FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(中四国)
今回は予讃線の複線化について説明します。
予讃線は岡山~香川と松山近郊区間は複線化するべきだと思います。
なぜなら、この区間は利用者が多く、琴電や伊予鉄などと競合しているためです。
そういう問題を解決する為に、予讃線複線化について説明しましょう。

・香川区間は岡山駅~高松駅&観音寺駅&琴平駅までまで複線化すべき理由。

「予讃線 複線化」の画像検索結果
まず、香川区間について説明します。
香川区間は岡山駅~高松駅及び観音寺駅&土讃線琴平駅まで複線化するべきです。
なぜなら、これらの路線は岡山都市圏に組み込まれており、この岡山都市圏の鉄道輸送として非常に有効な輸送になるからです。
特に観音寺駅~高松駅及び多度津駅~琴平駅は岡山都市圏を支える上でもかなり重要な区間の他、琴電の競合区間として機能するのでそういう問題を解決する上でも非常に大事な区間となります。
ですからそういう問題を考えて香川区間は基本的に複線電化が望ましいといえます。
同時に土讃線伊野駅以東は全て電化した上で、高知駅以東の特急列車は全て電車化する事で岡山駅~四国の特急を原則電車で統一する事が可能になります。
また、高徳線や徳島線は全線複線電化して、徳島駅~小松島線の港湾行きは全て複線電化すれば高松駅~小松島港間の電車運行が可能になり、それらの地域は基本的に電車を走るようになります。
そういう問題を含めて高松近郊や高松発着の路線は全て電車化するのが望ましいといえます。
また、徳島駅~佐古駅は高架複線化させた上で、佐古駅と徳島駅は島式2面4線の高架駅にするのが望ましいでしょう。

・愛媛区間は伊予市~伊予北条駅まで複線化すべき理由。

愛媛区間は伊予市駅~伊予北条駅まで複線化するべき理由は言うまでもなく伊予鉄との競合区間に影響しているからです。
そういう問題を考える伊予鉄との利便性を向上させる事で非常に大きな利便性が生まれるのでやはり考える必要があるでしょう。
また、この区間は松山駅が高架化され、伊予市駅、伊予北条駅、松山駅は快速と特急の為に島式2面4線化が必要だといえます。
そうなると、普通列車は基本的に伊予市駅~伊予北条駅の区間運行が可能になり、松山駅の地域輸送が大きく可能になるのでこの編は考えておく必要があります。

・琴電と伊予鉄は競合しながら自転車利用者を電車通勤に転換すべき理由。

「琴電 複線化」の画像検索結果
同時に琴電と伊予鉄にも金を掛ける必要があります。
琴電と伊予鉄は競合しながらも特に自転車利用者を電車通勤に転換するべきです。
琴電なら瓦町駅付近の高架化と琴平線岡田駅以東、長尾線と志度線全線の複線化。
そして長尾線の長尾駅~讃岐津田駅を複線延伸として開業させる必要があります。
そうする事で、讃岐津田駅~高松駅まで競合する状況になりモーダルシフトが大きく進むことが可能になるからです。
また、高松地区がモーダルシフトになる事で香川の交通マナーも大きく改善され、鉄路を強化させる事が非常に貢献できると思います。

「伊予鉄 複線化」の画像検索結果

伊予鉄も同様で松山市駅の高架化を前提に起きながら横河原線と群中線全線を複線化させる必要があります。
そうする事で、横河原線~群中線や横河原線~高浜線の往来が更に増えてモーダルシフトに貢献する事が可能になるからです。
それによって自転車通勤していた人が鉄道に流れて大きな効果を生み出すことを考えると伊予鉄と琴電双方で高架化を起こす必要があるでしょう。

・香川区間は岡山との連絡をしっかりと強化させる必要がある。

そして香川区間は岡山駅との連絡をしっかりと強化させる必要があります。
というのも香川県は高速バスで関西方面の方が圧倒的に優位になっており、大阪や兵庫に需要が非常に大きいからです。
そういう問題を考える上でも香川区間は基本的に岡山駅との需要を強化させる事が非常に大事だと思います。
そうする事で高松駅の乗車人員2万人超えのみならず、岡山駅の乗車人員が10万人を超える状況が生まれるから猶更です。
そういう面を考えて岡山と四国を強化させる必要があります。
しかし、それを行うには宇野線にも改良しないといけません。

・宇野線もJR四国管轄にしよう。

「宇野線 複線化」の画像検索結果
まず、宇野線は基本的にJR四国に管轄を移すべきです。
なぜなら、宇野線はJR西日本だとあまり利用者が来ない事が非常に明白であり、四国と西日本の共同運航になっていろいろと利害が絡むからです。
ですからそういう問題を考えても宇野線は基本的にJR四国が運営し、ICOCAなども従来通り、使用可能な構造にする事で宇野線の複線化などを促し、利便性を向上させる事が非常に大事だといえます。
そういう問題を考える上でも、宇野線はJR四国に移管すべきだと思います。

まとめ

ですから宇野線をJR四国に移管しながら四国の鉄道を強化させる事が非常に大事だと思います。
四国は車や自転車の分担率が共に高い事、琴電や土佐電、伊予鉄の影響が非常に高いことから四国がいかに鉄道をしっかりさせるのかが重要になって行きそうです。

次回

『米子自動車道と秋田自動車道は無料化すべき理由。』
について説明します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ