FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(北海道・東北)
今回は羽越線について考えてゆきます。
羽越線は日本で最も高齢化・人口減少している地域を走り非常に問題がある路線です。
しかし、高速化の際に特に酒田駅や鶴岡駅は高架化して移動を向上させないと非常に良くないのでやはり改善しておく必要があると思います。
そして、高架化のみならず、羽越線の客を新潟駅や秋田駅に流す必要性について考えて行きましょう。
同時に酒田駅や鶴岡駅の問題点にも追求してみましょう。

・酒田駅は島式2面4線の高架駅にした方が良い。

「酒田駅」の画像検索結果
↑酒田駅は高架化した方が良い。

羽越線高速化を語る際には酒田駅や鶴岡駅の高架化や待避線増設が非常に大事だと思います。
故にまず、酒田駅の高架化する際には当駅で島式2面4線の高架駅にするべきだと思います。
同時に臨海部に車両基地や貨物線ターミナルを移設すれば非常に設置が非常に楽だといえるでしょう。
故に、酒田駅は島式2面4線の高架化して、陸羽西線の直通も出しておくと非常に良いでしょう。
そうなれば、酒田駅と新庄駅を結ぶ経路が出来る他、酒田駅から新潟駅に流せる経路も完成するので非常に効率が良いと言えます。

・鶴岡も同様だが、待避線を強化できる構造の方が楽。

「鶴岡駅」の画像検索結果
↑鶴岡駅も高架化が必要。

鶴岡駅も同様だが、待避線を強化できる構造の方が楽です。
故に高架化した際に島式2面6線の高架駅にして、それから通過線を設けると良いでしょう。
そうなれば鶴岡駅を通過する特急はそちらを利用すれば問題ないし、場合によっては貨物待避線にもなれる要素が多分にあるからです。
鶴岡駅と酒田駅の高架化は非常に重要で、こちらは陸羽西線の直通がない分、待避線がある事は緩急接続が可能です。
故に鶴岡駅と酒田駅を結ぶ経路を確立して、都市間列車としての輸送力向上にもつなげてゆく必要があるでしょう。

・鶴岡駅~酒田駅は複線化した方が良い。

鶴岡駅~酒田駅は都市間電車の側面もあるんでやはり複線化は必須といえます。
何故なら、鶴岡駅~酒田駅都市間列車は区間列車の設置が容易なので非常に重要な輸送力にもなります。
同時に、距離もないから複線化させて運行させるには非常にうってつけといえます。

・白新線や羽越線新発田駅~村上駅は複線化した方が良いのでは?

同時に新潟県内も見ておきましょう。
まず、白新線全線と羽越線新発田駅~村上駅は複線化した方が良いでしょう。
何故なら、白新線と羽越線の複線化により、特急の高速化が可能な他、新潟駅の地域間輸送に非常に向上できる側面があるからです。
故に白新線や羽越線は基本的に複線化した方が非常に有用でしょう。

・秋田駅は高架化の方が楽。

最後に秋田の方が見落としてはなりません。
秋田駅は橋上駅舎ですが、やはり高架化させるべきだと思います。
何故なら、南北に線路が通っているので日照権がないので高架化しやすい事が明らかです。
そして、秋田新幹線や山形新幹線の事実上の終着だと考えると当駅を高架化する事で新幹線の輸送力向上が可能だといえるでしょう。
少なくとも地下道やペデストリアンデッキに金を掛けるよりはよっぽど良いでしょう。

なので、秋田駅は高架化した方が良いでしょう。

まとめ

羽越線は肝心な整備が遅れている事が何よりも利用者減少を進めている要因だと思います。
人口が減少する→投資しないは負のスパイラルに入るのでやはり酒田駅と鶴岡駅の高架化と両駅間の複線化は最低限の役割だといえます。
ましてや新潟駅高架化後は上越新幹線の連絡輸送的な要素も出るので、上越新幹線の事を考えて、高速化や両駅の高架化は必要だと言えます。

次回

『国道161号と名神のJCTの必要性について』
をお送りします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ