FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:パールス君(PARS TODAY)
クズで卑怯な欧米人。
結局、欧米視点で見るから非常に問題になると思います。
カショギ記者は武器商人だと解ると本当に被害者が本当に被害者なのか分からないのと思います。

***********

  • イラン外務省イラン外務省
イラン外務省が、イランに反対する主張を受けて、テヘラン駐在のスウェーデン、ノルウェーの大使、デンマークの公使を呼び出しました。
イラン外務省のガーセミー報道官は、4日日曜夜、イラン外務省のヨーロッパ担当局長は、テヘラン駐在のノルウェー、スウェーデンの大使、デンマークの公使とテヘランで会談し、テロに対抗するこの3カ国の義務を訴え、イラン南西部アフワーズのテロの当事者をかくまったことは受け入れがたいと強調しました。
また、「この会談では、安全保障面など、この3カ国との包括的な協力と、共同捜査の実施、ヨーロッパに潜伏しているテロリストの特定に向けたイランの用意が表明された」と述べました。
デンマークは、先週火曜、イランに対するヨーロッパの一部の国の吹き込みが続く中で、イランはデンマークでテロ作戦を実行しようとしていると非難し、デンマーク駐在のイラン大使を呼び出しました。
9月22日、アフワーズで行われた軍事パレードの傍ら、公園でテロ攻撃が行われ、テロリストは人々に向けて銃を乱射しました。
このテロにより、24人が殉教、60人が負傷しました。

***********
欧米発の情報は特に疑っても良いかと思います。
外国特派員協会は欧米特派員協会そのもので中華系やロシア系記者は入れません。
だからこそ、自由国際報道教会を作ってロシア系や中華系記者を入れる状況を整えるべきかと思います。
そうなれば本当の意味で真実が出来ると思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ