FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(関東)
今回は埼京線板橋駅と十条駅の高架化を進める必要性について書いてゆきます。
この2駅は当然ながら通過禁止駅となっており、快速などを通過させるには高架化する必要があります。
ですからこの2駅の問題を含めながら川越線、相鉄直通線などを考えてゆきましょう。

・十条は高架化されるが…、

「十条駅 高架化」の画像検索結果
まず、埼京線の十条駅が高架化は確実でしょう。
何故なら、ここが高架化されていない事で人身事故などを引き起こす要因になっているのが非常に明白です。
更にそれらと信号設備の関係で原因で快速の通過が不可能な状況になっている事も考えると十条駅の高架化は必須でしょう。
つまり十条駅高架化当然ながら必須案件だと俺は思います。
しかし、それ以上にネックになっているのが板橋駅です。
それについて詳しく説明しましょう。

・板橋駅のネックをどう解消するか…、

「板橋駅」の画像検索結果
板橋駅も周辺に踏切があり、それらで人身事故を起こす要因になっているので非常に問題があると思います。
しかも板橋駅は首都高や都営三田線などがある為、高架化などは不可能な状況である為、非常に難しい問題を抱えています。
それらを解消する為にはどうする必要があるのか考えるとやはり、ホームドア設置が最優先する必要があると俺は思います。
快速通過禁止駅の場合はホームドアで人身事故をいくらか防げる方法があるのでそれらを多用すれば間違いなく人身事故は確実に減ってきます。
故に板橋駅はホームドア設置を最優先し、十条駅は高架化と同時にホームドア設置すると良いでしょう。

・埼京線の遅延の要因は主に3つ。

そして埼京線の遅延要因は主に3つあります。
以下の通りです。

1.板橋、十条駅の通過禁止。
2.川越線の単線。
3.湘南新宿ラインなどの蛇塚信号所の平面交差

これら3つが主な要因といえます。
1つ目は上記の通りだし、2つ目は当然輸送力や遅延防止を考えると複線化は必須です。
問題の3つ目は現在、平面交差解消工事が行われていますが、ここを西大井駅から上りだけは2線化して平面交差を解消すればホームを弄らなくても可能なので非常に考える必要があるでしょう。
川越線も車庫がある南古谷駅~川越駅間は複線化して八高線電車を極力流す方向に示すと良いでしょう。

・相鉄線直通で遅延を防ぐ為に、高架化とホームドアが必要。

そして相鉄線が将来的に川越まで乗り入れる状況が来ています。
それらを防ぐ為にも川越線の複線化は当然な他、十条・板橋駅の高架化やホームドア設置は非常に重要になります。
故に人身事故を減らすうえでも板橋駅のホームドア設置が最優先、そして十条駅の高架化とホームドア設置を行う事で快速通過禁止は解除できると思います。
後は信号設備の更新して、通過可能な構造にするべきだと思います。

・勿論、川越線複線化はないと危険。

但し、遅延防止の為には川越線の複線化は必須となります。
何故なら、この区間が単線である事自体が非常におかしい事であり、輸送密度も約9万人/日と考えるとこれは複線化必須な案件です。
遅延防止には十条駅高架化などして快速通過する構造は勿論ですが、川越線複線化は当然しないと遅延対策になりません。
加えて車両基地も川越にある事に驚いたのでその面を考えると川越線複線化は当然ながら必須になるでしょう。

・埼京線は遅延が起きやすい要因が沢山ある。

他にも埼京線が遅延が起きやすい要因は他にありますが、主に川越線、蛇塚信号所、板橋・十条駅の構造が主に阻害要因です。
勿論、新宿駅のホームの狭さや渋谷駅の危険な構造などは改善するべき案件ですが、詳しいことを書くと長々しくなるのでここでは割愛します。
しかし川越線、蛇塚、板橋・十条が3大遅延要因だと俺は思いますのでそれらの解決が非常に優先されると思いますね。

まとめ

埼京線の遅延は他にもいろいろありますが、最大はやはり板橋や十条駅が非常に大きいかと思います。
人身事故による処理より高架化して抑える方が長期的な費用は抑えられることを考えるとやはり高架化は非常に大事かと思います。

次回

『東名厚木IC付近の渋滞解消を考える。』
を説明します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ