FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(関東)
今回は三田線の北朝霞駅の延伸の方が何故、重要なのか考えてゆきましょう。
個人的に大江戸線が東所沢延伸はあまり意味がないものだと思います。
その理由としてはやはり武蔵野線で東武東上線や西武池袋線、JR中央線などに乗り換えが用意なのに何故、そこまでする必要があるのか非常に疑問視しているからです。

故に三田線北朝霞駅延伸が必要になるのは東上線、三田線、武蔵野線の3つに乗り換えが用意になるからです。
それらの利点を合わせて書いてゆきましょう。

・大江戸線東所沢延伸は採算性、需要的に疑問視が多い。

「都営大江戸線 東所沢延伸 不要」の画像検索結果
↑これを見ても採算面で疑問視される部分が多い。

大江戸線東所沢延伸は非常に疑問視の高い経路だと思います。
理由としては大江戸線が快速運転が取れない事、西武池袋線と競合する事等が主な理由です。
更に東所沢駅は武蔵野線しか乗り換える事が出来ず、この区間の建設には狭い住宅街も多いので建設が非常に困難な状況だと俺は思います。
それらを考えるとせっかく黒字になった大江戸線ですが、これでまた赤字になるのは明白でしょう。
モーダルシフトは非常に大事ですが、明らかに競合で劣るような建設は非常に疑問視する事も非常に大事だといえます
また、大江戸線の東京都心駅は深い場合が多いので尚更ダメな要因といえます。
しかし、大江戸線東所沢延伸の問題はそれだけではありません。

・大江戸線は東京駅のアクセスが悪いのも難点。

「都営大江戸線 東所沢延伸 不要」の画像検索結果
↑東京駅(大手町駅)のアクセスも悪い。

大江戸線は東京駅のアクセスが非常に悪いのも問題です。
なぜなら、大江戸線は新宿や都内南部へのアクセスは高いですが、東京駅のアクセスは非常に悪い特徴があります。
故にこのアクセスが非常に悪いのが要因で東京駅のアクセスが出ないのもやはり東所沢延伸の必要の薄さが出ている要因だと思います。

・三田線が北朝霞駅延伸すれば東京駅のアクセスが非常に向上される。

「三田線 北朝霞駅延伸」の画像検索結果
一方、三田線の経路は大手町(東京駅)や三田駅などを経由する為、非常に有望な路線です。
更に地上区間は急行運転を行う事が出来れば利用者を取り込むことができるので所要時間面でも十分需要があります。
但し、東上線直通は東武が拒否するので武蔵野線・東上線と接続するだけの駅にするのが重要かと思います。
そうする事で、西埼玉や浦和地区から東京都心へのアクセスが向上されるので非常に利便性が向上します。
ですからここを結ぶ事で東武朝霞台駅やJR北朝霞駅の利用者が増加し、それがJRの利便性を向上させられる要因になるのでやはり延伸は必要だと思います。

・東武、JR、都営の3つがあるからこそ利便性が非常に向上される。

東武、JR、都営地下鉄の3つが結線するからこそ利便性が向上されると思います。
こういう駅は普通は存在しないのでそれらを合わせる意味でも北朝霞駅・朝霞台駅での乗り換えが非常に大事になります。
そしてそうする事で、東武東上線とJR武蔵野線沿線から利用者を取り込められる最高のチャンスだと私区は思います。
ですから、西武池袋線と競合する大江戸線よりは東京駅のアクセスが高い三田線を接続する方が理にかなっているのです。

・東京駅のアクセスの良さを利用して三田線に急行を新設させる。

東京駅のアクセスの良さを利用して三田線に急行を新設させると良いでしょう。
停車駅は以下の通りです。
目黒駅~巣鴨駅の各駅、新板橋駅、板橋本町駅、志村坂上駅、志村三丁目駅、高島平駅、西高島平駅、北朝霞駅の順で停車するのが望ましいといえます。
また、西高島平駅から西の駅は新倉駅、北朝霞駅のみです。
つまり、新倉PAの近くに駅があるだけで非常に問題なく移動できる事が明白だからです。
故に外環道からの利用者を取り込むことも非常に大事になるでしょう。
尚、緩急接続駅は高島平駅となります。

・北朝霞駅~新横浜駅まで結べれば新横浜駅のアクセスも向上する。

そして北朝霞駅延伸は新横浜駅まで結ぶことが出来るのでアクセスも当然向上します。
つまり、北朝霞駅~新横浜駅までアクセスが向上されれば新横浜駅まで1本で行く事が出来るし、目黒線がそれを担うので当然、利便性が向上されます。
目黒線は相鉄直通の差異に新横浜線に代わるのでそれは非常に大きいといえます。
東上線からだと東横線の方が速いですが、武蔵野線からだと三田線でも問題ないでしょう。

・採算性、利便性等を考えると三田線北朝霞駅延伸が非常に望ましい。

そう考えると利用者や採算面の問題などを考えると三田線北朝霞駅延伸の方が非常に望ましいといえます。
大江戸線は深い駅が多く東京駅のアクセスが非常に弱いのが難点ですから通勤重視を考えるとやはり三田線北朝霞駅延伸が非常に望ましいといえます。

・大江戸線東所沢駅と三田線北朝霞駅延伸での利用状況を予測してみる。

最後に大江戸線東所沢駅と三田線北朝霞駅の例を元に利用者がどこまで増えるか比較してみましょう。
そうする事で利用者の違いも分かると思います。

三田線北朝霞駅延伸だと。
1.東武東上線朝霞台駅 乗降人員約20万人(未開通時点で16万人。)
2.JR北朝霞駅 乗車人員 約10万人(乗降人員20万人で、未開通時点で乗車人員7万人。)
3.都営地下鉄北朝霞駅 乗降人員10万人

和光市駅は減らないどころが少し増えるでしょう。

逆に大江戸線東所沢駅だと…。
1.大江戸線東所沢駅 乗降人員 約5万人(始発特権はあるが西武池袋線と競合する。)
2.JR東所沢駅 乗車人員約4万人

という風に考えても三田線の延伸の方が利便性が高いのはいうまでもありません。
そう考えると三田線の方が公益にかなっていると思います。

まとめ

大江戸線延伸が意外と採算が取れない。
駅が深い、西武池袋線と競合する状況を考えると大江戸線は採算が取れないのが明白です。
ですから三田線北朝霞駅延伸の方が利便性などが上がるのは言うまでもないでしょう。

次回

『相模原市長選で争点になるもの』
を説明してゆきます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ