fc2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ホテルとマルチ端末論
今回はコーナンやハンズ、コメリなどのホームセンターに必要なマルチ端末機能について考えてゆきます。
コーナンやハンズ、コメリなどのホームセンターに必要なマルチ端末機能はやはり、収納家具や飲み物、木材などの予約品やコーポレートカードなどの法人向け機能の拡充などが必要だと考えて良いでしょう。
この意味を含めてホームセンターで必要なマルチ端末機能について説明してゆきましょう。

・まずは、コーポレートカードとマルチ端末の連携は必須。

コーナンコーポレートカード|建デポ [オフィシャルサイト] - プロ専用の会員制総合建材店
まずは、ホームセンターはハンズを除いてマルチ端末とコーポレートカードの連携は必要だと考えて良いでしょう。
なぜなら、コーポレートカードとマルチ端末の連携によってホームセンターと法人などの大口顧客の取引を基本的に簡略させることが大いに可能だと考えて良いでしょう。
特に大口顧客の場合は時間の問題が非常に大きいため、オンライン通販やマルチ端末で登録したコーポレートカードをマルチ端末で通すことで大口顧客用の取引が非常に楽になり、この意味でも労働作業は非常に楽になる事からこれを積極的に導入した方が良いと考えて良いでしょう。
そうすることで大口顧客はマルチ端末経由で商品取引が非常に楽になり、取引がスムーズにできる利点があるからなおさら、導入するべきだと考えて良いでしょう。

ホームセンター内では電子マネーチャージとレジの電子マネー決済対応可は必要。

マルチチャージ機
また、ホームセンター内の場合、マルチ端末電子マネーチャージとレジの電子マネーチャージ決済対応可は必要だと考えて良いでしょう。
つまり、マルチ端末でチャージがやれる状況を作り出し、ホームセンター内での決済情報を作り出すことが大事だと考えて良いでしょう。
同時に共通ポイントカードなどと電子マネーを連動して割引制度などを導入すると猶更良いでしょう。

・店の取り置き機能もマルチ端末で対応して迅速に予約させる必要性。

同時にホームセンターの場合、共通ポイントカードを利用して、取り置き機能を持たせることでマルチ端末での予約と取り置きができる状況を確保した方が良いでしょう。
同時にマルチ端末で対応した共通ポイントカードいて予約や取り置き対応可能なカードにすることで、予約面でも大幅に軽減できる状況が整えられるでしょう。
つまり、共通ポイントカードのバーコードで登録しておくことでわざわざ自前のカードを用意せずに楽に登録できる状況が整えられると考えて良いでしょう。
つまり、予約や取り置きする際には共通ポイントカードやコーポレートカードなどでやれる体制を整えた方が良いでしょう。

・共通ポイントカードとの連携も必須。

最後にオンライン通販にも共通ポイントカードを登録して共通ポイントカードを利用してマルチ端末で取り置きできるシステムが必要だと考えて良いでしょう。
つまり、共通ポイントカードをうまく連携することで自社のカードを使わずとも割引や取り置きなどが非常に便利な形態で利用できる環境が直ちに求められるでしょう。
こういう意味を含めて共通ポイントカードの番号をオンライン通販サイトで登録してポイント利用はできない代わりに店の取り置き代わりのやり方をして店頭での支払のみにすることで、決済する際に楽な状況ができると考えて良いでしょう。
同時にポイントはたまらないが有効期限のみ延長ができるとポイントカードをいつでも店頭で使える事、電子マネーチャージができる利点があるのでこの意味を含めてやった方が良いでしょう。

まとめ

つまり、コーナンやハンズなどのホームセンターはマルチ端末機能ではコーポレートカードなど利用可能にしたうえで、自社系なら自社のポイントカードが使えるように対応し、共通系ならポイントは貯められないが、取り置きなど対応できるシステムに対応させた方が良いと言えるでしょう。
そうすることでホームセンターが気軽に利用できる利点があるので猶更、導入する必要があるでしょう。
その意味を含めてマルチ端末は必要だと考えて良いでしょう。

次回

『高速道路休憩所に必要なマルチ端末機能。』
について説明します。
関連記事
スポンサーサイト



tag : マルチ端末 電子マネー ホームセンター コーナン 東急ハンズ コメリ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2021 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ