FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(関東)
今回は西武国分寺線の所沢駅直通を何故、増発する必要があるのか考えてみましょう。
実は西武国分寺線の所沢駅直通が増える事で逆に中央線の混雑緩和に貢献できる内容が見つかりました。
東村山駅高架化と共に新所沢駅まで延伸させる必要性について考えてゆきましょう。

・国分寺線は東村山駅高架化後、西武園線と所沢駅方面直通に分ける。

「所沢駅」の画像検索結果
↑所沢駅直通を増やす事で、国分寺線から池袋線に利用者を流す経路を確保する。

これは非常に大事になります。
何故なら、国分寺線東村山駅高架化後、東村山駅で降りかえる余裕がなくなるのは必須だからです。
それ故に、新所沢止まりと西武園止まりで分けて運用を分ける可能性が高いと思います。
新所沢駅~東村山駅を運用すれば逆に利便性の面でも良くなる他、小川駅や鷹の台駅の直通を考えると案外、高架あると言えます。
なので、日中は2つに分割され、朝夕は一部拝島線に分けながら本川越行きもあり得ると思います。
そうする事で、東村山駅折り返しが極力減るかなと思います。

因みに東村山駅の場合は新宿線折り返しもあるので、そういう面でも直通は望ましいと言えます。

・小川駅の平面交差解消と全ホーム10両対応は必須。

「小川駅」の画像検索結果
↑小川駅の平面交差解消は必須。

小川駅の平面交差解消によりホーム10両対応は当然可能といえます。
同時に平面交差解消により国分寺線や拝島線の直通を増やせると言えます。
小川駅の平面交差解消で拝島線と国分寺線の同時発車が可能になり、遅延抑止になれるので、やはり進めるべきかといえます。
そうなると拝島駅~本川越行きの列車も10両で運行可能だと言えます。
何故なら小川駅と東村山駅が10両対応になっているから尚更です。

・拝島線と分割的な役割をする事で中央線から利用者を取る事が出来る。

同時に拝島線と分割的な役割をする事で中央線から利用者を奪う事が可能です。
なので、拝島線と分割的な役割を起こせる事こそ、中央線から利用者を撮り、中央線の混雑緩和に繋げる事は大いに可能なのです。
特に所沢駅を介する事で中央線の混雑をそちらに流す事が可能ではないかと思います。
つまり、所沢駅と国分寺駅で利用者を分散させる事で、混雑緩和を進めさせる事が非常に大事だと言えます。

・所沢駅から池袋駅まで意外と近い。

所沢駅~池袋駅までは意外と近いです。
例えば急行なら地下鉄直通を除けば、ひばりヶ丘駅と石神井公園駅を過ぎればすぐに池袋駅に到達するし、地下鉄直通も有楽町線と副都心線で双方に行ける利点からも非常に大きいと思います。
なので、所沢駅~池袋駅の近さを利用して国分寺線の乗り換えも非常に重視すると良いでしょう。

・西武池袋線は小田急線と中央線と並ぶ幹線級路線に変貌できる。

西武池袋線は多摩地区における幹線級路線です。
ここでの幹線級路線は利用者が多く、早く到達できる事が前提なので池袋線、小田急線、中央線はいずれも幹線級路線なので非常に重要な路線となります。
故に幹線級路線と副幹線路線では利便性が圧倒的に異なるのが明白です。
小田急や西武池袋線、中央線は幹線路線ですが、西武新宿線と京王線はバスの乗り換えから見ても一部駅を除いて通過する傾向があるので含幹線路線となります。
なので、中央線の客を西武池袋線に如何に流すのか非常に重要な指針と言えそうです。

・池袋線の利便性向上は中央線の混雑緩和に繋がる。

池袋線の利便性向上で、中央線の混雑緩和に繋がります。
新宿駅は無理だとしても少なくとも東京駅方面に関しては大きな影響を受けると思います。
中でも官庁街は西武池袋線(有楽町線)の方が近いのでそういった面でも西武池袋線に利用者を流す事は非常に大きいと言えます。

・池袋線も地下鉄直通急行は練馬停車させてラッシュ時に地下鉄直通急行を走らせる。

最後に池袋線急行は地下鉄直通に限って練馬駅停車した方が良いと思います。
何故なら、池袋発着は練馬駅を停車する利点がなく、遠近分離の面でも停車は望ましくないからです。
それに対して、地下鉄の場合は列車保安装置の関係で停車せざるを得ないので停車は必然的になるのでこれはしょうがないかと思います。

まとめ

西武国分寺線所沢駅直通は当然ながら、中央線の混雑緩和の影響にも大きく与える事は必然的なので国分寺線直通をただ増やすだけでなく如何に所沢駅の直通を増やして利用者に貢献するのか課題となります。
混雑緩和は他の路線の分散も非常に大事かといえます。

次回

『片町線全線複線化の必要性。
についてお送りします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ