FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(東海・甲信)
今回は関西本線の蟹江駅と桑名駅の問題について書いてゆきます。
関西本線は貨物線と旅客船が入り混じるのに単線であるが故に非常に過密になっています。
JR東海もリニアばかり力を入れるのでなく在来線にも力を入れるべきだと思います。
今回はまず、四日市駅以北の内、桑名駅と蟹江駅の問題について書いてゆきます。

・蟹江駅は北口へ行きにくい。

「蟹江駅」の画像検索結果
蟹江駅は現在、北口には非常に行きづらい状況が形成されています。
ここができない影響で利用者が非常に少なく、加えて待避もままならない状況なので橋上駅舎化を着手するべきです。
加えて当駅は区間快速が停車するのでそういった面でも改築は必要な駅といえます。

・橋上駅舎と同時に島式2面6線化して、待避線と通過線を併用させる。

なので蟹江駅は島式2面6線化する必要があります。
区間快速と各駅停車が緩急接続が可能な状況に変換させ、それから快速や特急などの通過線を設けることでここを待避可能な駅にしてゆきます。
すると、普通列車と区間快速はここで停車する一方、蟹江駅を通過する特急や快速を同時に待避可能な構造にすることで、遅延防止を図ることが可能になります。
なので、蟹江駅で緩急接続と対比が可能な構造にすることで速達性と利便性が向上されるのでやはり島式2面6線が大事になります。

ホーム配線だと…、
1・2番乗り場 関西本線 下り 桑名・四日市・亀山・津方面
5・6番乗り場 関西本線 上り 名古屋・豊田市・多治見・中津川方面

となりますね。
この配線は城北線開通後にも適用されるから非常に意義のある配線になると思いますね。

・桑名駅は橋上駅舎と同時に西桑名駅を養老鉄道と併せたホームを使用させる。

「桑名駅 橋上駅舎」の画像検索結果
桑名駅は橋上駅舎と同時に三岐鉄道西桑名駅を養老鉄道と併せたホームを使用させるべきだと思います。
そうすることで関西本線を島式2面4線化が可能になるほか三岐鉄道と養老鉄道で直通運転を起こせる需要も生まれます。
ただし、三岐鉄道は養老鉄道を買収して三岐鉄道大垣線にしたほうが個人的には良いと思います。
そうなることで、三重県~岐阜県を結ぶ鉄道が生まれて非常に有益な路線になると思いますので。
なので、ここは三岐鉄道大垣線として一括運用したほうがよいでしょう。

・橋上駅舎化後に島式2面4線化させる。

同時に桑名駅は橋上駅舎化後に島式2面4線化を近鉄、JR共に実行する必要があります。
そうすることで、関西本線、近鉄共に緩急接続や折り返し列車の設定が容易になり、ここで利用する人も増えることが要因だからです。
なので、橋上駅舎と同時に三岐鉄道と養老鉄道を同じホームに使用させ、近鉄と関西本線は島式2面4線化が筋だと思います。
ただし、北勢線は狭軌に改軌する必要があるほか、利便性向上にはそれが必須になるからです。

具体的な配線は以下の通りです。
1・2番乗り場 関西本線 下り 四日市・亀山・津・松坂方面
3・4番乗り場 関西本線 上り 名古屋・豊田市・多治見・中津川方面
5番乗り場 養老鉄道 下り 大垣・揖斐方面
6番乗り場 三岐鉄道 下り 星川・阿下喜方面
7・8番乗り場 近鉄名古屋線 下り 近鉄四日市・津・伊勢中川方面
9・10番乗り場 近鉄名古屋線 上り 近鉄名古屋方面

このような配線にすることで桑名駅の利便性が向上されるほか、ここで折り返す列車の増便にも対処できるといえます。

・勿論、四日市駅以北の複線化と四日市駅の島式2面5線化は必須。

当然ながらJR関西本s年は四日市駅以北の複線化と四日市駅の島式2面5線化は必要です。
なぜなら、四日市駅以北の複線化は関西本線の総力向上につながるだけでなく遅延を減らせる利点が非常に大きいからです。
加えて、四日市駅が島式2面5線化すれば待避が可能になる他、ここで折り返す列車の増加につながり、また、関西本線と紀勢本線方面の折り返し列車の増発で近鉄と大きな競合を打てる可能性が高くなるからです。
なので、四日市駅以北から名古屋駅までは複線化高速化は近鉄の寡占防止に役立つのです。
寡占防止すればしっかりした投資を行うので遅延も防止されます。

・東海道経由より関西本線経由の方が石油輸送の恩恵がある。

最後に東海道経由より関西本線経由のほうが石油輸送の恩恵が非常に大きいことです。
東海道経由だと関ケ原などを経由するので貨物輸送の恩恵は非常に少ないです。
ですが、関西本線経由だと四日市から石油輸送を運べる恩恵が非常に高いのでガソリンが割高にやりやすい長野や滋賀に非常に恩恵を出せる可能性が高くなります。
なので、関西本線経由での恩恵問題を考えたうえで関西本線は柘植駅以東を複線電化する必要があると思います。
加えて城北線の再利用と東海道線大府駅~尾張一宮駅間の複々線も非常に重要かと思います。

まとめ

蟹江駅や桑名駅のみならず、関西本線は石油輸送などの重要性や速達性の必要性があることを述べましたが、旅客の場合は近鉄が投資を回す可能性が高いことが1点、高速道路の新名神の貨物輸送をこちらに流せる利点と滋賀や長野の石油輸送をいかに工場させられる点も考慮する必要があるでしょう。
これは篠ノ井線などもJR貨物が複線化の金を出して貨物線で複線化することでガソリン代の削減や遅延防止につなげられるのは至極当然だと思います。
モーダルシフトは実はそこにも非常に恩恵があると思うのです。

次回

『東武東上線と越生線の連携を強化させる。』
について説明します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ