートルームは1泊約3万円。近隣の民間ホテルなら1泊10数万円するグレードだ。

 佐川氏の国民からの“逃亡生活”は昨夏以来、半年近くになるとみられている。

 その間のホテル代や食費などの費用は相当な金額になっているはずだ。一体、誰が払っているのか。国税庁長官のホテル暮らしが「公務」扱いで、領収証を役所に出して経費精算しているなら、国民の税金で賄われていることになる。当然、国税庁には領収証が保存されていなければならない。この記録まで「廃棄した」という言い逃れは通用しない。

  国税庁にぶつけた。

ご質問についてはプライベートに関することとなりますのでお答えできません。また一般論で申し上げると、国税庁長官のプライベートの宿泊代については官費から出ません」(広報広聴室報道課)

 仮に、佐川氏が宿泊費を自腹で払っているとしても、税金還付という“奥の手”がある。

 国税庁長官の年収は約2030万円。公務員も民間サラリーマンも給料が2000万円を超えれば確定申告が義務づけられている。

 佐川氏は3月15日までに自宅近くの世田谷税務署で申告することになると考えられるが、自己負担したホテル代や食費など滞在経費などの領収証を「私がマスコミの取材から避難したのは上司(総理)を守るため。職務上、必要な経費だ」と主張したら、税務署はどう対応するのか。都内に事務所を構える税理士がいう。

サラリーマンでも職務上必要な費用を自分で負担した場合、経費として認められる特定支出控除の制度がある。公務員にも適用されます。転勤ではない限りホテル代は難しいが、自宅に戻れないために購入したスーツなどの衣料費、他の人と食べた飲食費などの交際費は特定支出控除として認められる可能性がある

 逃亡生活の費用を「税金で還付」ということになれば、まさにブラックジョークではないか。

※週刊ポスト2018年3月9日号

********
これが佐川の実態と言えよう。
佐川は会津、安倍は長州なら会津と長州は八百長の争いをしていた訳だ。
スポンサーサイト



DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(全般)
今回は日本やイラン等にある女性専用車の問題について述べてゆきます。
女性専用車が痴漢の抑止になるという意見があると思いますが、個人的にはならないと思います。
というのも女性専用車が出来る事により、却って混雑する為、痴漢やその冤罪が増える事が目に見えているからです。

なので、女性専用車が痴漢抑止にならない理由について述べてゆきます。

女性専用車は関東や関西・イランのテヘランの鉄道ではお馴染みの車両ですが、女性専用車は効果的な車両ではありません。
理由としては混雑が上がるだけでなく痴漢の被害者が女性でなく男性にも十分にあり得る事がおもな理由になるからです。

一般的に性犯罪者は性欲でなく支配力から来る為、女性の裸ポルノで性犯罪に繋がる事はまずありえません。
又、被害者の場合、

  1. 女性なら大人しい人や抵抗できない人が標的になる。
  2. 男性なら、ガタイが良く自分が被害者さえ、相手を加害者に出来る相手を狙ってくる。
  3. 加害者は気が弱そうなひょろっとした男性。

が特徴的かと思います。
故に男女分けても被害者が同性間に移行するだけで効果が抑止されると言えません。
逆に痴漢冤罪を助長させるので極めて危険な方針と言えます。

そしてこれまでにも述べたようにゲイがレイプ犯や猟奇犯が多いのは力で物を言わす嗜好、特にマッチョ嗜好が蔓延っているからだとされます。
故に女性専用車は効果ないどころか痴漢や女性差別を助長させる恐れが出ると私は思うのです。

では、痴漢を減らすにはどうすれば良いのか?

対策1:各車両の分散を増やす。
これは効果的でホームに屋根を増設する事で各車両の分散を促す要因に繋がると思います。
特にホーム全てに屋根があると雨や雪の日でもそちらに流れる事が多い為、非常に効果あると言えます。
事実、小田急では屋根を延長した事で混雑分散を促す事が出来たと言えます。
対照的に京王は屋根のある駅が少なく明大前駅のホームが狭い事も混雑を助長しています。

対策2:鉄道の立体交差を推進する。
これも重要な方針の1つで鉄道高架する事で乗車口がばらけて階段も中央寄りになるのでどちらでも行きやすくなるからです。
又、ホーム配線がしやすい事で直通列車の設定も容易になり、増発などに繋げることも可能な他、遅延防止に繋がります。

対策3:ホームを延伸する。
ホーム延伸は当然ながら効果が出ます。
ホームを伸ばして有効長を伸ばす事で遅延防止などに繋がり、安心して乗る事が出来ます。
そうなると、混雑が低下するだけでなく両数統一にも繋がるので遅延防止に繋がります。
故にホーム有効長は統一するべきだと思います。

対策4:改札口を2つ以上に分ける。
改札口を2つ以上に分ける事で1つの改札口に集中しなくなり、結果的に混雑が緩和します。
特に、横浜駅や川崎駅、大阪駅、名古屋駅などの利用者の大きい駅では改札を分散する事は非常に有意義といえるでしょう。
分散された事で遅延防止につながるものの会談でホームが狭くなる点には注意が必要です。

対策5:キックスケーター(足蹴車)を普及させる。
足蹴車でも特に折り畳み式足蹴車を普及させる事で電車と鉄道の利用を巧みに利用する事が可能となり、特に都市部の地下鉄の混雑緩和に貢献する事が可能となります。
自転車だと電車との巧みな利用が出来ず、更に自転車の交通マナーが原因で自動車の渋滞を助長させるのであまりお勧めできません。
ロシアの首都、モスクワでもこれが着目され、特に折り畳み式は鉄道との移動が併用できる点は非常に大きいとされます。
そのモスクワでも地下鉄の混雑は激しいから非常に有効な手段となっています。
特に地下鉄回避する事で安心して移動できる手段にもなれるので効果あると言えます。

以上が、混雑緩和を進めさせる方法の5つでした。
痴漢を無くすには混雑緩和しかありません。
その為には痴漢を起こさないような対策が各国の地下鉄に必要だと思います。
足蹴車やホーム有効長の延伸などの根本的な対策が必要だと言えそうです。
DATE: CATEGORY:イラン音楽とロシア音楽
朝はイラン音楽を聴いてペルシア語を学ぼう。

ペルシア語やロシア語を学ぶことは英語やフランス語を学ぶより情報強者になれる。

何故なら、英語やフランス語の記事はアメリカや国連に沿った以降の記事を弾圧する傾向があるが、ペルシア語、ロシア語、中国語は覚えやすく、反米視点から見れるのでちゃんとした解決法があると思えるからです。

左翼や反安倍も実は潜在的なアメリカ依存かアメリカ批判しても欧州依存が凄く多いのは英仏語の情報源しか触れていない事が主な理由だと思います。
佐藤優さんがアメリカ大統領選でトランプが優位に見れたのは彼がロシア語や中国語、ペルシア語の情報源を使っていたに他ならない。
電気自動車の件も英仏語の記事を使えば、電気自動車を肯定する恐れが高いが、ドイツ語やロシア語の記事を使えば電気自動車の裏の面を見れる。
そこを忘れないで欲しいと思います。

つまり反安部でも英仏語の情報源しか触れないなら国際情勢を語る資格がありません。
英語・フランス語だと英米仏原理主義に陥る可能性が高く、特にフランスメディアやCNNは避けた方が良いと思います。
定期的にロシア語やペルシア語、中国語には触れておく事、中国人やアラブ系には臆せずに話せる事が実は大事かなと思いながらも、欧米系の方が凶悪犯罪が多い事実を見逃してはならない。


DATE: CATEGORY:その他時事
ネットでの誹謗中傷は発言者特定でもやむわけではない。
要するに相手への支配力や力でねじ伏せる力があるからこの様な脅迫や炎上に繋げる要因になる。

スルースキルも大事だが、下手に放置すれば彼らは又、攻撃してくるのも厄介な要素だと思います。


*********
 プロ野球横浜DeNAベイスターズの井納翔一投手が、ネットで妻を誹謗中傷した会社員を訴えたと報じられた。続けて、子育て分野で活動するNPO法人とその代表がTwitterなどで受けた誹謗中傷に対する名誉毀損裁判を起こし、東京高裁で勝訴したことも報じられた。ネット上の匿名者であっても、無責任な発信は大きな代償を求められるのが当たり前になる日は遠くなさそうだが、現在はまだ限られたケースでしか解決に至らない。発信者特定したものの、問題解消が難しい状況に被害者が苦しむ現実について、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
 デビュー二年目のタレント・まどかさん(仮名)のブログに、意味不明なコメントが付きだしたのは昨年春ごろの事。ブログの管理をするマネージャーから連絡があり、「何か心当たりはないか?」と尋ねられたが、思い当たるフシもなく「単なるいたずら」だと深く考えなかった。

 しかしある日、一ファンの男性から寄せられたメールを見た瞬間に青ざめた。メールに記載されていたホームページ、ツイッターアカウントには、まどかさんへの悪口だけでなく、実家のある土地名や家族構成までが記されていて、まどかさんの写真を使ったヌードのコラージュ画像までもが張り出されていた。

「最初はストーカーなんだと思いました。ブス、才能ない、やめろ、といった悪口だけではありません。インタビュー記事などで話した地元や家族のことが事細かにまとめられていて、エッチな写真に私の顔をくっつけた画像まであったんです。怖くなって事務所やマネージャーに相談しました」

 それまでも、主にSNSやネット掲示板などに悪口が書かれていることはあった。しかし、ここまで本格的に、そして執拗に誰かから攻撃された記憶はない。もしかしたら身近な人かもしれないし、事務所のライバルタレントなのか? マネージャーと喧嘩したこともあるし……。様々な憶測が頭をよぎる。そして事務所からは「警察沙汰にはできないし……」と、様子見を促されて、自身を取り巻く環境への不信感はさらに募るばかりだった。

 さらに、まどかさんを攻撃し続ける「目に見えない相手」の行動はエスカレートし「殺す」「刺す」「消す」などといった危険な文言が使われるようになり、SNSにも複数のアカウントから攻撃的、侮辱的なメッセージが毎日寄せられた。寝ても覚めても、目に見えない「相手」のことが頭から離れず、ファンミーティングや握手会、イベントへの出席前には体調を崩し、仕事をキャンセルせざるを得なくなるまで追い込まれた。

「私が何か悪いことをしたわけでもないし、相手は私のことを気に食わないだけ。なのに、なぜここまでしつこくやってくるのか」

 泣きながら訴えたまどかさんの悲痛な叫びを受けて、事務所はついに弁護士に相談し、警察にも被害届を出した。だが……。

「警察は、時間もお金もかかるよ、といって捜査には後ろ向き。対応してくれる弁護士さん探しだって、相当に難航したようです。でも最終的には、専門の弁護士さんにお願いをして、書き込みをしていた人物を特定することができました」

 まどかさんと所属事務所は、弁護士を通じて書き込みをしていた人物についての情報を知ることになったが、その人物は東北地方在住の、名前も聞いたことがない40代の女性。自身のファンでもなければ身内でもないし、これまで一切接点のない女だったのである。

「今すぐに悪口を書き込んだり、私の悪い情報を発信するホームページを閉鎖するよう、 弁護士さんがその女性に通知を出しました。女性の家族を名乗る方から謝罪の手紙、電話をいただき、実際に事務所まで来て土下座して帰られたと聞いています。私は怖くて同席していませんが……」

 いやがらせの書き込みはパタッとなくなり、嫌がらせのホームページも即座に閉鎖され、やっと平穏な生活を送れると安どしていたまどかさんだが、一か月も経つと、SNSにはまた「ブス」「死ね」「殺す」といった書き込みが寄せられるようになったのである。「厳重注意」などと甘い対応をしていた事務所にも怒りがこみあげてきて、泣きじゃくりながらマネージャーに再度相談したが……。

「実は相手の女性は精神的な病気であり、また生活的にも不安定なことから、訴えてもあまり意味がないと諭されました。ではこのまま黙って我慢していればいいのか? 自分の悪口だけならまだ許せますが、家族や友達のことまで書かれる。これには耐えられないんです」

 そもそも、その女性がなぜ攻撃をしてくるのかもわからない。弁護士によれば、女性は「相手は誰でもよかった」とか「雑誌で偶然グラビアを見た」と」いうだけで、攻撃する明確な理由を語らない。まどかさんとは別のタレントを攻撃していた痕跡もあるが、理由がわからない分、対処のしようもない。

「相手は、私が何もしてこないと思っているからいやがらせや攻撃を続けてくるんです。では、こちらから反撃できるかと言ったら、それも事実上不可能。病気で済まされるし、賠償金だって取れない。一方的にやられるばかりで、こちらは我慢するしかないんです」

 一流事務所に所属する有名タレントならまだしも、まどかさんのように売り出し中で、バックアップ体制のそう強くない環境に置かれているタレント、芸能人であれば、事務所や当局、そして世論が助けてくれるといいうことはまずない。泣き寝入りするしかないのだ。別の芸能事務所に勤務するマネージャーの男性も、同様の被害は日常茶飯事だと話す。

「たぶん女性同士の妬みの類で、我々から見ると我慢してね、としか言いようがない。でも若い子やデビュー直後の子にとっては、ものすごいダメージがある。ネット上の悪口がきっかけで病気になったり、自殺未遂を起こしたり、芸能界を辞めてしまう子だっている。芸能界のきつさより、ネット上で受けるバッシングに耐えられるかどうか……。最近の若いタレント、芸能人には高度なスルースキルも求められます」

 現実にネットで誹謗中傷の書き込みをする人は、男女問わずに存在し、中傷する相手の性別や年齢、国籍すらも問わない。自らは顔も属性も明かさず、攻撃してこない相手を一方的に殴りつける。現実世界でいえば「通り魔」ともいえる卑劣な行為だが、卑怯な連中は星の数ほど存在し、全員を検挙したり処罰にかけられるかと言えば「現実的な話ではない」(弁護士)という状況だ。

 舞台がネット上であることから、さらに連中には「罪の意識」もほとんどないに違いないが、犯罪者になんの罰則も科すことなく「悪口を辞めろ」「書き込みを消せ」とお願いしたところで、やめるどころかさらにエスカレートしてしまう。もうどうしようもないと力なく話す、まどかさん。このままだと芸能界にはいられない、という危機感すら抱いている。

「雷に注意、落石に注意、とか言われているような感じ。対処できないから避けられない。やられたら運が悪かったで終わり。いやなら見なければいいでしょう、とも言われますが、悪いのは攻撃をしてくる人達でしょう? こんな思いをしてまで、それこそ家族や友人まで巻き込んでまで我慢し続けなければならないのなら、芸能の仕事をやっていく意味はありません」

 現在のストーカー規制法は、ネットやSNSでの誹謗中傷にも”対応している”ということになっているはずだった。ところが現実には、ストーカーに関する相談を警察にしたことがある人の多くから、まともに被害を受け止めてもらえないという体験談が聞こえてくる。取り締まるのに効果的な仕組みや手段が存在していないこと、担当者個人のネットへの習熟度に頼っていることが原因であろうが、そうやって手をこまねいているうちに被害ばかりが大きくなっていく。芸能人だけではない。一般のネットユーザーの中にすら、ある日突如見知らぬ人物から中傷され、つきまとわれ…という事例は決して珍しいものではなくなってきている。取り返しがつかない混乱した世の中になる前に、迅速な対応が必要だろう。

******
SNSはやってもあまり効果がないように思える。
そういう事で仕事の時間を割くよりはしっかりと仕事の時間をつくる必要があると思います。
ただ、万が一炎上した場合は、論理的に相手の批判する事も大事かと思います。
上記の女性なら論理的な批判をしたら必ず、感情的に暴れまくった記事を書いてしまうからな。
そしてゲイ批判する際にも論理的な思考を持てば簡単に論破できるし、腐女子・ホモガキなどのそれの支援者対策にもなります。
多分、彼らは『論理的な答えを出して』といっているが、男性同性愛を認めなければ同じような解答や中傷を繰り返すから。
DATE: CATEGORY:オリジナル時事
ゲイの危険性について述べてゆきましたが、今回は支持者について述べてゆきたいと思います。
ゲイは基本的にイケメン・筋肉質・金持ちに物凄く弱い。
それで尚且つ性欲が強く、女性蔑視的な態度も非常に目立つ。

また、座間の9人の遺体切断事件の犯人である白石容疑者はゲイ男性と肉体的関係を持っており、ゲイ男性の中には金目当ての関係で稼ぐゲイ活(所謂パパ活の男性版)・売り専が異性間よりも蔓延っているからです。

そして、ゲイが金目当てになる理由としてはゲイコミュニティが狭く、セックスハードルが低い事が主な要因になりますが、発展場の存在も又、異性間や女性同士よりも金目当ての関係になる事が明らかとなる他、金持ち同士の関係では男性同性愛で男性同士の上下関係を作る行為も蔓延っているのも要因かと思います。

因みに小沢一郎先生は末っ子長男で、女性の事を重んじる政治家で彼はゲイに対してあまり良い目を見ていなかったと思います。
逆に安倍は男兄弟だけの関係で大腸炎を起こしているからゲイ活やっている疑惑があり、(オカ)マクロンも弟持ちで売り専して政治屋になった話もあります。
なぜか、ゲイ疑惑のある男性は下に弟を持っている人が多い。
なぜかはわからないが、弟を持っている人の方がゲイを肯定する人が多く、ミッツマングローブ等も弟がいるゲイである傾向があるからです。

そして、それを支持する人もゲイと同じように思考が腐ってゆきます。

例えば、ゲイを擁護する腐女子・腐男子・ホモガキは男同士の関係を肯定するあまり、こんな思想に陥っていませんか?

・力でねじ伏せるマッチョ嗜好(江戸時代やシリコンバレーみたいなゲイ社会ではパワハラが多い。)

・女性が『カマキリみたいな存在』といいながら異性愛男女やレズビアンへの侮辱(男女間は金だけの関係など言っているが、実際に金ありきの関係になっているのはゲイが多く、女性を装う人も多い)。

・男性同士の恋愛を綺麗に見せたがる傾向(実際、ゲイ程醜い恋愛がないし、猟奇犯やロリコンも多い)。

・女性の裸ポルノにうるさいのにゲイポルノを18禁にすると騒ぐ。

・異性愛男性ばかり批判する。

・やたら欧米かぶれ(同性愛を禁ずるロシアやイランなどには批判的)

・その割にはヤリマン・ヤリチンが多い。

これらの思考を見るだと大体、こういう傾向があるとされます。

そして腐女子・腐男子・ホモガキの発言はこんな発言が多いとされます。

youtube アカウント一覧
asako777
・男性同性愛だけが否定なわけ、性病は異性愛の人が移すことが多いです。それは数が多いから。=女性の本性はカマキリです= わかります。だからまともな男性は同性愛に走るのですよ。男同士の方がきれいです。女は生きるための打算ですからね~
↑これは腐女子の常習手段で、男性同性愛の性病感染者を隠蔽する為の口実です。
男性同士が綺麗なのは真っ赤な嘘でパワハラ・金目当てが多く、ゲイの方がカマキリが多いです。

asako777
・あのね~エイズに一番感染しているのは、異性愛者の男女です。ゲイよりも人口が多いから、世界中どこへいっても風俗の主役は、異性愛の男性と売春婦でしょう。ゲイ相手の男娼もいるけど、それは異性愛用の風俗の10分の1です。
↑ゲイの多いタイや男余りが激しい中国・アメリカなどではゲイ・バイのエイズ感染率が異様に高い事を知らない哀れな腐女子です。まともな女性ならゲイを嫌がるのは至極当然だと思います。

asako777
・性愛には寛容である、それは日本の美徳ではないですか?ちなみに日本の男性同性愛は、奈良・平安時代に「稚児」と言われる女性と交わることが禁じられた坊主と小坊主の関係が始まりで、そのご京都の公家衆に伝わり、戦国時代になって、武家社会の男性同性愛「衆道」に変化して、江戸時代に全盛を極め、明治になってキリスト教の文化が入って下火になりましたが、・・ゲイの本場薩摩藩の男性が政権をにぎったため、旧制高校や軍隊で盛んになった。これは昭和の初めまでありました。そう600年の歴史があるんですよ。戦国時代の殿様と家臣・小姓は、同性愛の関係が8割です。「日本の男色」について本がたくさん出ているので、歴史を勉強してください。
↑それは薩摩藩・仏教界・奈良時代~室町時代だけの話、飛鳥時代以前は寧ろ男性同性愛が寧ろ危険だと述べていた。更に江戸時代では男性同性愛が取り締まりが既に始まっていた上、江戸時代はプロテスタント右派による日本統治全盛期な上、家康はプロテスタントの影響を組んでいるから同性愛は禁止される方向に走っていた。

asako777
・偏見です。実際にゲイカップルで女の子の里親になっている方とフェイスブックでやりとりしていますが・・普通の親御さんです。女の子は現在8才で元気に小学校へ通っています。自分の親はダディとバブといっています。差別したり心ない言葉を投げつけるのは、学校の同級生や先生方ではなく、頭の固い同級生の親だそうです。ちなみに親はアメリカ陸軍関係者ですよ。
↑これは実話?何か嘘くさく感じる。ゲイ親同士だとレイプや薬物を子供に教えていそうな感じがするから。それに比べてロシアは子供に同性愛を教えてはならないのは当然だし、伝統より風紀やモラルで批判すれば腐女子が逆に痛くなる。

asako777
・あなたは典型的なホモフォビア=男性同性愛嫌悪症の方ですね。最近、ホモフォビアは精神異常の一つでないかと言われています。レズビアンがなんで良いの?男性同性愛と同じでしょう。私は女性だから、女のいやらしさっていうものよく知っています。だからこそ、男同士の方が純粋できれいだよと言っているんです。女性は、とても陰湿で残酷な生き物です。
↑腐女子は男の嫉妬の怖さや陰湿さを分からないアホなんだね。ゲイ関係はパワハラ等が横行し、金と外見ありきの関係しか作れない。彼女は座間事件の犯人がゲイだったらどう思うかな?そしてゲイは非常に嫉妬深くて陰湿な事を知らないかわいそうな腐女子ですね。だから女性から嫌われるんだよ。

asako777
・同人誌ですが、「軍隊と男色」という本が出てます。イラスト入りはすべて売り切れなので、アマゾンで小説だけで販売中です。この本は先の大戦中の日本陸海軍に従軍した将兵の、生々しい男性同性愛体験の告白集になります。原本は昭和20年代初期・戦争が終わって2~3年しか経てない時代のカストリ雑誌に掲載されていたもの抜粋になります。実に日本人は偉大な民族であると改めて認識すると思います。同時代のナチス・ドイツでは同性愛者を差別して、ユダヤ人同様強制収容所に入れていました。でも日本人は差別せずごく普通に、暗黙の了解で各軍内に存在していたのです。
↑これはもうゲイ思想に浸かっていて痛いです。アマゾン出している事自体が同性愛がグローバル思想そのものだろう。
*******もうお分かりであろうが、これらの内容を見ただけでおかしいと思える女性の方が当たり前だと思うのです。因みに彼女は40歳以上のいい年のおばさんがこんな思想に浸かるだけでも痛いのに同性愛思想で更に痛々しくなっている。
―――こういう人が男尊女卑になると思いますかどうですか?
という感じで考えていただくと良いと思います。
つまり、男性同性愛を肯定する人は男らしさに浸かる傾向が強く、それが様々な問題を引き起こしゲイの堕落に道連れしてしまうからこそ女性はゲイに警戒するべきだと思います。姫女子みたいに女性の同性愛を好む人はこういった思想が散見されなかったから、やっぱりゲイやそれを擁護する人の男尊女卑思考には呆れると思うのです。故にまともな女性だったらBLを読むことはお勧めせず、腐女子を嫌う事は至極当然だと思います。
・GLが男女ともに幅広く支持されるが、BLは一部女性しか支持されない。
・レズビアンは多様性、ホモ(ゲイ)は画一主義性
これを考えさせられる必要があると思います。そうすれば男女平等・公平思想を持てると思います。
DATE: CATEGORY:スプートニク
自由党、玉城さんのインタビューです。


********

沖縄県選出の玉城デニー衆議院議員はスプートニクの特派員のインタビューで、尖閣諸島をめぐり燃え上がった情勢にそうコメントした。玉城氏によると、問題が解決不可能な段階に入る前にこのパンドラの箱は閉める必要がある。

スプートニク日本

「尖閣諸島を国有化したことで、日本側がその棚上げをひっくり返し、パンドラの箱を開けてしまった形になった」。

玉城氏によると、2012年に日本政府が尖閣諸島を国有化するまで行われていた尖閣諸島周辺海域の共同開発へと、日中は立ち返る必要がある。

「もう一度いったん棚上げにして、この海域で事故・事件が起きないように常に連絡するメカニズムを作り、共同開発する、という形に戻さないといけないと思います」。


しかし、現在の東シナ海の緊張のもとで平和的な解決は遠く離れたもののように思われる。玉城氏によると定期的に尖閣諸島の接続海域を航行する中国公船は沖縄県民に直接的な危険性をもたらさないが、日本政府は東シナ海の離島防衛を目的にした日本版海兵隊「水陸機動団」の新設に方針を定めている。

しかし、玉城氏は対立の緩和を主張する。

「互いがそれぞれの主張をしても問題解決しませんし、ヒートアップしている状況をクールダウンさせないといけません。尖閣諸島を共同アプローチのエリアとし、ルールも共同で作って、それに従って様々な活動ができるように、更にそこに台湾も参加できるように、話し合いで新しいプロセスを作っていくべきだと思います」。


日中首脳間の相互訪問はこうした展開の可能性を与えるだろうか?28日の日中外相会談で王毅外相 は、一刻も早く日中関係が「正常で健全な発展の軌道」に戻ることに期待を寄せたことは記憶に新しい。

*******
玉城さんも是非、山尾さんの改憲案に乗るべきだと思います。
DATE: CATEGORY:パールス君(PARS TODAY)
サウジアラビアはそれよりは国内のサウジ対策の方が重要なのだろう。


********
  • イランの外交に対するサウジアラビア外相の敗北

サウジアラビアのジュベイル外務大臣が、イランとヨーロッパ諸国の協力の拡大を受け「イランとの協力を拡大すれば、この国の危険が高まる」と主張しました。

ジュベイル外相は、22日木曜、ベルギー・ブリュッセルの欧州議会で、「ヨーロッパの対イラン政策は、逆の結果を招き、イランが地域に対する利欲を深めることになる」と主張しました。サウジアラビアは、およそ3年に及ぶイエメン戦争で何の成果も得られず、この戦争に対する批判が高まっています。そのような中で、ジュベイル外相は、「イランやレバノンのシーア派組織ヒズボッラーと協力しているイエメンのフーシ派が、イエメンを支配するのを受け入れない」と主張しました。

 

ジュベイル外相の欧州議会における発言は、世論に多くの疑問を残しましたが、目新しい内容ではなく、過去の根拠のないイランに対する非難を繰り返しただけでした。唯一、目新しい点と言えば、国際分野におけるイランの外交と、ヨーロッパ各国の高官のイラン訪問の利点を認めたことです。この2日間にも、ヨーロッパ2カ国の外相がテヘランを訪問し、イランの政府高官と会談すると共に、二国間の関係拡大を強調しました。核合意後、イランの誠意が世界に証明され、建設的な協力が行われていることで、ヨーロッパ諸国との協力が推進されています。地域の治安や安定の確立におけるイランの建設的な役割を知ることで、ヨーロッパ諸国は、イランとの協力が、世界の平和や治安のためになることを理解しています。

シリアとイラクにおけるテロとの戦い、そして、シリアのおよそ7年に及ぶ政治的な危機の解決におけるイランの役割、イエメンの3年に及ぶ危機の政治的な解決の強調は、否定できない事実です。ジュベイル外相の欧州議会における発言が、地域の問題の一部であるサウジアラビアの状況を変えることはありません。イギリスの現在や過去の関係者の発言やメディアの報道を見れば、来月のサウジアラビアのムハンマド皇太子のイギリス訪問が、多くの反対に直面していることが分かるでしょう。

イギリス首相が、ムハンマド皇太子の訪問中止を何度も要請していることは、サウジアラビアが、バーレーンからシリア、イエメンにいたるまで、西アジアの現在の問題の大部分の原因であることを示しています。この中で、イギリスのミッチェル元国際開発大臣は、サウジアラビアは、イエメンで屈辱的な敗北を喫しているとし、次のように強調しました。

「現在の状況は、それだけでなく、地域全体やイランとの関係においてもサウジアラビアに屈辱をもたらすだろう」

これが、サウジアラビアの現状であり、ジュベイル外相の欧州議会での発言が、サウジアラビアを、国際社会の信頼のおける国にすることはないでしょう。

それに対し、オランダのカーフ外務大臣は、21日水曜、イランのローハーニー大統領とテヘランで会談した際、次のように強調しました。

「EUとオランダは、あらゆる分野においてイランとの関係を拡大する決意だ」

*******

サウジアラビアは内政で終わりそうです。

DATE: CATEGORY:その他時事
前回の(性病感染率編)に続いて思想・犯罪編に移ります。

前回はゲイの性行為が性病を発展しやすい行為・構造になっている事をお届けしましたが、今回は思想や凶悪犯罪の多さについて説明しましょう。

ゲイ男性は幼い事は男性性を知らないで育った人が多く、とりわけ末っ子長男(上が姉だけの末っ子男性)や母子家庭に多いのは男性性が育たない環境の中で育ってしまった人が多いからです。
故に男らしさを求めるあまりマッチョ嗜好を好む為、政治思想面でもかなり悪影響を与えてきます。

まず、ゲイ男性は右翼政党や新自由主義政党を支持する人が圧倒的に多いです。
これらの政党の共通点では力で圧倒する、弱肉強食的な政策が含まれているからです。
つまりゲイが蔓延ると新自由主義や暴力主義が蔓延るのは男らしさを求めるあまり極右に走った人が多いと言えます。
そうなると社会の風紀が乱れるだけでなく女性に差別的なゲイ男性は更に女性を追い込む事件が多発します。

基本、ゲイの気がある人は男尊女卑的な傾向があるのはご存知ですが、西側(日本・欧米・韓国等)は資本主義・民主主義の影響で指導者が腰抜けレベルしかいないのもゲイを増やす要因となり、それが男らしさを求め、男尊女卑思考を強めさせます。
加えて猟奇犯やロリコンも彼らに多く、子供や女性の遺体切断などの事件を起こしているのは彼らが圧倒的に多いです。
座間の事件を見れば一目瞭然で、犯人はその気がありました。
恐らく、猟奇犯が多い理由としては力で圧倒する思考の強さ、男尊女卑、嫉妬深く男性的な嫉妬が主な要因となり、パワハラが当然、横行するのです。
男性的な嫉妬は社会から抹殺される恐れが強く、自分達より弱い人間を追い込む為に、嫉妬し抹殺するやり方が男性的な嫉妬と言えます。
性犯罪は支配力から来るならゲイ男性は好きな人を女の人に取られたくないから猟奇犯に走り、男尊女卑的な極右思想に浸かるのは当然と言えるでしょう。

特にゲイに寛容な西側諸国はCEOや政治家等の多くが男性ばかりな点も注目に値します。

つまり、男性的な嫉妬で嫉妬深いから相手を抹殺する事件に発達し、政治では軍事思想や弱肉強食思考が作られるのは至極当然だと言えます。

故に子供をゲイにさせない為には父親の存在が何よりも重要だが、資本主義国家では父親があまり面倒を見ない故にゲイが目立つと言えます。
又、力でねじ伏せる思考が異性愛の男性やレズビアンの女性より多い点も注意して欲しいと思います。

故に男性同性愛が政治思想面で悪影響なのは述べまて参りました。

そして今度は腐女子やホモガキなどのゲイ男性に媚びる人の生態についても述べてゆきます。
DATE: CATEGORY:イラン音楽とロシア音楽
今回はラブライブの曲をロシア語で楽しませます。

DATE: CATEGORY:パールス君(PARS TODAY)
藩もグテーレスもアメリカの傀儡です。
故にアメリカの私物機関なのが国連と言えます。

国連はアメリカの為の組織なのは納得します。


******
北朝鮮、「国連事務総長は、アメリカの手下のようなもの」
北朝鮮が、22日木曜、北朝鮮の核・ミサイル計画に対する国際的な制裁が延長されたことを受けて、国連のグテーレス事務総長を非難しました。
メフル通信によりますと、北朝鮮の国連代表部は声明の中で、グテーレス事務総長が、ドイツのミュンヘン安全保障会議で行った演説について、「敵対的な発言があった」としました。
北朝鮮国連代表部は、「このグテーレス事務総長の発言は、彼の立場にふさわしくないもので、彼がアメリカの手下であることを示しただけだ」としました。
グテーレス事務総長は、今月16日、ミュンヘン安全保障会議で、「北朝鮮に圧力をかけ、協議に参加させるべきだ」と語りました。
北朝鮮はこの数ヶ月、北朝鮮の核・ミサイル実験を口実にしたアメリカの圧力により、アメリカ、EU、国連安保理から制裁を行使されています。
アメリカとその同盟国は、朝鮮半島の緊張を煽っており、北朝鮮の核・ミサイル実験の停止を求めていますが、北朝鮮は繰り返し、彼らが脅迫を続ける限り、軍事力の強化を続けると強調しています。
*******
国連の私物化はいい加減に気付こうよ。

copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ