FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(関東)
東武野田線は現在、逆井駅~六実駅間で複線化が進んでいますが、複線化により高柳駅の島式2面4線かも進んでおります。
しかし、東武野田線は待避線が少ない事が何よりも問題あると思いますので、それらの改善の為にどの駅で待避線が必要なのか考えてゆきましょう。

・岩槻駅

岩槻駅は橋上化する際に、上り待避線を残す形で待避線を新設しました。
加えて、東武ストアの建物が解体された影響で島式2面4線の余地を残せる待避線が構成されました。
そうなると、ここでは基本的に島式2面4線化が非常に大事な区間といえるでしょう。
ここを島式2面4線化すれば、春日部以西の急行増発はそれで十分かと思います。

・春日部駅

春日部駅が高架化すると島式4面8線の高架駅になり、伊勢崎線と野田線の乗り継ぎが非常に向上されます。
加えて、南北の移動が容易になり、乗り換え通路が広がるので、4面8線化は非常に大きいと思います。
しかし、この配線が理想的だと思います。
1・2番乗り場 伊勢崎線 上り 新越谷・北千住方面
3・4番乗り場 野田線 下り 野田市・柏方面
5・6番乗り場 野田線 上り 大宮方面
7・8番乗り場 伊勢崎線 下り 久喜・南栗橋方面

何故なら平面交差解消とアーバンパークライナーが野田線に入れる利点が非常に大きいからです。
加えて、柏方面から日光や伊勢崎方面の特急を走らせる利点もぞうかし、大きな影響を与えると俺は思うからです。
それ故に、特急の乗り入れ考慮を含めて高架化する必要があるでしょう。

・七光台駅

七光台駅 

七光台駅は島式2面4線化する用地があります。
加えて車庫線もあるのでここを島式2面4線かは非常に重要な駅となります。
複線化後は島式2面4線の駅となり、ここで始発や緩急接続が容易な通路になるので非常に便利になるかと思います。
故に、ここの島式2面4線かは非常に大事だと思います。

・清水公園駅

清水公園駅は前後が高架化される予定であり、春日部よりは既に高架線になっています。
つまり、高架化完了後に前後を島式2面4線化する事で複線電化も容易になります。
ここを島式2面4線かは非常に必須だと思いますが、それ以上に西口のロータリー整備は待ったなしです。

・野田市駅

野田市駅 


野田市駅は高架化後は島式2面4線の高架駅になります。
つまりここが高架化され、緩急接続が非常に容易になります。
利用者も多いのでここで急行停車駅にする必要性は十分に高いです。
なので、複線化したらここで接続する駅も増えるでしょう。
又、当駅以南を複線化して、ここから急行運転をさせる計画もあるから野田市駅以南は複線化する必要性が高いでしょう。

・運河駅

運河駅 

運河駅も橋上駅舎化されましたが、ここも島式2面4線化可能な用地があります。
尚、当駅で待避可能な構造にする可能性が高いですが、やはりここで待避できる構造を取る事で緩急接続を向上させる可能性が高いです。
急行は柏駅以南が全線複線化したら当駅以南で急行運転を行うようです。
しかし、やはり特急を考えるとここの島式2面4線化は必須だと思います。
そうなれば特急の追い抜きも可能になるので尚更でしょう。

・柏駅は配線を変える事が出来ないのか?

柏駅 

柏駅は配線変更は待ったなしです。
配線変更よりホームに近い場所から離れた場所にX線を敷く事で5~8番ホームをどのホームからも船橋・春日部方面の往来を可能にしやすい構造になるからです。
故に、2・3番のりばにはもう1か所追加する必要があるでしょう。
そうなれば、全てのホームで双方向の往来が可能になり、遅延防止に繋がると思います。
逆に言えば、ここを直通運転を増やすには以下の配線すれば良いのです。
2・3番のりばの交差⇔1・2番のりば及び3・4番乗り場の交差⇔2・3番のりばの再交差を行わせる事でどの方向からもこうさ可能な配線になり、どの方向からも発着が可能です。
そうすれば運河駅での折り返しても全ての列車が船橋駅まで通して可能といえるでしょう。

・六実駅は島式2面4線化は必要なのか?

高柳駅 
最後は六実駅は北側にある高柳駅が島式2面4線化する事で2面3線に必要性が非常に薄くなって行きます。
加えて高柳駅は急行停車、六実駅は急行通過が濃厚になるので六実駅は島式2面4線かは必要なのか疑問に残ります。
特急も成田線の複線化を進めれば柏駅で利用者を拾える口実が出来るので船橋駅発着の必要性は薄くなります。
しかし、新鎌ヶ谷駅の利用をどうすれば取れるのかも考察する必要があるでしょう。

まとめ

東武野田線はモーダルシフトが進める事で大きな影響を与える事が出来る路線なのだが、交差する場所を上手く改良する島式2面4線を進めれば大きく変わる場所もあります。
問題は野田市内の単線区間解消と特急の待避を考えるとこの区間の問題も考えねばなりません。

次回

『日本海東北自動車道の無料化の必要性』
について説明します。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ