FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


安倍は小沢一郎先生に政権を譲った方が良いですよ。

*************
◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は10月25日午後、政府専用機で北京に到着、首相在任6年10か月にして初の訪中である。
 李克強首相と懇談した後、日中平和友好条約締結40年の記念レセプションで挨拶した。
 26日には習近平国家主席、李克強首相と会談する。李克強首相は、若いとき岩手県水沢市(現・奥州市)の小沢一郎邸でホームステイした経験があり、小沢一郎代表とは「子弟関係」にある。
 安倍晋三首相は、李克強首相の背後に小沢一郎代表の影を意識しての会談、習近平国家主席は、副主席時代の2009年12月、天皇陛下に謁見を申し込んだ際、当時野党だった安倍晋三元首相に邪魔された苦い経験があり、これに複雑な感情を残して初の公式訪問を実現、日中首脳会談に臨む。
 しかも、今回、安倍晋三元首相は、天皇陛下と小沢一郎代表に委ねられた「MSA資金」運用益の分配(シェア)を「資金抜き取り」して妨害した罪を謝罪するために訪中しており、立場は基本的に弱い。
 そのうえ、天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」の命令で、イスラエルを中国東北部「旧満州」に移動させる件を習近平国家主席、李克強首相に依頼する密命を帯びているので失敗は許されない。
 これは、天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の情報である。

*************
安倍も欧州賛美サヨクも終わる。
これが真のロシア、イランの反米時代の到来だから余計に…。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ