FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(関東)
今回は相模線複線化の際に八王子直通の必要性について述べて行きます。
個人的に相模線複線化が必要な理由はやはり、平塚駅〜八王子駅を結ぶ事で利便性や速達性の向上に繋げる必要があるからです。
今回はそれについて述べて行きましょう。

・複線化と同時に八王子駅を直通させる必要性

「相模線複線化」の画像検索結果
相模線の複線化はもちろん必要です。
なぜなら、複線化する事で相模線の利便性が向上し、愛川町や厚木市北部の鉄道の利便性を向上出来るのが理由です。
内陸中津工業団地の利便性向上は非常に必要だと思います。
しかし、相模線が単線だと本数が増えず、原当麻駅などの利便性が向上されないので非常に不便な状況が生まれます。
ですから、相模線の利便性向上の為、まずは全線複線化が妥当といえます。
そして海老名、本厚木、橋本から愛川・厚木北部に向かうバスを原当麻駅や相武台下駅向かうバスを増やすべきだと思います。
原当麻駅のバスを増やすべきなのはやはり、相模線の利便性を増加させてバスの運行距離を縮めてバスの付加価値を上げる事につきます。
加えて北里大学・相模大野に向かう病院も用意すると良いでしょう。
これらの便によって、相模線の本数が増えて、愛川・厚木北部と北里・相模大野を結ぶ事でバスの距離の短縮と利便性向上で大きな変化を生み出せるからです。

そして同時に八王子行きのバスも必要です。
なぜなら、中央線は八王子市発がある事、八高線の始発で横浜や海老名のベットタウンの側面もあるのでそれらの改善の為、八王子~茅ヶ崎を結ぶ列車を作る事で、中津や北里を結ぶバスの向上につなげる必要があるでしょう。

・海老名駅〜橋本駅は横浜線乗り換えが有利だからこそ。

但し、運賃面でも見直しが必要です。
というのも海老名駅~橋本駅間は横浜乗り換えの方が運賃が安い場合が多く、本数面では圧倒しているからです。
ですから、それらの問題を考慮すると相模線全線と東海道線平塚以東は特定電車区間導入が必要となります。
そうしないと運賃が安くならないし、せっかくの複線化も町田乗り換えが有利ならあ違いなく利用者が流れない事が明白でしょう。
ですからそういう面の防止の為にも相模線の運賃見直しは必須となります。

・平塚駅直通の必要性。

次に平塚駅直通は必要です。
茅ヶ崎はそこまで利便性が良いとは言えず、平塚の方がららぽーとなどがあるので利便性は非常に高いからです。
ですから、平塚駅直通を増やして利便性を向上させる事で平塚~八王子を鉄道で往来できる事でバス便をこちらに流す役割を繋げられるでしょう。

・寒川や愛川のモーダルシフトには複線化と平塚、八王子直通を作る必要がある。

故に寒川、愛川のモーダルシフトには相模線複線化はもちろんの事、平塚や八王子直通を作る必要があるでしょう。
最も平塚直通の場合は基本的に貨物線を利用して国府津駅、平塚駅、大船駅に東海道線ホームを新設して15両に対応し、それを大船駅まで延長させて湘南新宿ラインや上野東京ラインの優等列車をそちらに流せば良いだけです。
そうする事で、遅延防止と貨物線ホームの有効活用につながると俺は思います。
大船駅~戸塚駅は渡り線画あれば十分だし、小田原駅は既存のホームから貨物線に移行する事で大きな効果を得られるでしょう。

まとめ

ですから相模線の複線化は県央地区のモーダルシフトのほかに茅ヶ崎駅~相模原の利便性が向上され、モーダルシフトの役割を与える事が可能です。
ですから相模線複線化は八王子直通の増便と共に検討し、平塚延伸も考える必要があるでしょう。

尚、相模線の複線化問題も際ともあるのでこちらも参照に…。

次回

『長州や会津に通じる三河人気質の非人道性。』
について述べて行きます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ