FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
今回は岡山・広島地区の電車特定区間はどこまで必要なのか考えて行きます。
岡山駅と広島駅の重要性は年々、増加しており、特に岡山駅は利用者が急増しています。

今回はそれ対策の為、電車特定区間をどこまで伸ばすか考えて行きましょう。

・山陽本線は何処から何処まで?

「山陽本線」の画像検索結果
山陽本線の場合、瀬戸駅~宮島口駅が電車特定区間が必要な区間だと言えます。
岡山や広島の場合、一体化した電車特定区間導入が必要だと思います。
何故なら、岡山や広島は一体化した方が福山市や三原市などの往来が可能なあちこちで行ける可能性が十分にあるからだとされます。
つまり、瀬戸駅~宮島口駅を電車特定区間にすれば、岡山地区と広島地区の往来が可能になり、この区間の運賃が安くなるので非常に有意義だと言えます。
場合によっては草津駅~宮島口駅まで電車特定区間にするのも良いかもしれません。
何故なら、ICOCAで一体化してあれば、電車特定区間で値下げも期待できるからだと言えます。
とにかく、まずは西日本豪雨で小沢一郎先生の政権をとって2京円の金を使って山陽本線復旧などをやるべきだと思いますね。

・伯備線、吉備線は何処までか?

「吉備線 lrt」の画像検索結果
吉備線は基本的にLRTなどを含めて全線。伯備線は備中高梁駅まで電車特定区間を含めると良いでしょう。
吉備線がLRT化すればこの区間は電車特定区間に転換しても非常に問題ないといえるでしょう。
又、JRは地方の私鉄より割安で行けるので非常に効果あると思いますし、復旧や復興の際にこの方式を採用すると良いと思えます。

・宇野線は茶屋町駅まで。

「宇野線 路線図」の画像検索結果
宇野線の場合は四国との分岐駅となる茶屋町駅まで電車特定区間を延長させると良いでしょう。
ここまでやる事で四国の高い運賃対策になるし、何よりも岡山駅から高松駅まで運賃が安くなる事で非常に便利な鉄道に繋がるといえるからです。
又、宇野線は120km/h運転を行う様に改良すると非常に効果を上げられると思います。

・呉線や可部線は?

「呉線 路線図」の画像検索結果
呉線や可部線の場合、呉線は全線の適用が良いと言えます。
何故なら、山陽本線と競合しているだけでなく競合区間は電車特定区間になるのでそれ対策の意味でも全線適用した方が良いでしょう。
又、呉線の呉駅以西は土砂災害、及び津波対策の為に駅の高架化は必須だと言えます。

可部線は利用者が多い事から、やはりここは幹線運賃に転換して利用者を増やした方が非常に効果的かと思います。
元々、地方交通線だが利用者が多く、幹線運賃でも非常に問題ない事が分かっている以上、幹線運賃で対応し、利用者が増えたら電車特定区間運賃にすると良いかと思いますね。

・非電化区間と福塩線は無理にしなくて良い。

さて、問題は芸備線と津山線、福塩線だが、これらは無理に高架化する必要はないと思います。
何故なら、非電化で本数が少ない事、利用者が少ない事から無理に安くしても利用者が増えない事が明白です。
なので、これらの区間はまずは利用者を増やす方が優先だと思います。

まとめ

つまり西日本豪雨の問題を見てもやはり岡山・広島地区は幹線運賃の適用が必要な区間が非常に多いのは明白だったと思います。
又、自民党の人災の件もそうだが、ダムをある程度流せば簡単に処理出来た事は非常に大きい事を考えると自民党の責任の大きさや運賃を安くしなかった問題などを考えないといけないと思いますね。
大事なのは第三国の視点から世界情勢を見る事を踏まえながら、何が良いか行けないかを考えないといけません。
政権批判のタブーと欧米批判のタブーを打ち破る必要があると思います。
世界や国際という言葉は欧米視点から見た隠し言葉なのでロシアやイランから見た視点の国際情勢が必要なのはその為だと言えます。
つまり、鉄道の問題は欧米を参考にすれば解決できると思うのは大間違いで、欧州の鉄道は既に後進国だし、防火対策などの遅れや鉄道システムの劣化は自動車や自転車優遇政策のツケから来ていると思います。
まずは、割引より正規料金の引き下げが大事かと思います。

次回

『平面区間は3車線化も含めた両側暫定方式が必要。』
についてお送りします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ