FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:オリジナル時事
今回は安倍政権と欧州賛美サヨクが共に同じ勢力な点について書いてゆきます。
安倍政権の売国ぶりも酷いですが、欧州賛美サヨクもそれに負けず劣らず売国ぶりが酷いです。
小沢一郎政権だったらどちらも批判されてもおかしくない連中なのにどうしてそこまでアメリカや欧州に追従したがるのでしょうか?

加えてどちらも外交音痴の酷さは目立つ点に考えなければなりません。
それについて進めてゆきます。

・安倍政権はアメリカ型グローバル売国政策をやる。

安倍政権はご存知の通り、アメリカ型グローバル売国政策をやっていきます。
なので、アメリカ的な新自由主義を進めていくのは当然でしょう。
故にアメリカ的なやり方をすれば何とかなるというネトウヨもいる他、アメリカの追従する故に反天皇行為を出して売国行為を進める奴だと思います。
加えて清和会もアメリカ追従主義が強いので注意が必要です
それ故にアメリカの売国を進めるのが安倍政権だと言えます。
つまり、似非愛国者です。

・欧州賛美サヨクは欧州型グローバル売国政策をやる。

かといって欧州賛美サヨクも欧州型グローバル売国政策のオンパレードです。
彼らは民主主義に天皇は要らないと言う欧州が偉大というバカな価値観に染まった売国奴です。
加えて安倍と同じ外交音痴なのにメルケルやマクロンを賛美する姿勢は売国奴が売国奴を批判する、バカがバカを叩くという非常に無意味な争いになります。
それ故に小沢一郎先生の力が非常に必要なのに何かあると安倍政権以上に欧州賛美サヨクは小沢一郎先生を排除していきます。
加えて、反EUアレルギーが強い人間が非常に多いので、EUの実態が見えていない人が非常に多いのが実情です。
彼らは似非国際主義者と言われるのはその為です。

・似非愛国者と似非国際主義者は同じ穴の貉。

そう考えると似非愛国者と似非国際主義者は実は非常に同じ穴の貉だと俺は思います。
互いにバカ同士の叩き合いアメリカや欧州に追従する奴隷根性、グローバル賛成など非常に似通っている面が多いと思います。
アメリカや欧州に追従する人間はろくでもないクズが非常に多いです。
それ故に小沢一郎先生の重要性やロシアやイランの視点から世界を望むと良いでしょう。

・アメリカや欧州しか見ない事で外交音痴を強めさせる。

アメリカと欧州しか見ない外交は外交音痴を強めさせるだけだと思います。
アメリカと欧州が正しい価値観しかない事はロシアやイラン、中国の実情を知らない状況が目立つだけで何も解決法を生み出しません。
アメリカと欧州しか見ない事でBRICSの重要性が疎かになっているのは非常に駄目な外交で、安倍、メルケル、マクロンはこれだけでも同じ穴の貉になるのは当然です。

・小沢一郎先生の『国民の生活が第一』とアジア主義、BRICS中心外交は安倍政権や欧州賛美サヨクには無理。

小沢一郎先生がスローガンに掲げるのが『国民の生活が第一』は元来は織田信長や北条早雲など平家の政治を前提とした政治です。
平家政治はアジア主義、庶民の生活が第一、保護主義が中心になっており、これが国民のための政治をするのが非常に重要だと述べているのです。
対照的に安倍や徳川幕府は源氏政治。
こちらは特定団体の利益や武力で物を言わす政治です。
源氏政治の方が支配者層にとって都合が良いので長期政権に繋がる傾向があります。
鎌倉幕府以降は源氏政治の方が長続きする傾向がありますが、国民を疲弊させるのが源氏政治だと言えます。
なので、似非国民の生活重視の江戸幕府を擁護するのは安倍信者も欧州賛美サヨクも同じ穴の貉だと俺は思います。

平家政治は非常に大事だし、江戸幕府以降の英米の支配下に置かれた事を脱却するには信長や北条早雲みたいな平家政治が必要だと俺は思います。
故に平家政治こそ、不安定だが、国民が支える政治になると思います。

・メルケルやマクロンがいい加減に外交音痴だと解るべし。

となるとメルケル、マクロンがいい加減に安倍同様の外交音痴だと気づくのが非常に重要だと言えます。
メルケルやマクロンは安倍と同じ穴の狢だと解ればもう彼らも支持する必要性はないでしょう。
そして反EUの躍進などを見ると欧州やアメリカを賛美すれば何とかなると思うのは時代遅れといっても良いでしょう。
メルケルやマクロンも源氏政治の典型と言えます。

まとめ

つまり安倍政権や欧州賛美サヨクはどちらも外交音痴な源氏政治を中心にしており、国民の生活主義や国際視点が見れる平家政治は天と地の差といっても良いです。
源氏政治は腐敗を助長する。
民主主義なら平家政治の方が非常に国民を守る政治をするでしょう。

次回

『ゾーン制運賃と信用乗車方式が日本の鉄道を破壊する。』
についてお送りします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ