FC2ブログ

プロフィール

稲美弥彦(russki83mirovoi9)

Author:稲美弥彦(russki83mirovoi9)
ロシアやイラン、中国などの反欧米国家に関する情報等について説明して行きます。
国内、韓国、欧米メディアの批判や交通政策などについても語ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:鉄道の問題点(関東)

今回は、東武東上線と越生線の連携を強化させる必要性について書いてゆきます。

何故、この記事を書いたかというと越生線沿線から池袋を早く結ぶ重要性と運転合理化が非常に大事だと俺は思うからです。

なので、東上線と越生線の連携強化について書いてゆきましょう。

 

・坂戸駅は待避線改良すれば乗り継ぎが良い。

「坂戸駅」の画像検索結果

坂戸駅は配線を改良して東上線越生線共に待避できる構造にするべきだと思います。

そうなれば、越生線折り返しの列車が減少して池袋始発の列車の増発も容易になるので非常に効果が大きいと思います。

最もそれは越生線を10両化したうえで非常に重要になりますが、坂戸駅の配線改良だけでも東上線の待避は容易になります。

なので配線を改良することが非常に大事なのは待避線を増やすことが理由となります。

 

・川越市駅では待避だけにさせる。

「川越市駅」の画像検索結果


川越市駅始発の列車は越生線直通が増えたら川越市駅折り返しを廃止して、すべて越生線直通に変えればよいだけです。

配線を変えて直通しやすい構造になればわざわざ、越生線で折り返す列者を持たなくても非常に有益になるからです。

しかも川越市駅と坂戸駅はそこまで距離が離れていないので川越市折り返しのれっしゃを廃止すれば川越市~坂戸駅の増発に加え、越生線直通も増えるので今後8000系の廃車を考慮するとこの方式が有益化と思います。

一方、20000系は全て本線系統に流す可能性があるのでそういった合理化の面でも越生線は池袋直通を増やすべきです。

 

・越生線は複線化と10両化が必要。

「越生線」の画像検索結果

越生線は最低限10両化は必要です。

10両化しないと池袋駅に直通することができないからです。

しかし、越生線から池袋だけでなく川越市などからも利便性が向上できれば越生線から川越までの往来が可能になるので非常に有益になると思います。

川越の場合はベットタウンのみならず、観光地やオフィスの拠点になっているので越生線から川越市を結ぶ意義は非常に大きいと思います。

なので越生線の10両化は間違いなく必要な設備になるし、今度は合理化の為の10両化も必要になると思います。

ただ、複線に関しては無理にする必要はないでしょう。

要するに東上線の遅延が増えた場合だけ複線化は必須といえます。

 

・越生線は潜在的な池袋と川越需要がある。

そして越生線からは潜在的な池袋と川越需要が大きいことが非常に大きいです。

なので、池袋や川越まで一直線で行けることは利用者を取り込むうえでも非常に大事かと思います。

そして、越生線が東上線直通が増えれば特に若葉駅の本数が増えるのでその辺を考えたら越生線の10両化と直通化は必然だし、今後は8000系の廃車や20000系が東上線系統に来ないことを考えると越生線に関しては池袋直通を増やして合理化したほうが合理的だと思います。

なので、合理化と潜在的な池袋、川越直通を考えて直通列車を増やすべきだと思いますね。

 

・川越市駅は高架化させる。

最後に川越市駅は高架化させたほうが良いでしょう。

なぜなら、川越駅西側の踏切が開かずの踏切になっているほか、人心事故を起こす要因になっているので、川越市駅の高架化は間違いなく必要でしょう。

同時に遅延を防ぐ上でも川越市駅東側の踏切は高架化して廃止するのが筋だと思います


まとめ

東上線と越生線の合理化や20000系列の件を考えるとやはり越生線は池袋直通に変えて、川越市折り返しの列車を減らすほうが筋に合うと思います。

そうすることで、合理化と利便性の増加で東上線の利便性が向上されると思います。

坂戸駅と川越市駅の待避をうまく利用するかが重要となりますね。

 

次回

『サンクトペテルブルク地下鉄はIC乗車券などの導入の必要性』

についてお送りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 交通政策と時事の世界(Мировой) all rights reserved.Powered by FC2ブログ