FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(ロシア・イラン)
今回は、モスクワ中央環状線について説明します。
何故、これを書いたかというとモスクワ中央環状線は現在の5両編成では非常に輸送力が足りない状況まで来ているからです。
加えてホームも10両まで対応しているのですが、やはり10分間隔の運行をする為にはそういう意味でも本数をもっと増やすべきかと思います。
故に何両編成が適切なのか考えてゆきましょう。

・モスクワ中央環状線は10両で足りるのか。

「モスクワ中央環状線 10両」の画像検索結果
モスクワ地下鉄の利用者は世界でもかなり多い部類になり、既に環状線を中心に非常に混雑しています。
既に、5両でも足りない状況が露わになっているので10両化が非常に大事になると思います。
しかし、10両で足りるかというと非常に疑問です。
仮に10両化しても非常に混雑率が上がって利用者が多くなった事で多くの問題が露呈されるからです。
なぜなら環状線が混雑している状況かでこちらを10両化したらこちらに流れる事、そして自動車や鉄道の渋滞が激しいモスクワでは10両では足りないと俺は思うからです。
故に12両編成にするのが望ましいと思います。

・運転間隔は10分に1本が適切かと…。

そして運転間隔を整理すると10分に1本感覚が望ましいかと思います。
なぜなら、利用者が多い列車では基本的に10分に1本ないと利便性的に非常に疑問視される状況が生まれるからです。
それでまとめると、10両以上で10分に1本という事は60分なら60両以上になるからそれで非常に輸送量があると思います。

・12両があった方が柔軟な輸送ができて良いのではないか…。

しかし10両でも非常に疑問視される状況なのでやはり、ホームを12両に対応したほうが柔軟に対応できると思います。
なぜかというと10両+2両、8両+4両、6両+6両の運用ができるので利用状況に応じて柔軟な運用ができると思います。
故に、12両編成に対応する事が非常に大事かと思います。

・トイレと転換クロスはあった方が良い。

トイレと転換クロスは新製車でもあった方が望ましいです。
そうする事で、利便性が向上されてトイレと転換クロスによって非常に便利な状況が非常に産まれると思います。
なので、転換クロスとトイレを合わせて効率よくすると非常にモスクワ中央環状線の利便性が上がるでしょう。

・快速運転などは必要か。

そしてモスクワ中央環状線は速達性も考えるとやはり快速運転が必要だと思います。
ここに快速運転が行われると、主要駅に停車して乗り継ぎが非常に良くなるので利便性的も向上されます。
故に、モスクワ中央環状線はモスクワ地下鉄の混雑緩和と居住性向上のために必要だといえるのです。

・モスクワ中央環状線がモスクワ地下鉄の混雑を緩和させる。

つまり、モスクワ中央環状線がモスクワ地下鉄の混雑を緩和させる最大の路線となります。
故にモスクワ中央環状線こそモスクワの交通事情を改善させる最大のツールだと思います。

まとめ

なので、モスクワ中央環状線の利便性や居住性向上こそモスクワ地下鉄の混雑緩和につながる最大の要因かと思います。
なので、モスクワ地下鉄の問題を考えたうえで、モスクワ中央環状線を考えると良いでしょう。

次回

「信越本線横川駅~軽井沢駅は貨物専用で復活させる必要性。」
について説明します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ