FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(東海・甲信)
今回は、関西本線の複線化と待避線可能駅は何処なのか探ってゆきましょう。

関西本線や伊勢鉄道の待避可能な駅を探る事で新たな効果を生み出せるといっても良いでしょう。

・八田駅

八田駅 

八田駅は現状では島式2面3線の駅になっておりますが、関西本線ではここを島式2面4線にする必要性があります。
ここを島式2面4線化し、そこから城北線が直通されればここで待避を行う電車が増えて、名古屋駅対策になります。
加えてここ以西の複線化が進めば、近鉄との競合も非常に良いものになるといえるでしょう。
故にここの島式2面4線かは確実に必要だと思います。

・桑名駅

桑名駅 

桑名駅もやはり島式2面4線化が必要な駅です。
桑名駅は島式2面4線を行う事でここで緩急接続を行う事が非常に容易になります。
又、利用者もここで減少するのでここで折り返す列車の設定も容易になり、ここで降車する利用者対策にもなれるでしょう。
つまり最低、ここまで複線化する事で利用者は増え、待避可能駅になる事で近鉄に大きな影響を与えるのです。

・四日市駅

JR四日市駅 
四日市駅は貨物線を利用すれば比較的島式2面4線化は容易に行えます。
何故なら、西側の貨物線を島式ホームを設ければ間違いなく待避線を設ける事が比較的容易だからです。
なので、四日市駅は貨物線転用を上手く利用すれば島式2面4線化が可能な他、切り欠き式で伊勢鉄道のホームの新設も可能になります。
そうなると、四日市駅まで近鉄との対抗が容易になると思います。

・南四日市駅

南四日市駅 
南四日市駅は島式2面4線化して、そこから複々線化ふる方式が非常に利にかなっていると思います。
主に外側2線が伊勢鉄道、内側2線が亀山方面に流すのは非常に良い傾向だと思います。
その上で、伊勢鉄道と亀山方面をどちらでも発着可能なホームに変え、小田急相模大野駅みたいにする必要があります。
速い話、関西本線を通過する貨物列車は内側を通過すれば問題ありません。
そうなれば分岐線の利便性が増加し、これが近鉄にも良い刺激になると思います。

・河原田駅

河原田駅 
河原田駅は既に分岐線で分かれた後なのでここは乗り換えを向上させるだけで十分に効果あると思います。
或いは伊勢鉄道をJR化して、JR伊勢線として運営すれば四日市駅や南四日市駅で乗り換えを進めれば良いと思います。

・河原田以西は亀山駅以外は待避線は必要ない。

河原田以西は亀山駅以外での待避線は必要ありません。
つまり亀山駅以外は普通に複線化していれば貨物線でこちらに流れるだけで待避線は必要ありません。
この区間の場合、快速などは各駅停車するので増発してでも必要な区間じゃないからです。
なので、ここは待避線をなくても普通に複線化するだけで良いです。
亀山~柘植も複線電化すれば貨物線の代用になるでしょう。

・柘植駅は草津線と直通できる構造を…、

柘植駅 

そして柘植駅は2番乗り場と3番乗り場で草津⇔亀山直通列車を設定する事で東海道線の裏街道としての利便性が発揮される他、貨物線の裏ルートとして確立し、亀山始発京都行きの列車の設定されるので、そうなると関西本線は草津や京都で新快速に乗り換えられる利点は非常に大きいと思います。
関西本線の木津駅⇔柘植駅はローカル輸送に徹底させる代わりに亀山⇔草津を徹底させれば良いだけです。

・伊勢鉄道線は如何に津駅と南四日市駅で緩急接続できるか…。

伊勢鉄道線は津駅と南四日市駅で如何に上手く緩急接続できるかが鍵でしょう。
ここが緩急接続できないと伊勢鉄道の移動に支障が出てくると思います。
津駅の場合、亀山方面はローカル輸送に徹底させて、JR伊勢線⇔松阪方面の運行を主軸にする事でJRの利便性を上げる事が可能になります。
つまり、伊勢鉄道のJR買収や伊勢鉄道の利便性改善は待ったなしです。

まとめ

関西本線と伊勢鉄道は名古屋近郊としても非常に重要な路線でやはり近鉄の独占区間を減らす上で非常に大事な路線として扱われます。
近鉄の寡占区間を減らす事がJR東海の役割だと思います。
JR東海もリニアでなく名古屋近郊の在来線改善に力を入れるべきだと思います。

次回

『相模線の待避可能駅を探る。』
についてお送りします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ