FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(近畿・北陸)
今回は関西本線をどうやって分けるのか考えてゆきます。
関西本線をどう分けるかで大きな違いが生まれるからです。
それ故に関西本線の運行区間を分けて考えてみましょう。

・JR東海区間は伊勢線直通を除けば全て複線化した上で走らせる。

「関西本線 複線化」の画像検索結果
JR東海区間は伊勢線直通を除けば全てを複線化した上で走らせることは可能です。
何故なら、亀山駅~名古屋駅が複線化すれば名古屋駅~草津駅の貨物がダブルネットワーク貨物になる可能性が十分にあるからです。

同時に亀山駅~柘植駅の複線電化は必要だと思いますが、その辺の復活も考慮すれば非常に効果あると言えます。
加えて、この区間は四日市や桑名等貨物電車が走らせるには非常に最適な場所なのでその辺を考えると、名古屋駅~亀山駅はこんな感じで良いかと思います。
但し、四日市駅や桑名駅、米野駅で待避線が出来ないと非常に不便な状況になる点は考えた方が良いでしょう。

又、伊勢鉄道直通の為に桑名駅、四日市駅、南四日市駅、河原田駅の島式2面4線の緩急接続が可能な駅に変える必要があるでしょう。
そうなる事で、河原田駅で伊勢鉄道線との乗り換えが楽になるので津駅方面の列車も増えると思います。

そして伊勢鉄道はJR東海伊勢線として組み込み、全線複線化した上で、紀勢本線も参宮線の分岐となる多気駅以北を電化、津駅~松阪駅は複線化するべきだと思います。
松阪駅で運行形態を分ければ近鉄に大きな影響を与えられる他、モーダルシフト面でも非常に利用者が来ると私は思うからです。
参宮線は電化しながらも単線のままで十分だと思います。
名古屋駅~松阪駅まで競合がしっかりしていれば近鉄と闘えるのはその為といえます。

・亀山駅~柘植駅は草津線の一部として運行させる。

「柘植駅」の画像検索結果

亀山駅~柘植駅は草津線の一部として運行させる必要があります。
この区間は京都利用が潜在的に大きいので、草津止まりの各停や快速を草津線に流して亀山駅~京都駅を結ぶ列車として運行させると高架在ります。
何故なら、亀山駅自体が名古屋より京都駅の方が近い点、草津駅や京都駅まで出られれば利用者が多く集まる事が明白なるからです。
加えて貨物線のシフトなどを見てもこの経路は非常に最適で名古屋駅~草津駅のモーダルシフトの事を考えても電化複線で分散化する事は可能といえます。

具体的には複線電化した上で柘植駅を2番乗り場が草津線草津方面、3番乗り場が関西線亀山方面に修正し、1番乗り場は木津方面に徹底させれば十分かと思います。

・柘植駅~木津駅はローカル運行に徹底させる。

「伊賀上野駅 関西本線」の画像検索結果

柘植駅~木津駅はそこまで需要がない事、東海道貨物線の経路から外れるのでローカル運行を徹底させます。
加茂駅~木津駅は通常通りですが、木津駅以南は下記にある通り、JR奈良線の共通運行に回して、木津駅~加茂駅はラッシュ時を含めた一部列車を除き、全てローカル運行にさせます。
奈良線が全線複線化すれば容量が増えるし、何よりも王寺駅~京都駅の徹底が出来るのでわざわざ加茂止まりにする必要性は薄れます。

そう考えると木津駅5番乗り場に関西線木津駅~柘植駅のローカル運行は十分に良いかと思います。
この区間は採算も取れないし、利用者を増やす余地もないのでそれで十分かと思います。

・木津駅以南は奈良線と共に共通運行させる。

「大和路線 奈良線直通」の画像検索結果
最後に木津駅以南はJR奈良線と共に共通運行させるべきです。
既に車両の共通化は完了しているので奈良線が全線複線化すれば運行の柔軟性が増えて利便性が上がります。
加えて近鉄との競合対策にもなれる他、奈良県~京都駅間の利用者を取り込める他、宇治駅等の奈良線の途中駅から天王寺駅に向かう路線の充実さによって潜在的な天王寺駅の需要掘り起こしにも非常に効果ある区間なので奈良線全線複線化と奈良線&大和路線の運行共通化は必須と言えます。

まとめ
関西本線は名古屋駅~亀山駅、亀山駅~柘植駅~草津線、柘植駅~木津駅、京都駅~木津駅~難波駅と分けて運行するのが理想といえるでしょう。
特に名古屋駅~柘植駅は貨物線分散、木津駅以南は奈良線との共通運行により運行の柔軟性が需要の掘り起こしが非常に大きいといえるでしょう。
故にこの4区間で分割するのが良いかと思います。

次回

『安倍信者も欧州賛美サヨクも腐った人間の見本市』
について書いてゆきます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ