FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(近畿・北陸)
今回は桜井線の複線化について考えてゆきます。
何故、これを進める必要があるかというと桜井線が複線化されない事で様々な弊害が起きているといっても良いからです。
それらを含めて考えてゆきましょう。

・桜井線は奈良駅~桜井駅まで複線化が必要。

「桜井線」の画像検索結果
桜井線は奈良駅~桜井駅までは複線化が必要です。
何故、必要かというとやはり桜井駅~京都駅の輸送を強化する事が非常に大きいからです。
何故なら、桜井駅~京都駅を直通する列車は近鉄には存在せず、それが非常に奈良県の交通事情を改善する要因に繋がります。
そして天理駅も複線化され桜井駅~京都駅を結ぶ列車で臨時以外でも常時運転ができるので非常に交通状況は大きく変わると思います。
又、桜井駅以西も和歌山線を含めて全線複線化して天王寺駅を結ぶ列車を作ると非常に良い設計といえるでしょう。

・需要開拓は非常に必要な政策。

鉄道の場合は当然ながら需要開拓が非常に大事になります。
何故、需要開拓が非常に必要かというと需要開拓により移動が非常に向上される事が既に判っているからです。
ですから需要開拓をする為には直通運転を増やし、人員整理を含めて運行系統を分離する事が非常に大きな傾向といえます。
だから需要開拓が非常に重要であり、川越線がおろそかになっている状況は非常に良くない状況といえますね。

・国鉄時代に奈良の路線は冷遇された。

そして国鉄時代に奈良の路線は冷遇されました。
これは東京一極集中政策で非常に問題になった政策といえます。
つまり、ここで問題なのは民営化でなくJR東日本や北海道でありがちな動労式経営と国鉄の東京一極集中政策が鉄道廃線に導いたといっても良いでしょう。
そしてそれが奈良の路線冷遇の影響でJR西日本は多額の投資をせざるを得ない状況が作られました。
つまり、それが奈良の路線の貧弱性の正体であり、単に国鉄に戻してもダメな理由がそこにあるといえます。
JR東日本が国鉄的な方針が見えているから尚更だと思います。

・近鉄独占で良いのか?

そして近鉄独占する程、奈良の路線はやせ細ります。
何故なら、どこの鉄道会社もそうだが、独占度の高く収益の高い路線は手を抜きます。
現にJR東日本は武蔵野線などをほったらかしにするなどをしているのは当然です。
又、JR東日本は肝心の鉄道事業に金を出さない悪しき風潮から絶対に近鉄独占は本当に良いのかと疑念を浮かびます。
ですからそれを改善する為にはやはりある程度の競合路線が必要であり、競合路線が作れられる事で乗客は選択肢を作り出せます。
ですから選択肢を作れる方式こそ、積極的な路線投資ができると俺は思うのです。

・JRと近鉄の棲み分けを含めながら考える。

但し、過度な競合は福知山線事故を誘発する可能性があるのでそれを防ぐ為にはやはり、近鉄とJRの棲み分けはある程度進めるべきだと思います。
故にJRと近鉄の棲み分けが非常に大事な方針を示しながらどちらを選べる路線を作らないと状況は改善しませんね。
棲み分けと競合を上手く合わせ技が実は鉄道を守る方針になります。

・桜井駅~京都駅の需要は意外と大きい。

当然、桜井駅~京都駅の需要は意外と大きいです。
現に王寺駅~京都駅の需要開拓を非常に重要視する事が非常に大事になります。
ですから王寺駅・桜井駅~京都駅を利用者数を増やす事が非常に大事になるのは徒然でしょう。

まとめ

故に桜井線複線化は需要開拓の他に奈良線や片町線の複線化も非常に大事な方針になります。
そういう面を含めて桜井線の他に奈良線や片町線の複線化をして直通を増やす事で、近鉄に少しでも刺激を与えるべきだと思います。

次回

『米軍基地がない方が街が発展できる理由』
を説明します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ