FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


米メディアは良い仕事していますね。

**********
◆〔特別情報1〕
 トランプ大統領は5月25日夕、新天皇即位後初の国賓として専用機で羽田空港に到着する。
 28日まで日本に滞在する。
 26日午前は、千葉県茂原市のゴルフ場で安倍晋三首相と自慢の「腕前」を競う。
 同日夕には東京・墨田区の両国国技館で大相撲夏場所・千秋楽の取り組みを桟敷席から観戦し、優勝力士の表彰セレモニーでは、大統領自ら土俵に上り、「トランプ杯」を授与する。
 その後、東京・六本木の炉端焼き店で安倍晋三首相主催の非公式夕食会が催され、27日午前は、令和時代初の国賓として皇居で天皇・皇后両陛下と会見する。
 終了後、東京・元赤坂の迎賓館で安倍晋三首相と日米首脳会談に臨み、午後に安倍晋三首相との共同記者会見が行われる。
 同日夜は皇居・宮殿での宮中晩餐会に出席。28日は海上自衛隊・横須賀基地でいずも型護衛艦「かが」を訪問する。
 トランプ大統領は、2020年の大統領選挙、安倍晋三首相は、次期参院議員選挙を前に「外交力」を印象操作する下心が透けて見える。
 けれども、米国メデイアは、安倍晋三首相に対して、「過剰接待だ」と厳しい批判の矢を放っている。

**********
だが、これは同時に大量逮捕の始まりでもある。
これから麻生太郎、徳川家広、竹中平蔵、古賀茂明あたりが最初に逮捕されると予測されるでしょう。
スポンサーサイト



DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回は一部立憲支持者の差別的言動の酷さについて説明します。
何故、これを説明するかというと最近、立憲の支持者で自民党を批判せず、野党支持者を攻撃する事態が相次いでいるからです。
その問題を含めてこれを買いながらも立憲支持者の暴言問題について深く説明してゆこうと思います。

・立憲支持者の言動のネトウヨ化は深刻。

まず、一部立憲支持者のネトウヨ的言動化は非常に深刻な要素を作り出しています。
何故、彼らがここまでネトウヨ的な言動になるのかわかりませんが、一部立憲支持者はすぐに「オザシン」連呼する行為などで非常にやばいものが見えてくる可能性が大きく感じるからです。
「オザシン」連呼しながら旧自由党支持者や山尾志桜里さんに対しての暴言が非常に酷いものが目に余ります。

以下のツイートを見ればわかるとおもいます。


これらを見ても非常にダメな支持者が立憲にくっつている状況が非常に目立ちます。
これで自民党に勝てると思えるのかと非常に疑念を感じます。
こういう奴らこそがレイシストであり、ネトウヨそのものなんだと思います。

・何故、劣悪な立憲支持者が増えたのだろうか?

では、なぜ、劣悪な立憲支持者が増えたのか非常に疑問が高いです。
彼らは何故か自民党に対しては殆ど攻撃しない状況に非常に違和感を感じます。
ですからそこを調べるとある事が浮かび上がってきますね。
それは自民党が追い込まれており、野党共闘を本気でやろうとすれば本気で自民党が惨敗する事が非常に目に見えるからでしょう。
そうでなくても前回の選挙では野党系が自民系を大きく上回ったことが非常に脅威になっているから自民党は野党支持者を装ったサクラを投入しているといっても良いかと思います。

・本来の立憲支持者は今の立憲の行動に怒りを隠せないでいる。

しかし彼らは本来の立憲支持者とは非常に程遠いものだといえます。
なぜなら、本来の立憲支持者は山尾さんの立憲的改憲を支持している人が多いし、保守的な人も結構いたと思います。
しかし一部立憲支持者はなぜか、自民党に利する行動ばかりとっており、それが本当に大丈夫なのかと疑念を感じます。
そういう事をしているから立憲の支持率が急落するありさまになるのです。
それをわからない状況で批判するから一部立憲支持層は非常に嫌われる状況を作り出しているのだと思います。
そういう一部立憲支持者の行動はまさにリッケンカルトとしか言いようがないです。
普通の立憲支持者に対して失礼になるから片仮名でリッケンカルトと名付けているのです。

・立憲的改憲を進める山尾志桜里さんの罵倒。

何故、一部立憲支持者が立憲的改憲を進める山尾さんに対する罵倒が酷いかというとやはり、立憲的改憲が安倍加憲に対して非常に大きな打撃を与える可能性があるからだと思います。
なぜなら、安倍加憲は護憲でしか対抗できないことが明白だからです。
しかも、護憲を貫き通せばなんと緊急事態条項まで通される恐れが非常に高い代物だとはっきりしてきます。
それを考えればやはり、立憲的改憲と石破さんの9条2項削除を比較にもっていかせる事が非常に大事かと思います。
そうする事で、安倍加憲は崩壊すると俺は見ています。
彼らは自民のサクラだとすれば間違いなく安倍加憲を通したいので山尾さんは脅威になります。
ですから安倍加権を通したいのはその影響があると俺は見ていますね。

・野党の内ゲバは自民党を利する。

なので野党間の内ゲバはやはり自民党を利する以外に他ならないと思います。
その問題を考えると野党間の内ゲバを今はやっている場合ではありません。
立憲的改憲と消費税減税を基軸に野党共闘を進めるべきだと思いますね。

まとめ

ですから野党間の内ゲバは野党を利する恐れがあるのでその面を考えると野党間の内ゲバをやめてできるだけ野党が纏まるように勧める必要があります。
その為にも護憲型維新の会(護憲型自公補完勢力)を目指す枝野執行部とそれを支持するリッケンカルトは排除されるべきだと思います。

次回

『安倍政権と欧米出羽守は共に周回遅れのグローバル売国奴』
について説明します。
DATE: CATEGORY:動画時事
名誉男性と男系カルト。
法学部以外の学部出身者が法学部に媚びる事を名誉法学部と同じ。
名誉男性も名誉法学部も根本は同じだから。
そして稲田ホモ美みたいな腐女子が名誉男性になりやすい。


安倍政権を辞任させ、日銀を国有化させない限りは断るのは当然ですね。

********
◆〔特別情報1〕
 「現在の日米首脳は『なぁなぁ』の関係の『形だけの友人』に見える。相撲やゴルフで親密ぶりをアピールするだけで、国民はがっかりするばかりだ」「日本の北朝鮮への外交姿勢も、現在は米国追従一辺倒のように映る。拉致や核・ミサイル問題、食糧などの人道支援については、日本が責任を持って、判断し行動してほしい」「『仲良くすること』と『意見を伝え、利害の違いをお互いに理解すること』は同時にできるはずである」-これは、朝日新聞5月23日付け朝刊「14面オピニオン欄」に掲載された「高校教員 松本英也先生」の投書の一部である。(※FBに全文掲載)
 トランプ大統領が令和改元後初の国賓として、25日午後にメラニア夫人とともに専用機で東京に到着するのを控えて、安倍晋三首相の「無為無策・抱き付き外交」「底上げ・厚化粧・国民有権者への印象操作」塗れの本質をズバリ指摘した立派な名文だ。
 米中貿易摩擦の煽りを受けて日本経済が、よほど危機に瀕しているのか、日本銀行(黒田東彦総裁)が、上皇陛下と小沢一郎衆院議員に委ねられている「MSA資金」運用益から「150兆円を資金調達して欲しい」と頼んできた。
 これに対して、上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦によれば、「根本的な問題が解決しないうちは、ドブにカネを捨てるようなものだ。だから、断った」という。

********
日米同盟も必要ないけどね~。
DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(関東)
今回は宇都宮線一部区間を高架化するべき理由について説明します。
何故、宇都宮線を高架化するべきかというとやはり宇都宮線が町の発展の阻害になっているからです。
とりわけ、蓮田駅周辺や久喜駅~栗橋駅の高架化はしなければいけない代物だと思います。
何故かというと踏切事故を増大させたり、駅舎の老朽化などが非常に深刻になっているからです。
それらの問題を含めて今回はその辺を吟味して書いてゆこうと思います。

・まず、貨物線は方向別複々線化が必要

とりわけ、宇都宮線で大事なのはまずは貨物線の方向別複々線でしょう。
なぜなら、貨物線が方向別複々線化すれば宇都宮線の快速はその貨物線から速度を出して停車できる利点があるからです。
とりわけ、大宮駅~宇都宮駅は利用者が多く、ここを複々線化するだけで移動がかなり違ってきますのでそれを実行するべきかと思います。
ですから蓮田駅の島式2面4線化などを含めて貨物線は方向別複々線化が必要になり、大宮駅~湘南新宿ラインと上野東京ラインの複々線をそれで分けた方が非常に便利になるかと思います。

・蓮田駅は高架化して島式2面4線化させる。

「蓮田駅」の画像検索結果
まず、蓮田駅は高架複々線化してその貨物線に快速を走らせるべきです。
ですから高架化した後、最初に貨物船にホームが出るのはこの蓮田駅です。
なので、ここを高架化した後に島式2面4線化すればここで緩急接続が非常にできる構造が出るのでやはりやるべきかと思います。
蓮田駅は駅舎の老朽化も著しいのでその面を含めて高架複々線化して、同時に島式2面4線にすれば外側の1・4番のりばが快速のりば、内側の2・3番のりばが普通列車のりばになるので非常に効率よくなるでしょう。
その面を含めてやはり蓮田駅の改良は優先的になるかと思います。

・久喜駅~栗橋駅の高架化を行い、久喜駅や栗橋駅に待避線を設ける。

「久喜駅」の画像検索結果

「栗橋駅」の画像検索結果
次に久喜駅~栗橋駅は高架化するべきです。
なぜなら、久喜駅も駅舎の老朽化が著しい上、ここで緩急接続ができる事、東武との乗り換えがやりやすくなっている事からやはり久喜駅~栗橋駅は高架化に値するほどの内容だと俺は思います。
又、東鷲宮駅の中途半端な高架化を完全に実行でき、東口開設につなげられる事、栗橋駅の島式2面4線化により東武特急の乗り換えがしやすくなるなどの利点があるなど、やはりやるべき課題が非常に多いかなと思いますね。
そうする事で古河駅まで複々線化ができるでしょう。

・久喜駅と栗橋駅は高架化と同時に東武も高架化させる必要がある。

そして久喜駅と栗橋駅は東武の駅舎の老朽化や乗り継ぎも非常に重要視されます。
ですから栗橋駅と久喜駅は東武の駅も高架化する事で、東武特急とJR特急の乗り換えが非常に向上されるからです。
故にその原理を利用して東武もJRも高架化して乗り換えを向上させる事、東武も栗橋駅での乗り換えが便利になり、東武特急と東武普通列車の増発がしやすくなるなどの利点からやはり東武の高架化はやはり大事な要素だといえるでしょう。

・宇都宮駅は高架化して回遊性を上げるべき。

「宇都宮駅」の画像検索結果
そしてLRT問題を考えると宇都宮駅は高架化して回遊性を上げるべきだと思います。
なぜなら、宇都宮駅は高架化する事で回遊性が非常に上がる事、LRTを通しやすくなるなどの利点が存在するからです。
特に宇都宮駅は島式3面6線化する事で烏山線と日光線の直通列車を通すことが可能になります。
加えて、水戸線を改良して宇都宮方面まで行けば黒磯以遠の直通も非常に容易になるといえます。
ですから宇都宮駅以南は複々線化して、小山駅で内側のホームを水戸線と両毛線の始発列車、外側は宇都宮線の列車を走らせ、そこから水戸線は宇都宮方面、東京方面は両毛線に直通する列車が増えるので必然的に、東武の競合路線率が上がります。
そうする事で東武の独占が防げる他、水戸線列車を黒磯駅~宇都宮駅~小山駅~水戸駅という列車の設定が可能になり、列車の合理化も行われるかと思います。
そして高架化された宇都宮線により、高架下にLRTが走れる状況が生まれ、LRT建設も楽に行われ、宇都宮駅乗り換えも向上されるのでLRTにも多きく貢献するでしょう。
つまり高架化する事で宇都宮線のLRTが通せる利点があるといえます。

・JR宇都宮線は高架化すれば利用者が増える事を知るべし。

更にJR宇都宮線は高架化する事で駅周辺の違法駐輪が減少し、さらに歩きやすい町になるので鉄道利用者も増加するのでそれが宇都宮園の活気をつなげられます。
ですからJR宇都宮線は特に蓮田駅、久喜駅~栗橋駅、宇都宮駅の高架化を行う事で利用者増加に転じられるといえます。
それをわかっていたら鉄道利用回帰の重要性を理解できると思います。

まとめ

ですから鉄道問題を理解するためにはまずは宇都宮線の一部駅の高架化は非常に優先であり、宇都宮線の利用者を取り込むにはそれ位の事をしないと利用者が戻ってこない俺はおもいます。
ですから高架化をはじめとして宇都宮線を改良する事で上野東京ラインなどの速達性にもつなげられる要因になるかと思います。
JR東日本は鉄道を見直す上でもこれらの政策が必要になるし、他の首都圏の鉄道にも問題あると俺は思います。

次回

『一部立憲支持者のネトウヨ的言動と差別的言動について。』
を説明します。
DATE: CATEGORY:動画時事
山本太郎さんの下北沢駅での演説が凄く耳に響く。
何個の動画もあるが、これが凄く良い。
山本太郎さんと山尾志桜里さんとの連携は必須だと思います。


意外と経団連も小沢政権支持していたりするかもしれない。
その兆候を感じる板垣さんの記事です。

********
◆〔特別情報1〕
 米中貿易摩擦の煽りは、米国ブランドの半導体の部品を担っている日本の企業も出荷停止とならざるを得ず、日本のハイテク産業をも直撃する。
 たとえば基板にインテルのcpu(コンピュータの制御や演算や情報転送をつかさどる中枢部分。中央処理装置)が乗っていて、その周辺に村田製作所の総セラミックコンデンサーのセキセラが乗っているとすると、それも出荷出来ない。
 コンデンサーとかテーコーは、cpuの保護部品で欠かせないものなのだが、日本のものが多く使われている。
 いまはまだいいとしても、電子部品は、納期に3か月くらいかかるため、この米中貿易摩擦による出荷停止の事態は、これから3か月後くらいから大きな影響が出てくる。
 まるで第3次世界大戦前夜の状況に、打つ手がない安倍晋三政権を根底から揺るがし、参院議員選挙で大敗北もあり得る。
 上皇陛下のごく近くにいるコンピュータのプロ中のプロである吉備太秦は、以下のように米中貿易摩擦の煽りを受け止めている。

********
その通りですね。
DATE: CATEGORY:道路の問題点(関東)
今回は車線変更の意思表示について説明します。
土日の関東圏のナンバーを見ると意思表示が弱いドライバーが非常に多く、更に車線変更したくても出来ない走り方が多くて非常に困惑します。
なので今回は車線変更について説明しましょう。

・車線変更の意思表示がハッキリしないと事故に繋がる。

まず、車の交通マナーを意識する際には車線変更がマナーの良し悪しの決め手です。
なぜなら、車線変更の酷さが交通マナーの悪さや交通事故へと進んでいくからです。
なのでやはり車線変更する際には意思表示をはっきりさせることが非常に大事だといえます。
故に入れるタイミングをしっかりと取る事で多くの問題を解決できると思います。
故に車線変更に意思表示は交通マナーを見極める上で非常に大事な要素だといえます。
これらについて詳しく説明しましょう。

・入れる意思表示を見せない関東圏のナンバーは車線変更しにくくさせている。

まず、関東圏のナンバーについて書くとまず、入れる意思がはっきりしない事、車間を詰めて走るので入れさせてくれないことがしばしあります。
これが何故、問題になるかというと車線変更が下手という事は正面衝突事故へと発展するからです。
車線変更する時間がかかればかかるほど、交通事故は起こりやすくなります。
2秒未満だとそれが出るのでそれを避ける上でも車線変更しやすい行動が非常に大事だといえます。
ですから関東圏の場合はまずは速度より車線変更しやすい行動にとることが大事だといえます。

・車線変更のマナーは速度より重視すべき。

故に車線変更は速度より交通事故を起こりやすさを出すものなのでやはり交通マナーで車線変更を重視するべき理由はそこです。
車線変更のマナーが悪い事はその土地の交通マナーが悪いといってもよいでしょう。
ですから車線変更を見る事で交通マナーははっきりしやすいといえます。
現にアメリカは郊外の幹線道路のマナーが悪いといわれるのは実は、この車線変更が関係している事、それがもらい事故などを起こしていることが非常に重要な指摘だといえますね。

・スピード違反以上に車線変更変更をさせない走り方をさせるドライバーに取り締まりを。

なので警察もスピード違反より車線変更妨害をするドライバーには基本的に取り締まる事が大事だといえます。
なぜなら、上記の通り車線変更は事故につながる要因になるのでそれを見極めて車線変更妨害するドライバーは優先的に取り締まることが非常に大事だといえます。
なので追い越し車線の車が走行車線の車の車線変更妨害などは取り締まりの対象に入れても良いかと思います。

・優柔不断な運転は事故のもと。

最後に優柔不断の運転は事故の基になります。
なぜなら、瞬時の判断能力が試される運転に優柔不断の運転は相手がわからず、交通事故を誘発する要因につながるからです。
ですから車を運転するときはできるだけ判断を即決する事が非常に大事だといえます。
特に車線変更で優柔不断な運転は事故を誘発するのでより注意が必要でしょう。

まとめ

つまり車線変更はその土地の交通マナーを見極める上で非常に大事な事になります。
アメリカの場合はどうしてももらい事故の多さや車線変更の悪さが郊外を中心に多かったのでそれが悪さの要因につながったからです。
日本でも首都圏での交通マナーの悪化や酷い事故の要因は案外、ここにあると思います。
特に高齢者ドライバーは判断が鈍くなるので関東の走り方だと焦って事故を起こす可能性が高いと感じてきます。
ですからその問題も考えるべきかと思います。

次回

『宇都宮線は高架化すべき理由』
について説明します。
DATE: CATEGORY:動画時事
オプエドが奏でるファーウェイ問題について話します。
この問題の本質はファーウェイが5G関連の技術が主な争点です。
米中は争いながら実は保護主義を目指すと思います。
アメリカも中国も保護主義で経済発展したのは事実です。
対して、日本や欧州、韓国、インドはグローバリズム政策で衰退しているのとは対照的なのがわかります。

だから安倍VS欧米が共に周回遅れのグローバリゼーションなのがその為です。


米戦争屋とモディ政権はディープ・ステートの仲間です。
モディのせいでインドは衰退しています。
これを見逃してはいけません。

*********
◆〔特別情報1〕
 インドとパキスタンは、「第3次世界大戦」の「4大戦場」(朝鮮半島・中国とインド、インドとパキスタン、中東=イスラエルとイラン)の1つに数えられている。
 このため、「シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである」という計画をイスラエルの情報機関「モサド」が、密かに実行に移しつつあると受け止めなくてはならない。
 朝日新聞DIGITLは5月16日午後6時37分、「ISが『パキスタン州』設立宣言 南アジアで影響力誇示」(イスラマバード=乗京真知)という見出しで記事を配信した。
 
 この情勢について、以下、パキスタンのあるジャーナリストからの特別最新情報である。
 「中国が、一帯一路政策の名の下で、パキスタンのグァデルからトルクメニスタンを通ってヨーロッパとつながる道路を建設している。このことが気に入らない米国やインドが、イスラエルとイランの核戦争を仕掛けている可能性が考えられる。もともとパキスタンからホラサン州に繋がっている地域があり、その地域のなかで独立しようとしていた人たちがいるけれど、彼らを使って仕掛けていることも考えられる。ISによる『パキスタン州』や『インド州』設立などは、いわばテロみたいなものであり、それを日本の大手新聞が報道することは、日本がテロに加担しているのと同じとみなされてしまいかねない。日本で取り上げて報道するほどのニュースではない。むしろ、フェイクといとってもいいほどの、くだらないニュースだ。このニュースはおかしい」

*********
確かにこれはフェイクだし、非常に問題あると思います。
安倍政権や欧米出羽守はどちらも世界から相手にされない認識を持つべき。
だから小沢政権が必要だと思います。

copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ